読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

速報!2/16和歌山弁護士会「集団的自衛権行使容認に反対するアピールパレード」実施決定!

 今晩(2015年1月20日)配信した「メルマガ金原No.1976」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
速報!2/16和歌山弁護士会集団的自衛権行使容認に反対するアピールパレード」実施決定!

 本日は、完全な「和歌山ネタ」であり、さらに言えば、私の弁護士会での役職(
和歌山弁護士会憲法委員会委員長)からのお知らせでもありますので、和歌山県外の人には申し訳ありません。
 とはいえ、その企画自体は、当然全国と繋がっています。
 
 日本弁護士連合会の最重点活動目標の1つが「集団的自衛権行使容認阻止」であること、全国の弁護士会も日弁連とともに様々な取組を行ってきたことは、これまでも何度かご紹介してきました。例えば以下のように。
 
 
 その日弁連が、昨年12月、全国の弁護士会弁護士会連合会に対し、「集団的自衛権行使容認に反対する全国一斉行動~日弁連キャラバン月間~」への参加を呼びかけ、続々と各地における企画が決定・実施されています。
 もっとも、当初2月末までとされていた実施期間が4月末まで延長されたため、「~日弁連キャラバン月間~」の「月間」の意味がぼやけてきましたが、実施期間を4月末までとしたことにはもちろん意味がある訳で、4月の統一地方選挙終了直後にも国会に上程されるとされる、いわゆる安保法制関連法案の上程阻止、成立阻止の機運を少しでも盛り上げなければという問題意識によるものです。

 現時点での「全国キャラバンの各地の取組みについて」日弁連サイトに掲載されています。
 ただし、このスケジュール表には重大な誤記があります。
 和歌山弁護士会の企画「集団的自衛権行使容認に反対するア ピール・パレード(仮称)」の実施日時が「
2015年2月26日(月)12:00~12:40」となっていますが、「2月16日(月)」の間違い
です。だいいち、2月26日は木曜日ですよ。
 早速、日弁連には訂正を申し入れるつもりなので、ブログでこの記事を読んでくださる方がリンク先を
閲覧されるころには、既に訂正されているかもしれません。
 
 そして、日弁連サイトで(仮称)となっていましたが、今日(1月20日)の和歌山弁護士会常議員会で正式に承認されましたので、既に(仮称)はとれています。
 まだ細かな実施細則については詰める必要がありますが(例えば、雨天決行とするかどうか、荒天の場
合の中止の発表・連絡方法など)、とりあえず概略をお知らせしますので、1人でも多くの方に今から日
程をご予定いただき、さらに周囲の方に参加を呼びかけていただきたく、速報をお届けすることにしたものです。
 開催の概略は以下のとおりです。
 
和歌山弁護士会主催
集団的自衛権行使容認に反対するアピールパレード
日程 2015年(平成27年)2月16日(月)
スケジュール
 12:00 和歌山市役所前 集合
 12:10 和歌山弁護士会会長 挨拶
 12:20 出発
 12:40 京橋プロムナード 解散
連絡先 和歌山弁護士会 ℡:073-422-4580
備考
 どなたでも参加自由です。幟、横断幕、ボード等は思い思いのものを持ち込んでいただいて結構ですが、アピールパレードの趣旨を超える政治的スローガンや政党名の表示はご遠慮願います。
 
 ところで、今日の常議員会に説明員として出席するため、去る1月17日に愛知県弁護士会が主催した
集団的自衛権行使反対愛知大集会&パレード」の模様を報じたニュース映像を参考資料として視聴しま
した(主催者発表でしょうが、「3000人」というのが凄い!)。

 
 これを見ると、集団の先頭には、
   憲法違反!閣議決定や法律改正による 
     「集団的自衛権」行使は
     許されません
         日本弁護士連合会
という横断幕が進み、その直後に「愛知県弁護士会」の幟がひるがえり、弁護士会が呼びかけて実施して
いることをアピールしていますね。これは和歌山も見習わなければ。
 弁護士会事務局に確認したところ、「和歌山弁護士会」の幟は10本あるそうなので、全部持って行こう。問題は、弁護士会会員がどれだけ真剣にこの昼休みパレードに参加しなければと思ってくれるかですが。
 もちろん、弁護士以外の市民、団体の皆さまへの参加のお願いも、これから頑張って働きかけねばと思っています
 
 実は、和歌山弁護士会デモ行進を主催するのは今回が史上初めて(!)のことです。それだけ、現在憲法をめぐる状況を危機的ととらえているということでもあります。そのような危機感を共有する多くの市民の皆さまと力を合わせ、「集団的自衛権の行使は許さない」という市民の決意を出来るだけ広くアピールしたいと思います。
 ご協力をよろしくお願いします。