読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな」(9/16)を視聴して闘争心に火を付ける

報道 社会

今晩(2014年9月19日)配信した「メルマガ金原No.1853」を転載します。

なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな」(9/16)を視聴して闘争心に火を付ける
 
 朝日新聞バッシングの異様さを「異様」と感じるか感じないかによって、ほぼその人の現在の立ち位置が正確に分かるという状況になっていますが、今日ご紹介するのは、もちろん「異様」かつ「危機的状況」と感じる識者15人によるリレートークです。
 緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな-戦争をする国にしないために-」(参議院
員会館講堂)がそれで、主催したのは国会議員有志だと思うのですが、チラシなどが見当たらず、それだけ「緊急」だったのでしょう。
 福島みずほさんのブログによれば、白眞勲事務所、有田芳生事務所、神本美恵子事務所、仁比聡平事務所、福島みずほ事務所が連絡先になっていました。
 http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-2644.html
 
 中継映像は2本見つかりました(出演者の清水雅彦さんのブログで紹介されていました)。
 
IWJ 140916_リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな-戦争をする国にしないために-
 http://www.ustream.tv/recorded/52735361
 
20140916 UPLAN 緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな-戦争をする国にしないために-」
 https://www.youtube.com/watch?v=FpOXKmqMqWU&list=UUhjEbWVGnGHhghoHLfaQOtA
 
 どれもみな有益な発言で全編視聴していただきたいのですが、視聴のための目安時間も書いておきますので、参考にしてください。
 
主催者挨拶 福島みずほ氏(参議院議員
 IWJ 3分30秒 
 UPLAN 冒頭
司会 伊藤和子氏(弁護士、ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
 IWJ 5分45秒
 UPLAN 2分16秒
①新崎盛吾氏(新聞労連委員長)
 IWJ 6分35秒
 UPLAN 3分05秒
②内田浩氏(出版労連書記次長)
 IWJ 10分50秒
 UPLAN 7分20秒
海渡雄一氏(弁護士)
 IWJ 19分20秒
 UPLAN 15分50秒
篠田博之氏(月刊「創」編集長)
 IWJ 30分05秒
 UPLAN 26分35秒
佐高信氏(評論家)
 IWJ 42分25秒
 UPLAN 38分58秒
⑥中野晃一氏(立憲デモクラシーの会呼びかけ人、上智大学教授)、
 IWJ 51分00秒
 UPLAN 47分30秒
五野井郁夫氏(高千穂大学准教授)
 IWJ 59分55秒
 UPLAN 56分25秒
⑧清水雅彦氏(日本体育大学教授)
 IWJ 1時間07分38秒
 UPLAN 1時間04分07秒
⑨渡辺美奈氏(女たちの戦争と平和資料館[wam]事務局長)
 IWJ 1時間16分39秒
 UPLAN 1時間13分08秒
北原みのり氏(ラブピースクラブ主宰)
 IWJ 1時間29分38秒
 UPLAN 1時間26分08秒
⑪黒澤いつき氏(明日の自由を守る若手弁護士の会共同代表)
 IWJ 1時間38分55秒
 UPLAN 1時間35分26秒
伊藤和子氏(弁護士、ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
 IWJ 1時間45分10秒
 UPLAN 1時間41分41秒
永田浩三氏(武蔵大学教授)
 IWJ 1時間55分45秒
 UPLAN 1時間52分14秒
前田朗氏(東京造形大学教授)
 IWJ 2時間04分40秒
 UPLAN 2時間01分10秒
森達也氏(映画監督)
 IWJ 2時間13分55秒
 UPLAN 2時間10分24秒
福島みずほ議員
 IWJ 2時間21分45秒 
 UPLAN 2時間18分15秒
藤田高景氏(村山談話の会理事長)
 IWJ 2時間32分40秒 
 UPLAN 2時間29分08秒
関千枝子氏(安倍靖国参拝違憲訴訟原告)
 IWJ 2時間35分14秒
 UPLAN 2時間31分07秒
 
 15人+3人もの方のトークを要約する訳にもいきませんので、ここでは、私も役員の1人として企画に関わっている「守ろう9条 紀の川 市民の会」主催による第11回憲法フェスタ(2014年11月8日)のメイン講師をお願いしている日本体育大学教授の清水雅彦さんのブログから、ご自身の発言要約を引用させていただきます。
 http://blogs.yahoo.co.jp/constimasahikos/archive/2014/9/17?m=lc
 
(抜粋引用開始)
私からは、私自身、1987年5月3日の朝日新聞阪神支局銃撃事件後に東京の新聞社・テ
レビ会社本社前で市民運動団体などと一緒に雄弁部有志でマスメディアに対する激励行動をしたことを例に(また、私が札幌学院大学でものが言えない状況になっても大学を変えればいいだけですが、朝日は国外で活動すればいいということになるのではないからこそ)、市民が朝日聞の応援をする必要性、朝日にミスがあったとはいえ従軍慰安婦関連資料や原発事故情報を国家が隠すから起きたこと、今後の秘密保護法施行後の危険性、西山記者事件後の毎日新聞に対する不買運動や部数減のような事態になってはいけないことなどについて発言しました(朝日新聞批判も少しはしましたが)。
(引用終わり)
 
 余談ながら、清水さんのブログには、早速11月8日の憲法フェスタの案内もアップしてくださっていました。皆さん、是非来てくださいね。
 http://blogs.yahoo.co.jp/constimasahikos/archive/2014/9/15?m=lc
 
ところで、同じ9月16日の午前中、参議院議員会館B107会議室において、原発事故情報公開原告団原発事故情報公開弁護団が主催する緊急共同記者会見「ついに公開された政府事故調 吉田調書 私はこう見る」も開催されており、これも朝日バッシングとの関連で重要な企画でした。
 主な出席者は以下の方々です。
 
大石光伸氏(東海第二原発訴訟原告団事務局長)
相沢一正氏(東海第二原発訴訟原告団同代表)
朴鐘碩氏(原発メーカー訴訟事務局)
河合弘之氏(脱原発弁護団全国連絡会共同代表)
海渡雄一氏(脱原発弁護団全国連絡会共同代表・原発事故情報公開弁護団)
小川隆太郎氏(原発事故情報公開弁護団)
後藤政志氏(元東芝原発設計者 国会事故調協力調査員)
伊東良徳氏(弁護士 国会事故調協力調査員)
青木秀樹氏(弁護士 国会事故調協力調査員)

 この記者会見についても、UPLANによる中継映像が視聴できます。
 
20140916 UPLAN【記者会見】政府事故調 吉田調書 私はこう見る
 https://www.youtube.com/watch?v=sWAxp9SmVk8&list=UUhjEbWVGnGHhghoHLfaQOtA
 
 リレートーク参加者の多くの皆さんが言われた「今は朝日新聞を応援する時」ということに、私面的に同感します。
 私の事務所が最近、朝日新聞の年間定期購読契約を更新したのは、決してオマケの商品
券に目がくらんだからではありません。
 もしも周囲に朝日に対する不満を漏らして他の新聞に鞍替えしそうな知人がいたら、是非今
日ご紹介した映像などを参考に、思いとどまるように説得していただければと思います。
 さらに、読者の流出を少しでも食い止めるという消極的な対策だけではなく、朝日叩きに狂
奔する新聞からリベラル系の新聞への鞍替えを推進することも重要でしょう。
 そのような闘争心をかきたてるためにも、このリレートークは大変有用だと思い、ご紹介しまし
た。
 
 最後に、福島みずほさんのブログよれば、緊急リレートークの第2弾が早くも予定されているようです。
 http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-2645.html
(概要)
「もの言えぬ社会をつくるなPART2 -戦争をする国にしないために-」
日時:9月26日(金)15時~17時
場所:参議院議員会館 講堂
発言:
 木村広さん(出版労連書記長)
 山口正紀さん(ジャーナリスト)
 白井聡さん(文化学園大学助教
 雨宮処凛さん(作家・活動家)
 安田浩一さん(ジャーナリスト)
 白石孝さん(プライバシーアクション代表)ほか