読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

第一報「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2015」(3/8和歌山城西の丸広場)に集いましょう!

原発 行事
 今晩(2015年2月12日)配信した「メルマガ金原No.1999」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
第一報「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2015」(3/8和歌山城西の丸広場)に集いましょう!

 あと一月足らずで「あの日」から丸4年が経過しようとしています。
 多くの方が、様々なところで、色々なやり方で「あの日」に向き合うことと思います。今年の3月1
1日はウィークデイのため、その前後の土日に集会を企画しているところが多いと思われます。
 もっとも福島では、あくまで「3.11」にこだわった「3.11反原発福島行動」が継続して開催さ
れており、今年も3月11日(水)に、郡山市民文化センター・大ホールにおいて、
「3.11反原発福島行動'15」が開催されます。

 さて、私の地元の和歌山です。県下各所で様々な企画が実施されるらしいとは聞いていますが、その詳
細は承知していないので、私自身が実行委員として関与している企画をご紹介することとします。「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2015」がそれです。一昨年、昨年に引き続き、3回目
の開催となります。今年の開催日は3月8日(日)、会場は例年通り和歌山城西の丸広場です。

 考えてみると開催まであと3週間余りと目前に迫ってきましたので、まだ奥野亮平さんデザインになる
チラシは届いていませんが、とりあえず第一報をお届けすることとします。ステージ企画の出演者、ブー
ス企画の詳細などが分かりましたら、続報をお送りします。
 開催概要は、以下のとおりです。
 
フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2015
開催場所 和歌山城西の丸広場
開催日時 2015年3月8日(日)
10:00~11:10 全体集会
11:30~12:30 アピールパレード(原発さよなら行進@和歌山Vol.7)   
 パレードコース(例年通り) 和歌山城・西の丸広場→砂の丸広場横→追廻門→県庁前交差点左折→(三
年坂通り)→屋形町交差点左折→(屋形通り)→三木町交差点左折→(けやき大通り)→西の丸広場
12:30~15:00 ステージ企画&ブース企画
主催 「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2015」実行委員会
 
(全体集会について)
 やや流動的な点もあるので、確定した内容は続報でお伝えするとして、おおよそどのような内容になる
かをご説明すると、今年も、和歌山に避難されている方にスピーチをお願いすることにしており、昨年9
月に結成された「わかやま避難者のWA」世話人の方にお話いただけるのではないかと思います。
 また、今日(12日)、鹿児島の川内(せんだい)原発に続く2例目として、福井の高浜原発3、4号
機が、原子力規制委員会による新規性基準適合性審査に合格したと報じられていますが、その再稼働阻止に向けたアピールも計画されている他、大飯原発3、4号機の運転差止を求めて京都地裁で法廷闘争を行っている「脱原発京都訴訟」原告団長の竹本修三さん(京都大学名誉教授)もかけつけてくださると聞い
ています。
増山麗奈さんライブアート そして、先日(2月7日)、田辺市和歌山市で映画『ママの約束~原発ゼロでみつけた本当の豊かさ
~』上映とトーク(和歌山市ではライブペインティングも)をされた増山麗奈(ますやま・れな)さんが、再び和歌山を訪れ、西の丸広場の特設ステージ(は予算の都合で大型トラックの荷台となりますが)で
、「トーク&アクティブペインティング」を行ってくださいます。
 2月7日の上映会&トークに来られた方も来られなかった方も、是非、3月8日の全体集会にお
いでください(写真は、2月7日、和歌山市中央コミセンでライブペインティングをされる増山麗奈さんです)。
 なお、麗奈さんの公式WEBサイト掲載のプロフィールを引用します。
(引用開始)
画家・ジャーナリスト・映画監督  絵本「幼なじみのバッキー」(月曜社)が岡本太郎現代芸術賞入選。
作・文を描いた「げんばくとげんぱつ」(子どもの未来社)が 日本図書協会の選定図書に選ばれる。 映画「ママの約束?原発ゼロでみつけた本当の豊かさ?」を撮影・編集・監督 現在、全国で上映・講演活動を行っている。 福島など被災地に通い、子どもたちとのアート交流を行う。インドとの国際アート交流プロジェクトにも参加。 著書に「桃色ゲリラ~Peace& Artのたたかい~」(社会批評社)、「いかすアート」(白澤社)、「ロスジェネ3号」(増山麗奈責任編集・かもがわ出版)など。miss ツーリズムワールド
JAPANタレント賞受賞(2014)。
(引用終わり)
※以下の私のブログもご参照ください。
2014年12月25日
予告2/7映画『ママの約束』上映と増山麗奈監督トーク&アート(in和歌山市) ※追記あり(田辺市上映会)
 
原発さよなら行進@和歌山Vol.7について)
 和歌山で初めての大がかりな手造り反原発デモ(というのも変かな?)「原発さよなら行進@和歌山」
をデザイナーの奥野亮平さんが主催して呼びかけたのが2012年7月22日のことでした。その模様を私は早速メルマガで伝えました。ソウル・フラワー・ユニオン中川敬(なかがわ・たかし)さんとの記
念写真を自慢したかったからかもしれませんが。
2012年7月22日(2012年11月5日及び2015年2月12日に再配信)
7/22「原発さよなら行進@和歌山1」大成功!
追廻門を目指す
 そして、奥野さんには、一昨年以来、3月の西の丸広場の企画の実行委員にもなってもらい、「原発要ランウータン」をフューチャーしたチラシを作っていただく他、アピールパレード(原発さよなら行進@和歌山)のプロデュースもお願いしているのです。今回が「Vol.7」と通し番号になっているのはそのためです。
 昨年3月9日に行われた「原発さよなら行進@和歌山Vol.6」の写真をご紹介しておきます。
 
(ステージ企画&ブース企画)
 今年も楽しいステージ企画やブース企画でお待ちしています。
 雰囲気を感じていただくために、昨年の「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山3.9アクション」
の模様をレポートした私のブログをご紹介しておきます。
 ステージ企画の出演者については、続報で詳しくお伝えしようと思いますが、とりあえず1人だけご紹介しておくと、昨年に引き続き、ナツオ(嶋田奈津子)さんの出演は決まったそうです。
 
 以上、駆け足であらましをご紹介しました。憲法も大変な状況ですが、原発をめぐる状況もまさに危機的であり、その根っこは結局同じところから来ていることは明らかです。 実際、「3.11反原発福島行動'15」の呼びかけ文のタイトルは「再稼働、戦争、首切り もうたくさんだ 怒りを力にたちあがろう つながろう」というものです。
 これは、私たちみんなのスローガンでもあるべきです。