読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

「秘密保護法対策弁護団」が結成されました(3/12現在330人)

 今晩(2014年3月16日)配信した「メルマガ金原No.1667」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
「秘密保護法対策弁護団」が結成されました(3/12現在330人)
 
 去る3月12日(水)午後5時から、参議院議員会館において、秘密保護法対策弁護団の結成式と講演会が開催されました(チラシはこちら)。
 
弁護士・金原徹雄のブログ
3/12秘密保護法対策弁護団の結成式が開かれます(弁護団員募集中/目標1000人!)
 
 この弁護団の結成を報じた報道を1つご紹介しておきます。
 
東京新聞 2014年3月13日
秘密保護法に弁護士が先手 対策弁護団330人で始動
(抜粋引用開始)
 国民の「知る権利」を侵害する恐れのある特定秘密保護法に反対する弁護士らによる「秘密保護法対策弁護団」の結団式が十二日、国会内であった。法律の廃止を訴えるとともに、施行後に逮捕者が出た場合の弁護を引き受ける。既に約三百三十人の弁護士が参加を表明しており、千人規模の弁護団を目指すという。
 弁護団によると、具体的な事件や裁判がない段階で弁護団をつくるのは異例。同
法に基づく事件になる前に、弁護できる態勢を整えておくことで、特定秘密を漏らした公務員や、知ろうとした市民らへの捜査を防ぐ狙いがある。秘密保護法に詳しい弁護士を養成し、危険性を国民に訴えていく活動などにも取り組む。(後略)
(引用終わり)
 
 結成式と講演会の完全中継映像が YouTube にアップされていますので(3時間もある!)、視聴のための目安時間を付してご紹介しますので、関心のある部分だけで是非視聴されるようにお勧めします。
 刑事弁護との関係で関心がある方は、落合先生の講演から視聴するのが良いかもしれません。
 
(映像内容紹介開始)
20140312 UPLAN 秘密保護法対策弁護団の結成式・講演会「秘密保護法の刑事法上の問題点」
 
第1部 弁護団結成式
冒頭~ 司会 藤原家康氏(自由人権協会・理事)
 
1分~ 開会挨拶 南典男氏(日本民主法律家協会・事務局長)
 
国会議員からの挨拶
7分~ 真山勇一氏(参・結いの党)
10分~ 福島瑞穂氏(参・社民党
 
13分~ 設立趣旨の説明 海渡雄一氏(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会、日弁連保護法対策本部副本部長)
※海渡弁護士が紹介された「設立趣意書」の中の「2 弁護団の目的」を引用します。
(引用開始)  
 第一に、特定秘密の保護に関する法律(以下、「秘密保護法」という。)が現実に施行され、検挙される人が出た時、それから弁護の体制を取るのではなく、あらかじめ弁護団を作り、実際の事件になったときのための準備をし、弁護できる体制を作り、そのことで検挙の予防をする。そのために、研究会・勉強会を開催して理論武装をしていく。第二に、秘密保護法の問題点について学習した弁護士を数多く養成し、全国で講演や街頭宣伝などを進んで引き受ける。法的観点から問題点を明らかにし、発信することにより、秘密保護法廃止運動を市民と共に担う。
(引用終わり) 
 
呼びかけ人からの挨拶
20分~ 中谷雄二氏(秘密保全法に反対する愛知の会・共同代表)
23分~ 井上正信氏(日弁連秘密保護法対策本部副本部長)
25分~ 升味佐江子氏(自由人権協会・理事)
 
フリージャーナリスト提訴団代理人から
27分~ 山下幸夫氏(弁護士)
 
アピール
30分~ 高田健氏(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)
33分~ 齋藤裕氏(日弁連秘密保護法対策本部事務局長)
 
第2部 講演会 
35分~ 講演1「特定秘密保護法の刑事法上の問題~刑事実体法を中心として~」
 講師:村井敏邦氏(大阪学院大学法科大学院教授、一橋大学名誉教授、
弁護士)
秘密保護法の2つの側面
 情報コントロール法としての側面
 軍事立法としての側面
秘密保護法制上の位置づけ
国防保安法(1941)
(2)MSA秘密保護法
(3)日米軍事同盟法の一般法化
刑事実体法の問題
(1)罰則規定の必要性と妥当性
犯罪累計の広汎性=憲法31条違反
漏示罪と取得罪との関係あいまい性
共謀・教唆・扇動の罪
罰則の過大性
軍事化・警察国家化への道
 
アピール
1時間27分~ 青木正美氏(特定秘密保護法に反対する医師・歯科医師の会呼びかけ人)
 
1時間31分~ 講演2「特定秘密保護法と刑事実務」
 講師:落合洋司氏(弁護士、東海大学法科大学院特任教授、元検事)
視点
捜査はどのように開始されるか
1 監視・内偵から立件パターン
2 内部調査や内部情報により立件パターン
3 特定秘密が報道等により外部へ出ていることが判明し立件されるパターン
報道機関へいかなる捜査が?
刑訴法226条、152条
「秘密性」が刑事手続に及ぼす影響
「外形立証」とは?
何が問題か?
最後に
※法案成立前の2013年12月2日、落合洋司弁護士が参議院議員会館で行った講演の「要旨」が同弁護士のブログに掲載されています。
 
2時間14分~ 質疑応答(質問用紙による会場からの質問に対して2名の講師が回答/司会は海渡雄一弁護士)
 
2時間49分~ 閉会挨拶 海渡双葉氏(秘密保護法対策弁護団事務局)
(映像内容紹介終わり)
 
 弁護団事務局の海渡双葉弁護士からの閉会挨拶の中で、結成式当日(3月13日)現在の弁護団員数が330名であるとの発表がありました。
 なお、2月26日に弁護団MLに届いた事務局からの加入状況報告によると、2月26日時点で221人、内和歌山弁護士会会員2人でした。県民人口比からすればこんなものかもしれず、その時点で弁護団員0というところも15県あったので、まあこんなものかという気もしますが、原発事故被災支援関西弁護団のメンバーも結局この2人だけだものなあ・・・何とか増やす努力をしなければ。
 

(付録)
『ヒミツの晋ちゃん、毒まんじゅう』 作詞・作曲・歌 松原洋一
 
1.ひとつ それは秘密です
  ふたつ 何でもフタをする
  みっつ ホントのこと見えません
  ※秘密保護法 毒まんじゅう
   ヒミツの晋ちゃん 毒まんじゅう
 
2.よっつ 官僚喜んで
  いつつ 与党の勇み足
  むっつ 力で無理通す
  ※(くりかえし)
 
ヒミツがどんどん作られる 都合悪いもの隠される
見ざる 聞かざる 言わざるの 暗い時代はゴメンです
 
※2人のモノマネで。
(それでは報道部からおききします。安倍総理大臣、今日の奥様のアッキーのお昼
ご飯のメニューをお教えいただけないでしょうか?)
 「それはテロ対策上、秘密でごじゃいます」
(続いて自民党の石破幹事長にお伺いしたいと思います。反対デモは一種のテロだ
と発言して大きな問題になりましたけれども、本音はいかがなんでしょうか?)
 「そ・れ・は~~」
 
3.ななつ 第三者機関名ばかりで
  やっつ 中味もやっつけで
  ここのつ 民主主義こわします
  ※(くりかえし)
 
何が秘密かわからない 何十年先までわからない
隠し事するその先は 戦争できるフツ-の国
 
それは秘密です 何でもフタをする
ホントのこと 見えません
  ※(くりかえし)秘密保護法 毒まんじゅう
 
こんなものとっとと 返品だぁ~
 
※曲の成り立ちや松原さんについて説明した私のブログをご参照願います。