読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

賛同を呼びかけます「『異議あり!安倍内閣』 戦争への道を許さないナガサキ市民の声明」

 今晩(2013年4月27日)配信した「メルマガ金原No.1338」を転載します。
 
賛同を呼びかけます「『異議あり!安倍内閣』 戦争への道を許さないナガサキ市民の声明」
 
 去る2013年3月20日、長崎市において、「異議あり!戦争への道を突き進む安倍内閣を許さないナガサキ集会」が開催され、「『異議あり! 安倍内閣』 戦争への道を許さないナガサキ市民の声明」が採択されました。
 
 そして、同集会実行委員会の共同代表の1人である高實康稔(たかざね・やすのり)氏(岡まさはる記念長崎平和資料館理事長、長崎大学名誉教授)より、同声明への賛同の呼びかけがなされていることにようやく気がつきました。
 
 遅ればせながらではありますが、「5月3日憲法記念日頃までに集約し声明と賛同者名を安倍首相および国会議員に届ける予定です」とありますので、何とかま間に合いそうなので、ご紹介することとしました。
 もちろん、私もメールで賛同の意思を伝えるつもりです。
 メルマガ&ブログの読者の方で、ご協力いただける方は是非よろしくお願いします。
 
 以下に、3月31日に、「薔薇、または陽だまりの猫」サイトに掲載された高實さんからの呼びかけを引用します。
 
(引用開始)
「異議あり!安倍内閣~市民の声明」への賛同の呼びかけ
/長崎平和資料館・高實理事長 2013-03-31 13:20:22
 安倍内閣の危険きわまりない策動に不快と不安を禁じえませんが、70%もの持率とは信じ難い思いです。
 憲法改悪と集団的自衛権を阻止するために、実は3月20日、「異議あり!
争への道を突き進む安倍内閣を許さないナガサキ集会」を開催しまして、「声明」を発表するとともに、「声明」への賛同署名を全国的に呼びかける決議を行いました。
 以下のとおりです。
 ご一読くださり、ご賛同をいただければ有り難く存じます。
 また、「声明」と呼びかけを拡散してくだされば幸いです。
 何とぞよろしくお願いいたします。
               岡まさはる記念長崎平和資料館・高實
 
      「異議あり!安倍内閣~市民の声明」への賛同の呼びかけ
 安倍首相は格差拡大につながる新自由主義経済政策を復活する一方、集的自衛権の行使を解釈改憲で認め、立憲主義を破壊し、基本的人権を制限し、憲法9条を改悪する自民党改憲案の実現を図ろうとしています。
 その手始めが改憲を容易にする96条の変更であることは明白です。
 また、原発再稼働や日米同盟強化をはじめ、教育統制や教科書検定見直など、いわゆる「安倍カラー」を押し出す準備を着々と進めています。
 夏の参院選はまさに分水嶺となります。
 そこで、被爆地ナガサキの市民有志が実行委員会をつくり、イラク開戦から10年となる3月20日に集会を開催して安倍政権の外交・安保政策の危険性をらかにするとともに、「市民の声明」を発表し県内外に賛同を募ることにしました。
 「異議あり!安倍内閣」の声を広げようと呼びかけています。
 5月3日憲法記念日頃までに集約し声明と賛同者名を安倍首相および国
議員に届ける予定です。
 多くの皆様の賛同をお願いいたします。
 趣旨に賛同いただける方は、名前・連絡先(できればメールも)、名前の公表可否を実行委員会事務局へ送ってください。
 この声明には、
澤地久枝さん(作家)、前田哲男さん(ジャーナリスト)、本島等さん(元長崎市
長)、横山宏章さん(北九州市立大学教授)、伊藤千尋さん(ジャーナリスト)、内田雅敏さん(弁護士)、常石敬一さん(神奈川大学教授)、川崎哲さん(ピスボート共同代表)、鶴文乃さん(作家)、呉東正彦さん(弁護士)、寺井一さん(弁護士・日本弁護士連合会元事務総長)
等々、著名な学識者、文化人などの皆様にも賛同いただいています。
【記入フォーム】
名前
名前の公表
連絡先(住所・電話・FAX・メールなど)
可 ・ 不可
※賛同いただいた方の個人情報はこの目的以外には使用いたしません。
【送付先】
「異議あり!」戦争への道を突き進む安倍内閣を許さないナガサキ集会実行委員会共同代表:元山寿恵子、高實康稔、舟越耿一、川原重信
連 絡 先:〒850-0031長崎市桜町9-6
TEL=095-823-7281 FAX=095-825-8837

E-mail ngs-heiwa@vesta.ocn.ne.jp
(引用終わり)
 
 また、「異議あり!戦争への道を突き進む安倍内閣を許さないナガサキ集会」実行委員会共同代表(4名)のお1人、被爆者である元山壽恵子さんが、全国の報道機関に送付した要請文もご紹介しておきます。
 
(参考サイト)
「岡まさはる記念長崎平和資料館」公式サイト
長崎メディア・平和講座「伝えんば」(2012年11月22日収録)
第5回 韓国・朝鮮人被爆者問題を考える 講師:高實康稔さん