読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

来てよー!4/11・12・13「にんにこてん」(於:和歌の浦アートキューブ)

 今晩(2014年3月9日)配信した「メルマガ金原No.1660」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
来てよー!4/11・12・13「にんにこてん」(於:和歌の浦アートキューブ)
 
 今日は、朝10時から午後3時まで、和歌山城西の丸広場で開催された「フクシマ忘れない!原発ゼロへ 和歌山3.9アクション」に参加してきましたので、そのレポートが書ければ良かったのですが、盛り沢山な内容で、何を中心に書いたら良いか考えがまとまらず、少しずつ Facebook に書いたものを、後日ブログにまとめようかなどと思っています(「あしたの朝 目がさめたら(弁護士・金原徹雄のブログ2)」に掲載できればと思います)。 
 
 ということで、今晩お送りするメルマガ(ブログ)は、西の丸広場で花田惠子さん(にんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山 前代表)からいただいた「にんにこてん」のチラシ(公式Facebook には「仮チラシ」と書いてありましたが)のご紹介です。
 
 3.11から丸3年ということは、3.11直後に立ち上げられた「にんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山」も丸3年を迎えるということです。
 それを記念して開催される「にんにこてん」は、ライブ演奏あり、トークあり、その他、協賛する多くのアーティストやお店から「にんにこ」をモチーフにした作品が出展・販売されるなど、非常に盛り沢山な内容が企画されているようです。
 是非多くの方にご参加いただくたく、ご案内します。
 
 なお、4月12日(土)のライブに出演が予告されている人たちは、NO∞無(ノブ)さんを除いて、今日の「フクシマ忘れない!原発ゼロへ 和歌山3.9アクション」に参加されていましたので、その写真を添付しました。また、Facebook にNO∞無さんが歌う写真がタグ付けされており、おそらく昨日(3月8日)、山口市維新百年記念講演で開催された「上関原発を建てさせない山口県民大集会(第Ⅱ部)」に出演した際のものだと思いますので、転載させていただきました。
 
(参考サイト)
にんにこ被災者支援ネットワーク 公式サイト
同サイトより「活動報告」
公式Facebook(表記は「被災者支援ネットワークにんにこ・和歌山」となっている)
  

(チラシ表面より)
 にんにこてん
 
『にんにこ』は和歌山弁で「おむすび」
約30人の『にんにこ』が集合します
 
トークありライヴあり、いろんな姿の「にんにこ」あり
詳しくはウラへ
 
2014年4月11日(金)
        12日(土)
        13日(日)
  11:00-18:00(最終日は17:00まで)
 
ところ 和歌の浦アート・キューブ
主催 にんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山
 
 
(チラシ裏面より)
 
「にんにこてん」開催にあたって
 東日本大震災よりこの3月で3年が経ちます。
 「にんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山」(通称にんにこ)も発足して3年を迎えます。2011年3月11日の震災後すぐに「自分たちにできることをしよう」と有志が集まって発足したにんにこは、原発事故の影響による東日本からの避難者の受け入れ、被災地での炊き出し、泥出し、福島の子どもたちの保養キャンプ、南紀阿蘇、山口、滋賀、京都、伊豆大島の水害の際の泥出し、炊き出し、物資の支援等の活動を行ってきました。
 災害の度に力を合わせる繋がりが生まれ、奇跡のようにつながりがつながりを呼び、大きな輪(和)に広がってきました。すべては3.11から始まり、支えあうその流れは続いています。3年という区切りの年に、もう一度振り返って、あの震災を通してこれから私達それぞれができること、いつか来るかもしれない巨大地震津波に対して今からできる防災について等を考える場をつくりたいと思います。
 「にんにこてん」では、震災後、にんにこを通して繋がったアーティストの方々や賛同してくださったお店の方々に、にんにこ(和歌山弁でおむすび)をモチーフに作品を作っていただくことになりました。(作品の売り上げの一部はにんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山の今後の活動資金として使わせていただきます。)
 また、にんにこメンバーであるkayoさん、NO∞無さん、そしていつも応援してくださる地元ミュージシャンの方々のライブ、災害活動家・前原土武さん、野の塾塾長・蕨野祐樹さんにお話しをしていただきます。
 この機会を今一度、これからのひとりひとりの生き方を考えるきっかけにしていただければ幸いです。
                      にんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山
 
3日間のスケジュール
11:00-18:00(最終日17:00マデ)
4月11日(金)
オトメゴコロさんの泉州おむすびはこの日だけデス
トークあるかも・・・
4月12日(土)
13:30~ にんにこLIVE
ナツオ、NO無、エラソウルサとトンカラポンガ、KAYO(順未定)
4月13日(日)
13:30~ トーク(必聴ですぞよ)
災害活動家 前原土武さんの『災害支援から学ぶ自然とのつきあい方』
野の塾塾長 蕨野祐樹さんの『2014、夏、野の塾防災キャンプについて』
 
参加店&アーティストさん(順不同)
(売り上げの一部はにんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山に寄付していただきます)
◎安藤栄作さん(彫刻)
◎長谷川浩子さん(彫刻)
◎shinyaさん(色鉛筆画)
◎池田亜由美さん(絵画)
◎関根智典さん(ポストカード)
◎ポングリ奥野亮平さん(雑貨)
◎ポングリ奥野麻美さん(おにぎり冊子)
◎柳瀬智恵美さん(フェルト小物)
◎新谷美佳さん(雑貨)
◎INDOC(布小物)
◎なりゆき屋工房 佐藤ゆきさん(陶芸)
◎なりゆき屋工房 浅田宏さん(木工)
◎GURIさん(雑貨)
◎あだち野乃葉さん(おむすびブローチ)
◎ベアトラム・シラーさん(写真)
◎れいらさん(染色)
◎あだちひろみさん(焼菓子)
◎こころこさん(布ナプキン
◎オトメゴコロさん(泉州おむすび)
◎ことり舎さん(石けん)
◎百種屋さん(布小物)
◎ドーシェルさん(にんにこパン)
◎じょんのびさん(かきもち)
◎やまのうえスタヂオさん(焼菓子)
◎中谷農園さん(こんにゃく)
にんにこSTAFFも参加させていただきます。
急な変更の場合もございます。ご了承下さいませ。
 
和歌の浦アート・キューブ
〒641-0022 和歌山市和歌浦南3丁目10番1号
TEL 073-445-1188 FAX 073-445-1189
阪和自動車道「和歌山」ICよりお車で約20分・約10㎞
南海電鉄和歌山市駅」よりバスで約25分(「新和歌浦」行き、「不老橋」バス停
下車)
JR「和歌山駅」よりバスで約25分(「新和歌浦」行き、「不老橋」バス停下車)
 
お問い合わせ
にんにこ被災者支援ネットワーク・和歌山
 電話 080-2449-5300
 

 (付録)
死の灰を浴びる前に』(2011年4月16日 広島にて) NO∞無