読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

3/12秘密保護法対策弁護団の結成式が開かれます(弁護団員募集中/目標1000人!)

政治 法律
 今晩(2014年2月21日)配信した「メルマガ金原No.1644」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 

 

3/12秘密保護法対策弁護団の結成式が開かれます(弁護団員募集中/1000人!)
 
 残念ながら、特定秘密保護法強行採決によって国会で成立してしまった直後、海渡雄一弁護士が発表した『バーナムの森は動いた』という文章に励まされた方も多かったことと思います。私も、数日遅れでメルマガ(ブログ)でご紹介しました。
 
弁護士・金原徹雄のブログ
海渡雄一弁護士の檄文『バーナムの森は動いた』をさらに拡散しよう!
 
 その海渡弁護士の檄文の中に、こういう部分がありました。
 
(引用開始)
4 弾圧に備えよう
 もうひとつ、大切なことを提起します。
 この法律は、憲法21条、自由権規約19条で保障された表現の自由を侵害する違
憲立法です。この法律が自由権規約19条に違反することは、国連の見解なのです。我々には国際社会が味方してくれています。裁判官も私たちの反対運動を見ていることでしょう。そして、心の内では応援してくれている裁判官も少なくないはずです。
 秘密法違反の被告人は違憲な法律によって起訴されたのですから、絶対無罪としなけ
ればなりません。
 これは、弁護士の仕事ですが、政府があくまで、この法案を施行しようとするなら、第一
号の秘密法違反事件の被告人を弁護するために、1000人の弁護士を組織し、あらかじめ大弁護団を結成しておきたい思います。
(引用終わり)
 
 これを読んだ私は、ブログの中で「私自身も、海渡さんが提唱されている『第一号の秘密法違反事件の被告人を弁護するため』の『1000人の弁護団』の一員に是非加えてもらいたいと考えています」と決意表明(?)したものでした。
 
 そして、その弁護団がいよいよ具体化し、現在「団員募集中」であることが、遅ればせながら、ようやく私の目にもとまりましたので(弁護士なりたて66期の海渡双葉弁護士から青年法律家協会弁護士・学者合同部会MLに「転送歓迎」の投稿がありました)、早速昨日、私も弁護団参加の申込みを行いました。
 多分、1000人にはまだまだ余裕(?)がある状況だと思いますので(今日の午後、海渡双葉弁護士から弁護団MLに届いた報告によると、現在の弁護団員は「215名」ということでした)、まだ参加表明していない弁護士の方は、是非積極的に手を挙げていただきたいと思います。
 以下に、青法協MLに届いた案内を転載します。
 

~転送歓迎~
―――――――――――――――――――――――――――
秘密保護法対策弁護団の結成式および
講演会「秘密保護法の刑事法上の問題点」開催のお知らせ
―――――――――――――――――――――――――――
 
1.秘密保護法対策弁護団とは
 秘密保護法対策弁護団は、秘密保護法の危険性を熟知した法律家集団として、同
法の施行過程を監視し、仮に同法が施行され、その犠牲者が生まれた時に効果的な弁護を提供するとともに、同法の問題点を法的観点から明らかにし、発信することにより、秘密保護法廃止運動を市民と共に担うことを目的とする団体です。
 2014年2月17日現在、196名の弁護士が、この秘密保護法対策弁護団への参
加を表明しています。
※「秘密保護法対策弁護団 設立趣意書」はこちら。
 
2.弁護団の呼びかけ
 取材・報道の委縮,知る権利の侵害など,各界から問題点が多く指摘されていたにも
かかわらず,秘密保護法が2013年12月6日,強行採決により成立しました。内容に問題があるのみならず,成立過程も民主主義を踏みにじるものでした。
 私たちは,秘密保護法廃止運動を市民と共に担うとともに,仮に同法による逮捕者が
出た場合,効果的な弁護をすべく,秘密保護法対策弁護団を結成することとしました。社会に対する秘密保護法反対のアピールと,全国の犠牲者の救済のため,1000人規模の弁護団とすることを目標にしています。
 
3.弁護団結成式・講演会を開催します!
 下記の通り、弁護団の結成式を開催し、続けて、刑事法の観点から見た秘密保護法
の問題点について、講演会を行います。奮ってご参加下さい!
※チラシはこちら
日時:2014年3月12日(水)17:00~(開場16:30)
場所:参議院議員会館101会議室
資料代:500円
※事前申込み不要。1階ロビーにて事務局が入館証を配布しておりますので、それを受
け取って入館して下さい。
講師
村井敏邦先生(刑事法学者)

 一橋大学名誉教授、龍谷大学教授を経て、現在は大阪学院大学法科大学院教授。
DNA鑑定等研究多数。盗聴法通信傍受法)に反対。「秘密保護法の制定に反対す刑事法研究者の声明」呼びかけ人代表。
落合洋司先生(弁護士・元検察官)
 東京地検の検事などを経て弁護士。東海大学法科大学院特任教授。情報ネットワ
ーク法学会会員(サイバー刑事法制研究会主査代行)。秘密保護法について、刑事手続の観点から問題提起している。
 
4.弁護団呼びかけ人
 現時点での呼びかけ人は以下の通りです(敬称略・五十音順)。
※「秘密保護法対策弁護団への参加呼びかけ」はこちら
梓澤和幸(News for the People in Japan代表)
伊藤和子ヒューマンライツ・ナウ理事)
井上正信(日弁連秘密保全法制対策本部・副本部長)
海渡雄一(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会、日弁連秘密保全法制対策本部・
副本部長)
黒澤いつき(明日の自由を守る若手弁護士の会・共同代表)
神保大地(明日の自由を守る若手弁護士の会・共同代表)
中谷雄二(秘密保全法に反対する愛知の会・共同代表、愛知県弁護士会秘密保
全法対策本部・副本部長)
藤原家康(自由人権協会・理事)
升味佐江子(自由人権協会・理事)
南典男(日本民主法律家協会・事務局長)
5.弁護団への参加申込み方法・お問い合わせ
 弁護団の趣旨(添付の設立趣意書参照)に賛同頂ける方は、弁護団に奮ってご
参加下さい。
 お名前、登録期、事務所名、ML登録するメールアドレスを記入の上、件名を「弁
護団参加申込み」として、 himituho.bengodan@gmail.com (秘密保護法対策弁護団・事務局)までメール送信して下さい。