読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

憲法記念日に伊藤真氏が解説する自民党「日本国憲法改正草案」(報道するラジオ)

 今晩(2013年5月8日)配信した「メルマガ金原No.1349」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
憲法記念日に伊藤真氏が解説する自民党「日本国憲法改正草案」(報道するラジオ)
 
 惜しまれつつ2012年9月で放送終了となったMBS毎日放送のラジオ報道番組「たね撒きジャーナル」の、規模を縮小しての事実上の後継番組「報道するラジオ」(毎週金曜日午後9時からの1時間番組)の去る5月3日・憲法記念日の回に、弁護士伊藤真さん(日本弁護士連合会憲法委員会副委員長、伊藤塾塾長、法学館憲法研究所所長)がゲスト(電話)出演し、司会の水野晶子アナウンサーの質問に答える形で、自民党「日本国憲法改正草案」の危険性について、非常に分かりやすく解説されました。
 そして、それを「みんな楽しくHappy♡がいい♪」が文字起こししてくれていましたのでご紹介します。
 
報道するラジオ 2013年5月3日 改憲でどうなる?本当のところを知りたい。
(文字起こし)
1-憲法と法律の違いはなに?
2-前文/憲法制定の目的~1条/天皇
4-13条/個人の尊重・公益及び公の秩序98条/緊急事態
5-96条/憲法改正の手続きの条文
 
 なお、伊藤真さんが、自らが主宰する法学館憲法研究所サイトに、「自由民主党『日本国憲法改正草案』について」という論考を発表されていることは、本メルマガでご紹介しています(No.1302)。
 
 さらに、3月22日(金)に行われた院内集会「いま、憲法を変えていいのか?!反貧困、脱原発、平和の実現のために」での伊藤さんのレクチャーが非常に分かりやすいと思いましたので、これもメルマガでご紹介しました(No.1305)。
 ※伊藤さんのお話は26分頃~50分頃。ただし、IWJによる無料配信は期間限定です(IWJ会員登録はこちら→ http://iwj.co.jp/join/ )。
 
 「みんな楽しくHappy♡がいい♪」の管理人(きいこちゃん)が文字起こしの冒頭に書かれている述懐を、どれだけ多くの国民に共有してもらえるかが課題だと思いました。
 
(引用開始)
 でも、憲法は古いし、敗戦後他国が作ったものだし、テレビで何度も流れる領土問題。韓国や中国とかが攻めてきてもアメリカは助けてくれないだろうし、北朝鮮はミサイルを打ってくるかもしれないし、日本はあっという間に支配されちゃったりするのかもしれない。守るための軍隊は必要なのかもしれない。
 そうすると、改憲した方がいいところもあるのかもしれない。なんて、テレビを見れば、
そんなふうにも思ったりしていた。
 そして、憲法の日に行われた集会を書き出し、あれ?もしかしたら私は「憲法」
のことを何も知らないんじゃないかな?と思った。そして、もしかしたら私みたいな人って結構多いんじゃないかな?とも思った。
 同じ5月3日に放送された「報道するラジオ」。原発事故後、水野さんの素朴な
質問でいつもはっとさせられてた事を思い出し、書き出してみた。
 そうしたら、驚いた。あまりに知らない自分に驚いた。そして、私みたいに知らない
国民が多いだろうと想像したら、とても恐ろしくなった。知らないうちに憲法を書きかえられたらどうなるのか。私が改憲について悩んでいたような内容も含めて理解できると思います。伊藤弁護士と水野さんが分かりやすく説明して下さっています。
(中略)
 もっと憲法を学びたくなるような、大変わかりやすい内容です。一番知らなかった大事な事は、憲法は私たち国民一人ひとりを守るためのものという事でした(私は漠然と、「憲法は法律の上にある日本最高峰の法規」としか思ってなかった)。私と一緒に、憲法について勉強しましょうヽ(。???)ノ
(引用終わり)
 
(参考サイト)
同「Q&A」