読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

くまの平和ネットワーク「憲法の講演会」(5/31)と講師・畑純一弁護士のご紹介

 今晩(2014年5月12日)配信した「メルマガ金原No.1724」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
くまの平和ネットワーク「憲法の講演会」(5/31)と講師・畑純一弁護士のご紹介
 先日、5月31日(土)の午後、ほぼ同じ時間帯に和歌山市で開かれる3つの企画をまとめてご紹介しました。
 
2014年5月10日
大逆事件原発憲法どれも大事だが(5月31日 和歌山市では)
 
 実は、その日の午後には、和歌山県新宮市でも憲法関連の企画が予定されているのですが、和歌山市の3企画とセットにするのもいかがかと思い、単独でご紹介することにしたものです。
 その企画というのは、紀伊半島南部(和歌山県新宮市、同県東牟婁郡三重県
牟婁郡)に位置する、おおざっぱに言えば「熊野地方」の9条の会など9団体で構成する「くまの平和ネットワーク」が主催する憲法講演会です。
 2011年9月に紀伊半島を襲った大水害の影響により、その年と翌年は活動休止を
余儀なくされたものの、日本国憲法の危機を座視することはできず、昨年から、「くまの平和ネットワーク」の活動が再開されることになり、昨年の講演会は、私が講師としてお招きいただいてお話しました(2013年6月23日)。
 そのレポートは、私の第2ブログに掲載しています。
 
 今年は、同じく和歌山弁護士会所属の畑純一(はた・じゅんいち)弁護士が講師とし
て出向かれます。
 下記チラシに掲載されたプロフィールは、おそらく畑弁護士自身が書いて主催者に送っ
たものでしょうが(そうでなければ書けない情報が含まれている)、私が思わず笑ってしまったのは、「憲法9条を守る和歌山弁護士の会、9条ネットわかやま、和歌山クレジット・サラ金問題対策協議会のそれぞれ初代事務局長」という部分です。
 そうなのです。彼は、何事かを始める、組織を立ち上げる「名人」なのです。このような能
力は誰もが持っている訳ではありません。と言うよりも、「希有の才能」と言うべきでしょう。
 どうしても対応しなければならない問題の本質を見抜き、どのような組織を立ち上げ、ど
のように運営していくべきかというグランドデザインを描き、周囲の者を巻き込みながらそれを実現していく実行力を備えた者だけが、このような役割を担うことができるのです。
 その代わり、立ち上げた組織の後継者(早い話が「2代目事務局長」です)を素早く見
つけ、因果を含めて押しつける(?)ということをしない限り、このようなタイプの人は、早晩身が持たなくなるのですが、その点でも畑弁護士は「名人」の域に達しています。
 たとえば、彼が憲法9条を守る和歌山弁護士の会の事務局長を務めたのは2005年
5月の設立総会から翌2006年1月の第2回総会までのわずか8ヶ月間であり(準備は2004年後半から始めていましたから実質1年余りですかね)、その後6年間にわたって「2代目事務局長」を務め、疲労困憊の末にようやく2012年1月に退任したのがかくいう私なのでした。
 さて、今回の「くまの平和ネットワーク」での講師を畑さんにお願いしたのも(主催者の依
頼を受けた)私なのですが、彼は憲法学習会の講師派遣要請があった場合には、極力若手弁護士を派遣すべきという意見であり、それには私も反対ではないのですが、主催者の求める講演内容にもよるだろうということで、今回は畑弁護士に是非にとお願いした次第です。
 これまでこの種の催しに足を運ぶ機会のなかった方が1人でも多く参加されるように、
催者の皆さん、広報に工夫をこらして頑張ってくださいね、とプレッシャーをかけつつ、ご会をお祈りします。
 
(チラシ記載情状を転記します)
 
「戦争しない国」から「戦争する国」へ。政府はこれまでの憲法解釈を180度変えて、他の国〈主にアメリカ〉と共に武力行使が出来るように集団的自衛権を認めようとしています。戦後一人も殺さず殺されることなく、培ってきた憲法9条平和の理念が壊されようとしています。未来に悔いを残さぬよう、しっかり考えて一緒に声をあげていきましょう。
 
講演 1:55~
「戦争する国」と私たちのくらし
集団的自衛権憲法9条
弁護士 畑 純一さん(和歌山弁護士会

プロフィール
1958年和歌山市で生まれる。
89年司法試験合格。92年弁護士登録。
経歴=憲法9条を守る和歌山弁護士の会、9条ネットわかやま、和歌山クレジット・サラ
金問題対策協議会のそれぞれ初代事務局長。和歌浦景観権訴訟住民側代理人、橋本公害調停住民側代理人などを務める。
現在=日本労働弁護団常任幹事、和歌山弁護士会紛争解決センター運営委員会委
員長。
 
ニコンサート 1:35~ ♪♪♪♪♪♪♪♪
光幸コーラス
美しく穏やかな歌声をお楽しみください。
「ふるさと」「花は咲く」などおなじみの曲を・・・。
 
2014年5月31日(土)午後1時開場/午後1時30分開演(3時30分終了予定)
佐野会館新宮市佐野1-9-9 TEL:0735-31-5119)
※駐車場に限りがあります。なるべく乗り合わせてお越しください。
入場無料 ※有志の方のお志は大歓迎です。
 
くまの平和ネットワーク 〈会長 二河通夫〉
〈くまの平和ネットワーク〉紀南9条の会/しんぐう九条の会/紀宝9条の会/宝来9条
の会/年金者組合新東支部9条の会/新日本婦人の会牟婁支部/ほんぐう9条くら
ぶ/御浜九条の会/なちかつ・たいじ九条の会(順不同)―以上の9団体の共同企画で
す。
〈お問い合せ TEL 0735・21・1674 植村〉
 

『名護んちゅ肝心(チムグクル)』 作詞・作曲・歌 松原洋一
 
(歌詞)
1.ジュゴンの泳ぐこの海に
  命どぅ宝の在り処見る
  金と脅しに屈しない
  名護んちゅ清しゃ 肝心(チムグクル)
 
2.デイゴの花咲くこの丘で
  平安願う祈り聴く
  新たな基地は作らせぬ
  名護んちゅ清しゃ 肝心(チムグクル)
 
3.オジイオバアのテント小屋
  未来を手渡すカギがある
  朝まで踊ろうカチャーシー
  名護んちゅ清しゃ 肝心(チムグクル)
 
4.嫌なものみんな押し付けて
  米軍は必要とすまし顔
  さてさて本土(ヤマト)はどないする?
  名護んちゅ清しゃ 肝心(チムグクル)
  名護んちゅ清しゃ 肝心(チムグクル)
 
※松原洋一さんは、紀宝9条の会の事務局長であるとともに、くまの平和ネットワークの事
務局も務めておられます。
 私のブログもご参照ください。

  http://blog.livedoor.jp/wakaben6888-3745ta/archives/36286725.html