読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告10/24「ヒバクシャの命の叫び-原爆裁判支援の夕べ-(映画鑑賞とトーク)」(大阪弁護士会館)

映画 人権
 今晩(2013年10月10日)配信した「メルマガ金原No.1508」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告10/24「ヒバクシャの命の叫び-原爆裁判支援の夕べ-(映画鑑賞とトーク)」(大阪弁護士会館)
 
 原水爆禁止和歌山県協議会の白井春樹事務局長から、来る10月24日(木)大阪弁護士会館(1203会議室)で開かれる「ヒバクシャの命の叫び-原爆裁支援の夕べ-(映画鑑賞とトーク)」をご案内いただきました。
 チラシを拝見すると、原爆症認定集団訴訟の記録映画『おりづる』の上映と監督によるトークが行われるようです。
 
 また、第2部のトークセッションには、有原誠治監督だけではなく、元裁判官(龍谷大法科大学院客員教授)の森野俊彦さんも参加されるそうで、何しろ森野さんは、現役裁判官当時、和歌山家庭裁判所の上席裁判官をされていたこともあり、和歌山の法曹界ではお馴染みの方なので、非常に懐かしいお名前です。
 平日の夜ではありますが、ご都合のつく方は是非ご参加ください。
 
(参考サイト)
ドキュメンタリー『原爆症集団認定訴訟の記録 おりづる』公式ブログ
特に有原誠治監督が書かれた「制作を終えて」は是非お読みください。
 
(付記)
 和歌山原水協の白井さんといえば、来る11月3日(祝・日)に開催される第10回 憲法フェスタ(守ろう9条 紀の川 市民の会)の企画の一つ、写真展「ヒロシマナガサキ 原爆と人間」の責任者として、会場の河北コミセン2F多目的ホールにおいて、展示が始まる午前11時までにはスタンバイし、来場された方に詳しく展示写の説明をしてくださるとのことなので、午後の企画が始まる1時半までの間に、是非この写真展をご覧になっていただきたいと思います。
 

(チラシより)
 
     ヒバクシャの命の叫び
       -原爆裁判支援の夕べ-
          映画鑑賞とトーク
 
●日時 2013年10月24日(木)午後6:30~8:45
●会場 大阪弁護士会館 1203会議室
       大阪市北区西天満1-12-5
       アクセス http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/01a.php 
        電話 06-6364-1251 
●参加無料
 
第1部
原爆症認定集団訴訟の記録映画『おりづる』上映(73分)
 
第2部
トーク
*映画監督 有原誠治さん
*元裁判官 森野俊彦さん 
 
有原誠治さんのプロフィール
*ありはら せいじ 1948年秋田県生れ。アニメーション監督、元アニメータ。Aプ
ロダクション出身、虫プロダクションで長く活動‥現在退社。戦争をモチーフにした作品を多く手がける。
*作品リストから‥
 うしろの正面だあれ 1991年
 つるにのって「とも子の冒険」 1993年 脚本、監督
 NAGASAKI1945アンゼラスの鐘 2005年 脚本、監督
            ‥など多数
◆森野俊彦さんのプロフィール
*もりの としひこ 1946年大阪市生まれ。龍谷大学法科大学院客員教授
*23期司法修習生。1971年~2011年まで大阪地裁~大阪高裁ほかで裁判官を務め、福岡高裁裁判長を最後に退官。日本裁判官ネットワーク結成に参加(1999年)。「百聞は一見にしかず」と現場主義をつらぬき、自転車で現場を巡って検証をしたことも
*原爆症認定集団訴訟の大阪高裁審理に (2008年5月30日判決)裁判官としてかかわった。
 

 

[共催]
ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟弁護団
ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟支援連絡会
<連絡先>
原水爆禁止大阪府協議会(大阪原水協)
電話06-6765-2552 FAX06-6765-2837
大阪市中央区谷町7-3-4新谷町第三ビル210号