読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

7/13くまの平和の風コンサート(新宮市)&松元ヒロ・ソロライブ(和歌山市)

平和 音楽

 

 今晩(2014年7月2日)配信した「メルマガ金原No.1775」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
7/13くまの平和の風コンサート(新宮市)&松元ヒロ・ソロライブ(和歌山市
 
 やむを得ないこととはいえ、連日、集団的自衛権に関する情勢をフォローし続けていたために、和歌山県下の行事案内などを書いているいとまがありませんでした。
 今日は、久しぶりに、知人からお送りいただいたチラシの内容などをご紹介しつつ、参加を
呼びかけたいと思います。
 もっとも、今日ご紹介する2つの企画は、集団的自衛権をめぐる政治情勢と決して無縁で
はありません。
 
 以前、5月31日(土)に3つも企画が重なってしまったことを嘆く記事を書いたことがありましたが(大逆事件原発憲法どれも大事だが(5月31日 和歌山市では))、今度は7月13日(日)が同じ状況になっています。
 
 既に、同日、田辺市で開催される「9条ママneteキュッと」の結成記念おはなし会についてはご案内済みですが、今日さらに2つ、7月13日の企画をご紹介します。
 
 1つは、新宮市での企画です。
 まずはチラシをご覧ください。
 
(チラシ文字情報から引用開始)
「戦争」まいしょ~れ!
くまの平和の風コンサート
 
コンサートについて―
「まいしょ~れ」とは熊野地方の方言で「やめようよ」という意味です。
他国のために戦争をする集団的自衛権の行使を認めることは、国際紛争を武力で解決しな
いと決めた憲法の平和主義に反します。
さらに憲法の解釈を、その時の内閣の判断で今までと180度変えてしまうという、
“レッドカード”級のルール違反まで行いました。
世界からの平和国家の信頼を捨て、「戦争する国」への悪しき一歩となれば、未来に大きな
悔いを残すものと思います。
「戦争につながるものは、まいしょう~れ」。
私たちはそんな願いから、このコンサートを企画いたしました。
ご一緒に平和を求める声を大きく広げていきましょう。
 
出演者のみなさん(出演順)
わがらーず
フォークソング/歌い続けて?十年)
今泉仁一郎(ギターで自由に)
惣坊やよい(認定歌唱療法士/楽しく歌いましょう)
まぜっこスピリットフォークソング/あのヒット曲も)
オカモトユースケ(トリオでオリジナルソングを)
MIYOSI(ピアノ/ショパンからアナと雪の女王まで)
熊野四人衆フォークソング/またまた出没!?)
♪みんなでご一緒に・・・
 
2014年7/13〈日〉開場13:30 開演14:00(16:00終了予定)
新宮市福祉センター
 和歌山県新宮市野田1-1
入場無料 カンパは大歓迎です
主催/平和の風コンサートの会

連絡先/松原0735-21-6719 阪口0735-30-4560
      井上0735-21-2130 川端090-5648-2802
      濱090-4080-6177
(引用終わり)
 
 「くまの平和の風コンサート」のご連絡は、旧知の松原洋一さん(紀宝9条の会)からいただきました。このコンサートにかけた出演者の皆さんの思いをご理解いただくには、松原さんからのメールを読んでいただくのが最も良いと思い、松原さんのご了解を得て引用させていただきます。
 
(松原洋一さんから金原宛2014年6月30日付メールより引用開始)
 醜悪極まる軍国ゾンビたちによる「改憲クーデター」に微力でもNOの意思表示をしたいと、
ホントに微力なのは十分わかっているのですが、私たちにも出来ることとし て、平和コンサートを13日に開くことになりました。
 03年のアメリカのイラク攻撃の際にも、地元の音楽仲間たちと2日間にわたって三重県
浜町(紀宝町のとなり)と新宮で「戦争をやめさせたい~ピースアクションコンサート」を行いましたが、今回も多くの音楽仲間の皆さんがその尊い志を持ち寄っていただき開催することができました。
 タイトルは「戦争まいしょーれ!~くまの平和の風コンサート」です。「まいしょーれ」とは熊野
地方の方言で「やめよう」という意味です。
 フォーク、ギターやバンド演奏、ピアノ、歌唱療法士など地元でそれぞれ活動している7組
が出演、バラエティ豊かな内容となっています。
 私の所属する「わがらーず」も今回は2人ですが参加します。ピースアクションコンサートの
後に作った『この世界から』を今回歌う予定なのですが、2番目の歌詞はそっくりそのまま10年後の今の状況に残念ながら当てはまっています。
 
『この世界から』 2番
 ヒロシマのある国で 平和への希望を語り  
 9条のある国で 戦争はしないと誓った
 あやまちを忘れ去り 置き去りにされる命
 また銃を取れと 死神たちがささやくけど
 人はどれだけ 強くなれるのか この世界から
   戦争を(戦争を) なくしたい(なくしたい)
   平和を(平和を) 築きたい(築きたい)
     この空につながる すべての人と
     私たちは(私たちは) 生きていきたい
 
 とにかく楽しく、戦争につながることは「まいしょーれ!」とアピールしたいと思っています。そぞれの場所、立場、得意な分野でつながりながら、やっていきましょう。
 これからもよろしくお願いします(またご報告いたします)。
(引用終わり)
 
 松原さんたちのグループ「わがらーず」のライブCDを以前頂戴したことがあり、その中に『この世界から』が収録されていて、非常に感銘深く聴かせていただいたものでした(作詞作曲:松原洋一さん)。
 是非多くの尊い志を持った出演者、聴衆の方々が集まり、コンサートが成功されることを
お祈りします。
 なお、以前、私のブログ「あしたの朝 目がさめたら」で松原さんの新曲を2曲ご紹介した
ことがありました。
 
松原洋一さん(紀宝9条の会)の新曲2曲をご紹介します
 
 さて、7月13日(日)、もう一つの企画は、和歌山市での松元ヒロさんのソロライブです。
 こちらもまずチラシをご覧ください。
 
(チラシ文字情報から引用開始)
MATSUMOTO HIRO Solo Live
世の中に溢れ返る出来事を「マイム」と「トーク」で伝えるライブ!!!
テレビでは見ることの出来ない 迷ニュースキャスター???
有名人物や物になりきっての「スタンダップコメディー」が今始まる!!!
 
2014年7月13日(日)
中央コミュニティーセンター(3F多目的ホール
  和歌山市三沢町1丁目2番地
開場 18:15
開演 18:30
料金 2,000円(当日2,500円) ☆中学生以上
    (会員1,000円)
 
笑いの機関銃!!笑いのスパイラル!!
 
松元ヒロ:プロフィール
 1975年よりパントマイムを始める。1988年コント集団「ザ・ニュースペーパー」の結成に
参加。1999年独立。渋谷ジャンジャンで47才のソロデビュー。その後、筑紫哲也さん主宰の「自由の森大学」、井上ひさしさん主宰の「生活者 大学校」等で公演。東京で定期的なソロライブを行いながら、国立演芸場や浅草の寄席にも進出。Eテレの「にほんごであそ
ぼ」の「茶わんむしのうた」で出演。
ホール、公民館、集会場、お座敷、どこでも「観たい」「聞きたい」という方々が集まっていれ
ば、そこが私の劇場です。
 
主催:和歌山みなみ子ども劇場 高学年部「松元ヒロ Solo Live ★実行委員会」
お問い合わせ 和歌山みなみ子ども劇場 Tel・Fax 073-444-1717
(引用終わり)

 子ども劇場の企画ではありますが、一般客も歓迎(非会員の料金設定は高いけれど)とのことなので、関心のある方は是非、和歌山みなみ子ども劇場までお問い合わせください。
 松元ヒロさんといえば、何と言っても「九条くん」のソロコントを思い出しますよね。今回、「九
条くん」の出番があるのかどうかは何とも言えませんが、この情勢下、「どっこい九条くんは死んでいないぞ」というところを是非見せて欲しいと思いませんか?
 

(付録)
『世界』 作詞作曲:ヒポポ田 演奏:ヒポポフォークゲリラ