読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告「守ろう9条 紀の川 市民の会」第11回総会(5/6@和歌山市河北コミセン)

 今晩(2015年3月26日)配信した「メルマガ金原No.2041」を転載します。なお、 「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告「守ろう9条 紀の川 市民の会」第11回総会(5/6@和歌山市河北コミセン)

 私のメルマガ(ブログ)に時々「ある地域9条の会」というのが登場します。
 私が役員をしている地域9条の会は2つあるのですが、そのうちの1つが、紀の川北岸に居住する和歌山市民で構成する「守ろう9条 紀の川 市民の会」です。
 概ね春に総会、秋に憲法フェスタを開催してきました。昨年(2014年)は以下のような内容でした。
 
 

 これまで、秋の憲法フェスタを終えてからすぐに総会の準備に入るという慌ただしさであったということもあり、今年は例年より少し遅らせて5月6日(水・祝)に総会を開催することになりました。
 これが「守ろう9条 紀の川 市民の会」だけのことであれば何も問題はないのですが、他の団体とのかねあいから言うと、実は大問題だったりします。
 4月の終わりから5月にかけて、私が「参加しなければ」と考えてスケジュール帳に書き込んでいる行事は以下のとおりとなっています。

4月29日(水・祝)午後1時30分~(プラザホープ4階ホール)

5月3日(日)午前10時~(和歌山城西の丸広場)
 「Happy Birthday 憲法 in Wakayama 2015」

5月6日(水・祝)午後2時~(和歌山市河北コミセン2階多目的ホール

5月10日(日)午後2時~(和歌山市あいあいセンター6階ホール)

5月23日(土)午後1時30分~(プラザホープ4階ホール)
 「憲法九条を守るわかやま県民の会 We Love 憲法 五月の風に」(講師:小森陽一氏)

 25日間に5回の企画、その内3回は大型連休中の開催というのですからね。まあ、「守ろう9条 紀の川 市民の会」以外は、昨年もこの時期にやっているのですが、1つ(それも連休中に)増えるだけでも相当負担感が増します・・・とぼやいていても仕方がないのですが。
 
由良登信弁護士講演① さて、前置きが長くなりましたが、今年の「守ろう9条 紀の川 市民の会」第11回総会の記念講演は、2011年3月に開催した第7回総会以来、4年ぶりに再び由良登信(ゆら・たかのぶ)弁護士にお願いすることになりました。第7回総会での由良弁護士の講演の模様を撮影した写真を1葉ご紹介しておきます。なお、「九条の会・わかやま」ホームページに柏原卓さんによるレポートが掲載されています。
 そこで、今回の総会です。何しろ、時期が時期ですから、5月中旬にも国会に上程されると予想されている安全保障関連法案(戦争立法)の内容を学び、その成立阻止のために何をなすべきかがテーマとならざるを得ません。そして、和歌山県内でこのテーマを語ってもらうのに最もふさわしい講師を探すとなれば、まず由良弁護士に指を屈することになるでしょう。
 という理由から、わずか4年で再登板をお願いすることになったものです。

 会員でなくてもどなたでもご参加いただけます。
 ただ単に講師のお話を拝聴するだけではなく、参加者が(お茶でも飲みながら)語り合える時間も設けられればいいな、というようなことも検討しています。
 是非1人でも多くの方にご参加いただければと念願しています。
 お誘い合わせの上、ご来場をお待ちしています。

チラシ文字情報から引用開始)

              守ろう9条 紀の川 市民の会
             第11回 総 会

 憲法9条はますます重大な危機に直面しています。安倍首相は昨年7月1日、多くの国民の反対を無視して集団的自衛権行使容認の閣議決定を行いました。しかし、閣議決定だけでは自衛隊集団的自衛権を行使させることは出来ません。そこで、今国会に「自衛隊法」や「武力攻撃事態法」を始めとする「安全保障関連法案」の制改定を国会に提出し、数に頼んで一気に可決に持ち込もうとしています。
従来は、日本周辺に限られていた地域の制約を取り払い、世界中どこへでも自衛隊を派遣できるようにし、「後方地域」や「非戦闘地域」という制約も外し、自衛隊の支援対象である他国軍が「現に戦闘行為を行っている現場」以外ならどこでも活動できるようにしようとしています。国連安保理の決議を自衛隊派兵の条件にせず、従来は禁じられていた武器・弾薬の提供なども可能にしようとしています。イラク侵略戦争のような違法な先制攻撃の戦争でも、米軍中心の「有志連合軍」に軍事支援を速やかに行えるようしようとしています。「安全保障関連法案」の改定や制定は、まさに「戦争法制づくり」と言わなければならず、憲法9条の明文改憲に匹敵するものです。断固阻止しなければなりません。

※総会は会員でなくても参加できます。もちろん無料です。多くの方にご参加いただきたいと願っています。

日時 2015年5月6日(水・休日)午後2時~
場所 河北コミュニティセンター 2F多目的ホール
     和歌山市市小路192-3(Tel:073-480-3610)
     南海本線紀ノ川駅」下車すぐ(改札を左折120m、左折し踏切を越え180m、右側)
     和歌山バス 六十谷線(川永団地⇔南海和歌山市駅)「梶取東バス停」前

◎第1部 記念講演 14:10~15:50 (質疑応答などを含む)
「戦争する国」を許さない!
~「安全保障関連法案」を阻止しよう~
講師
由良 登信(ゆら・たかのぶ)氏
      元和歌山弁護士会会長
      自由法曹団和歌山支部長
      日本弁護士連合会憲法問題対策本部委員
◎第2部 総会議事 15:50~16:40

補聴器を使用されている方がよりクリアな状態でお聞きいだけるように、会場に『磁気ループ』を設置します。使用できる補聴器は「Tモード」「MTモード」の補聴器です。

主催:守ろう9条 紀の川 市民の会
 お問合せ先:073-462-0539 原 通範

(引用終わり)