読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告4/22新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム「今なぜ、集団的自衛権なのか-安全保障の最前線から考察する-」

政治 憲法
 今晩(2014年3月27日)配信した「メルマガ金原No.1678」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告4/22新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム「今なぜ、集団的自衛権なのか-安全保障の最前線から考察する-」
 
 今年の1月10日、名護市において「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」を、次いで3月5日、那覇市において「『沖縄』そして『日本』における米軍基地問題とは何か」をという具合に、相次いで沖縄県でのシンポジウムを成功させたシンクタンク「新外交イニシアティブ(New Diplomacy Initiative)」が、矢継ぎ早に、4月22日(火)、衆議院第一議員会館において、シンポジウム「今なぜ、集団的自衛権なのか-安全保障の最前線から考察する-」を開催するとの告知が、新外交イニシアティブ(ND)の公式サイトではなく、Facebook に掲載されました。
 何の正当性も権威もない安保法制懇からの報告書の提出を間近に控え、柳澤協二氏をはじめとするND理事の皆さんが「黙っている訳にはいかない」ということで企画されたのではないかと(勝手に)推測しています。
 日本の国の在り方を根底から覆そうとする安倍政権の暴走・増長をこれ以上許さない国民戦線を展望するためにも、非常に期待されるシンポジウムだと思いますのでご紹介することとしました。
 以下に、新外交イニシアティブの Facebook ページから、イベント案内全文を引用します。

 

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
            新外交イニシアティブ(ND)シンポジウム
   「今なぜ、集団的自衛権なのか -安全保障の最前線から考察する-」
      
              2014年4月22日 18:00~19:45
              衆議院第一議員会館 大会議室
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
安倍政権の下、憲法解釈の変更を閣議決定する方針が示されるなど、集団的自衛
権の行使容認に向けた動きが加速しています。しかし、集団的自衛権の行使には慎重な意見も多く、また、十分な議論がなされているともいえません。
 
「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」が憲法解釈の変更を求める報告書を提出するこの4月、政府の最前線で安全保障の実務に携わってきた柳澤協二氏とともに、より実際的な観点から、集団的自衛権行使の必要性を考察します。
 
●登壇者:
基調講演
柳澤協二氏(ND理事、元内閣官房副長官補(安全保障担当))
 
パネルディスカッション
山口二郎氏(ND理事、北海道大学教授)
鳥越俊太郎氏(ND理事、ジャーナリスト)
柳澤協二氏
 
司会・コーディネーター
猿田佐世(ND事務局長、弁護士(日本・米国ニューヨーク州))
 
●日時:2014年4月22日(火)
 17:30 開場
 18:00 開演(~19:45)
 
●会場:衆議院第一議員会館 地下1階 大会議室
  〒100-8981 東京都千代田区永田町2-1-2
※国会側(正門)からお入りください。
※会館の入口にて、NDスタッフから入館証をお受け取りください。
 住所:東京都千代田区永田町2-2-1
 地図:
http://bb-building.net/tokyo/deta/459.html
●定員:300名(先着順)
●資料代:1000円(ND会員・学生は無料)
●申し込み:
 氏名・ご所属・電話番号をE-mailで
info@nd-initiative.orgまでお送りください。当日参加も受け付けますが、できる限り事前申込みをお願いいたします。
Facebookイベントでの参加は、事前予約に含まれません。
 
●主催:新外交イニシアティブ(New Diplomacy Initiative)
 
○ぜひND にご入会ください。
会員申込みは事務局まで、お名前・ご住所・E-mail・電話番号をお知らせの上、会費を
下記口座にお振込みください。
会員の種類:一般会員1万2000円・特別会員6万円・団体会員12万円(年額)
詳細はこちら
http://www.nd-initiative.org/onegai.html
 
○NDへご寄付をお寄せください。
NDでは、現在下記プロジェクトを進めております。プロジェクト実施に際しての各種文献調
査や現地調査、ワシントンでの提言活動等について、皆さまからの温かいご寄付をお寄せいただければ大変幸いに存じます。ご支援いただけます場合には、下記口座にお振り込みください。
 
・歴史問題政策提言プロジェクト
日米地位協定 国際比較・政策提言プロジェクト
普天間米軍基地返還に関する政策提言プロジェクト
 
【郵便局からのご送金】
 郵便振替口座 口座番号 00190-3-633335
 口座名義 New Diplomacy Initiative
【他行からのご送金】
 ゆうちょ銀行 〇一九店 (019) 当座 0633335
 口座名義 New Diplomacy Initiative
 
○シンポジウムにご参加いただけない方も、ご入会・ご寄付をぜひご検討下さい。
 
●お問合せ:
新外交イニシアティブ(ND)事務局
http://www.nd-initiative.org/
東京都新宿区新宿 1-15-9 さわだビル 5階
TEL:03-3948-7255  FAX:03-3355-0445
E-mail:
info@nd-initiative.org
Facebookwww.facebook.com/NewDiplomacyInitiative
Twitterhttps://twitter.com/nd_initiative
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「新外交イニシアティブ(ND)」とは(団体紹介)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新外交イニシアティブ(ND)は、日米および東アジア各国において、国境を越えて情報を
収集・発信し、政策提言を行うシンクタンクです。政策実現のため、国内はもとより、各国における政府、議会、メディアなどへ直接働きかけます。これまで下記のイベントを開催しました。NDの詳細はウェブサイトをご覧ください。
 
●これまでに開催した主なシンポジウム・講演会等(報告や映像等をウェブサイトからご覧頂けます。映像:http://www.nd-initiative.org/video.html
 
〈2013年〉
【1月】設立プレシンポジウム「新政権に問う―日本外交がとるべき針路は―」:鳩山由
紀夫氏(元首相)、鳥越俊太郎(ND理事)、藤原帰一(ND理事)、マイク・モチヅキ(ND理事)(於:東京)
 
【8月】ND設立記念パーティ「オリバー・ストーンと語る もう一つの日米関係」:オリバー・ストーン氏(映画監督)、ピーター・カズニック氏(アメリカン大学准教授)、藤原帰一(ND理事)(於:東京)
 
【10月】シンポジウム「民間大使が見た日本外交―これからの日中関係を考える―」:丹羽宇一郎氏(前中国大使・前伊藤忠商事株式会社会長)、鳥越俊太郎(ND理事)、柳澤協二(ND理事)(於:東京)
(報告:ttp://on.fb.me/OPCLaO
 
【12月】講演会「ワシントンに声を届けて ―対米ロビーイング経験を語る―」:山岡清二氏(東洋英和女学院大学名誉教授、元共同通信記者、元米国務省通訳官、元ワシントン・ポスト記者)(於:東京)
 
〈2014年〉
【1月】シンポジウム「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」:稲嶺進氏(名
護市長)、前泊博盛氏(沖縄国際大学教授)、仲里利信氏(元沖縄県議会長)、柳澤協二(ND理事)(於:名護市
 
【3月】シンポジウム「『沖縄』そして『日本』における米軍基地問題とは何か」:平良朝敬氏(かりゆしグループCEO)、長元朝浩氏 (沖縄タイムス社専任論説委員)、鳥越俊太郎(ND理事)
 
●理事:
鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
藤原帰一東京大学教授)
・マイク・モチヅキ(ジョージ・ワシントン大学教授)
山口二郎北海道大学教授)
・柳澤協二(元内閣官房副長官補(安全保障担当)・元防衛庁官房長)
●事務局長:
・猿田佐世(弁護士(日本・米国ニューヨーク州))
 
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 

 
(付録)
『いつのまにか』 中川五郎
 作詞:山内 清 作曲:中川五郎