読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告4/26&5/11・孫崎享氏“連続”講演会(in和歌山市) 

政治 憲法
 今晩(2013年3月31日)配信した「メルマガ金原No.1310」を転載します。
 
予告4/26&5/11・孫崎享氏“連続”講演会(in和歌山市) 
 
 昨日(3月30日)は、私が役員をしている「守ろう9条 紀の川 市民の会」の第9総会(於:和歌山市河北コミセン)で二宮厚美神戸大学名誉教授の記念講演を聴講し、今日(31日)は、「和歌山障害者・患者九条の会」の春の憲法学会(於:和歌山市ふれ愛センター)に講師として出向き、9条を取り巻く情勢や自民党改憲案の危険性などについてお話してきました。
 
 というようなあわただしい日々を送っているうちに、「メルマガ金原」創刊2周年記日(3月28日)を3日も過ぎてしまったことにようやく気がつきました。
 2011年3月28日の夜にメルマガ金原No.1を配信してから丸2年が経過した今の3月28日に配信したのがメルマガ金原No.1307「『9条、いいね!キャンペーン』はじまる!」でした。
 この間、読者数も創刊時の25名から228名に増え、曲がりなりにも「毎日配信」を続けてこられたのは、励ましてくださる多くの読者の皆さまのご声援があればこそた。ありがとうございました。
 あとどれだけ続けられるか分かりませんが、出来るだけ皆さまのお役に立つ情報お届けしたいと思いますので、よろしくお願い致します。
 
 さて、今日のメルマガは、これから和歌山市で開かれる孫崎享(まごさき・うける)さんによる“連続”講演会のお知らせです。
 
青法協憲法記念行事 憲法を考える夕べ
「戦後日本外交の歴史と展望~自主と追随の戦い~」
講師 孫崎 享(まごさき うける)氏
2013年4月26日(金)午後5:30開場 午後6:00開演
和歌山県民文化会館 小ホール
 和歌山市小松原通1丁目1番地
 電話:073-436-1331
入場無料
主 催:青年法律家協会和歌山支部
連絡先:和歌山市十二番丁10 和歌山合同法律事務所 
 電話073-433-2241
 
5・11県民のつどい 5月の風に We Love 憲法
尖閣諸島竹島の領土問題をめぐり、日本と中国・韓国の間に緊張関係がています。それを理由に軍備の拡大や武力行使を主張する人がいますが、国間の緊張を高めるような行動をとるべきではありません。領土問題の解決は、あくまでも歴史的事実と国際法上の道理にもとづき、冷静で平和的な外交交渉によって解決をはかるべきです。
講演:「領土問題と憲法9条―国際紛争の平和的解決のために―」
講師:孫崎 享(まごさき うける)氏
入場無料
日時:2013年5月11日(土) 午後1:00開場 午後1:30開演
場所:プラザホープ4F(和歌山市北出島1丁目5番47号)
憲法九条を守るわかやま県民の会
和歌山市湊通り丁南1丁目1の3 名城ビル2階(県地評内)
TEL O73-436-3520 FAX 073-436-3554
 
 講師プロフィールについては、どちらも似たような内容ですので、後者のラシに掲載されたものを引用しておきます。
 
講師プロフィール
1943年旧満州国鞍山生まれ。1966年東京大学法学部中退、外務
省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、
駐イラン大使を歴任。 2002年より防衛大学校教授。この間、公共政策学科長を歴任。2009年3月退官。著書に『日本外交―現場からの証言―』(第二回山本七平賞受賞、中央公論新社)、『日米同盟の正体』(講談社現代新書)、『日本の国境問題―尖閣竹島北方領土』(ちくま新書)、『戦後史の正体』(創元社)、『アメリカに潰された政治家たち』(小学館)など。
 
 どうでしょう?何という豪華な“連続”講演会かと、うらやましく思われる他の方がおられるかもしれませんね。
 もしも、これが意図した“連続”講演会なら、私も胸を張って自慢したいとろですが(青年法律家協会和歌山支部で孫崎さん講演会を提案したの私ですから)、実際のところは意図せぬ「事故」でした。
 2つの団体の講師がバッティングしていることが発覚したのが昨年(2012年)12月のことで、しかもこの両団体の講師がかぶってしまったのは、2011年にいて2回目なのですから(この年は伊波洋一宜野湾市長でした)、関係者が頭を抱えたことは言うまでもありません。
 「二度あることは三度ある」という事態をどう防ぐかもさることながら、2013の講演会をどうするのかにつき両団体で協議した果、講演テーマを調整して事実上の“連続”講演会にするしかないということになり、上記のとおり、4
月の青法協はベストセラー『戦後史の正体』で孫崎さんが論じられたテーマを中心にお願いし、5月の県民の会は「尖閣」などの領土問題と憲9条を中心にお願いするという「棲み分け」が実現したという次第です。
 「禍を転じて福となす」のたとえのとおり、他所では聴けない孫崎享さんにる充実した“連続”講演会に是非お越しください。
 
(参考サイト)
2013年3月23日 新潟市で行われた孫崎享さん講演会
「アジアの中の日本 領土問題と日本の安全保障」(主催:新潟県9条の会)
IWJ新潟による中継映像(2時間33分49秒/期間限定配信)
 
上記講演会の冒頭でかなり時間を使って話されている自民党の大西英男衆議院議員による孫崎さんへの「言論弾圧」事件について孫崎さんが書かれたブログ
「大西英男議員の衆議院での私への批判」
「いいかげんな議員だ。大西英男衆議院議員は。東京16区の人々は知っ
てるでしょうか」