読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

映画『標的の村』自主上映会のお知らせ(大阪市、西宮市、泉佐野市)

映画 平和
 今晩(2014年5月9日)配信した「メルマガ金原No.1721」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
映画『標的の村』自主上映会のお知らせ(大阪市、西宮市、泉佐野市)

 琉球朝日放送が制作したドキュメンタリー映画『標的の村』(三上智恵監督)について、
昨年、私が以下のような記事を書いたことをご記憶の方はおられるでしょうか?
 
2013年8月8日
 
映画『標的の村』が観たい!
 
 映画の公式サイトに掲載された作品概要と予告編をあらためてご紹介します。
 
映画『標的の村』公式サイト
(解説から引用開始)
 日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。5年前、新型輸送機「オスプレイ」着陸帯建設に反対し座り込んだ東村(ひがしそん)・高江の住民を国は「通行妨害」で訴えた。反対運動を委縮させるSLAPP裁判だ。わがもの顔で飛び回る米軍のヘリ。自分たちは「標的」なのかと憤る住民たちに、かつてベトナム戦争時に造られたベトナム村の記憶がよみがえる。10万人が結集した県民大会の直後、日本政府は電話一本で県に「オスプレイ」配備を通達。そして、ついに沖縄の怒りが爆発した。
 2012年9月29日、強硬配備前夜。台風17号の暴風の中、人々はアメリカ軍普天間
基地ゲート前に身を投げ出し、車を並べ、22時間にわたってこれを完全封鎖したのだ。この前代未聞の出来事の一部始終を地元テレビ局・琉球朝日放送の報道クルーたちが記録していた。真っ先に座り込んだのは、あの沖縄戦や米軍統治下の苦しみを知る老人たちだった。強制排除に乗り出した警察との激しい衝突。闘いの最中に響く、歌。駆け付けたジャーナリストさえもが排除されていく。そんな日本人同士の争いを見下ろす若い米兵たち……。
 本作があぶりだそうとするのは、さらにその向こうにいる何者かだ。復帰後40年経ってな
お切りひろげられる沖縄の傷。沖縄の人々は一体誰と戦っているのか。抵抗むなしく、絶望する大人たちの傍らで11才の少女が言う。「お父さんとお母さんが頑張れなくなったら、私が引き継いでいく。私は高江をあきらめない」。奪われた土地と海と空と引き換えに、私たち日本人は何を欲しているのか?
(引用終わり)
 
映画『標的の村』予告編
 
 実は、昨年の秋、大阪十三のシアターセブンに太田隆文監督の『朝日のあたる家』を観に行ったところ、その前後に『標的の村』も同館で上映されていたのですが、時のやりくりがつかず、つい観そびれてしまいました。
 かくなる上は、自主上映の機会を逸しないようにしようと思っていたところ、いつもお世話になっている田村悠紀栄さんから、同シスターが勤めておられる「カトリック大阪大司教社会活動センター シナピス」が主催する『標的の村』上映会のお知らせをいただきましたのでご紹介することとしました。
 残念ながら和歌山は今回の開催地に選ばれませんでしたが、大阪市、西宮市、泉佐野市の3箇所で開催される上映会には、映画上映の後、「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐育子さんから現場の生の声を伺うことができるということですから、ご都合のつく方には是非お勧めしたいと思います。
 
 今回の企画のチラシはこちらです。
 
映画『標的の村』と「ヘリパッドいらない住民の会」伊佐育子さんからのメッセージ
 
伊佐育子(いさ・いくこ)さんのプロフィール
1960年 京都市生まれ。
1978年 西院教会にて洗礼を受ける。
1986年 伊佐真次氏(スラップ裁判、当事者)と結婚し沖縄市に移住。
1991年 東村(ひがしそん)高江に移住
2007年 「ヘリパッドいらない」住民の会結成、メンバーに加わる。(現在二人の子どもは高江を離れ夫婦二人暮らし)
 
 詳細は上記チラシをご覧いただくとして、その概要を以下に転記しておきます。
 
2014年6月6日(金)
サクラファミリア(カトリックセンター)
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-12-8
 17:30 受付開始
 18:00 映画『標的の村』上映
 19:45 伊佐育子さんからのメッセージ
 20:30 終了
 
2014年6月7日(土)
カトリック仁川教会 フランシス館
〒663-8006 西宮市段上町4-2-11
  9:30 受付開始
 10:00 映画『標的の村』上映
 11:45 伊佐育子さんからのメッセージ
 12:30 伊佐さんを囲んで
 13:00 終了
 
2014年6月7日(土)
カトリック泉佐野教会 幼稚園ホール
〒598-0004 泉佐野市場南2-77
 14:00 受付開始
 14:30 映画『標的の村』上映
 16:15 伊佐育子さんからのメッセージ
 17:00 伊佐さんを囲んで
 17:30 終了
 
(以下、3会場共通)
高校生以上¥400/小中学生無料 
主催 カトリック大阪大司教区社会活動センター シナピス
     電話:06-6942-1784 FAX:06-6920-2203
“地上の平和は憲法からキャンペーン”関連企画
問合せ 上記シナピスまで
 
(付記)
 監督の三上智恵さんは、今年の3月末をもって琉球朝日放送を退職されたようです。
 三上さんの twitter をご参照ください。

  https://twitter.com/chiemikami/status/450547057787273218