読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告5/23小森陽一氏講演会(憲法九条を守るわかやま県民の会「5月の風に...We Love 憲法」)

憲法 講演
 本日(2015年4月20日)配信した「メルマガ金原No.2066」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告5/23小森陽一氏講演会(憲法九条を守るわかやま県民の会「5月の風に...We Love 憲法」)

 「憲法九条を守るわかやま県民の会」から、恒例の「5月の風に...We Love 憲法」のご案内を戴きました。
 今年は5月23日(土)午後、会場はいつものプラザホープ4Fホールです。
 以下に、お送りいただいたチラシの文字情報を掲載します(表面のみ/裏面についてはPDFファイルをご参照ください)。

チラシ文字情報から引用開始)
5.23県民のつどい
5月の風に...We Love 憲法
 
改憲勢力は、来年夏、遅くとも2017寝ん春までに国民投票を狙っています。
改憲反対、9条守れ、憲法を生かそう」の旗をかかげ運動を飛躍させるため、
九条の会事務局・小森陽一さんの話をお聞きします。
 
2015年5月23日(土) 開場:13時00分 開会:13時30分
プラザホープ4F大ホール
 
〈当日企画〉
◇文化企画 
◇講演
「草の根運動で九条の無効化阻止するとき」
講師 小森陽一

講師 プロフィール
1953年生まれ。
東京大学大学院・総合文化研究科 教授(日本近代文学
九条の会事務局長。
著書に、
「文体としての物語」(筑摩書房 1988年)
漱石を読みなおす」(ちくま新書 1995年)
「ことばの力 平和の力-近代日本文学と日本国憲法」(かもがわ出版 2006年)
漱石論 21世紀を生き延びるために」(岩波書店 2010年)
「あの出来事を憶えておこう 2008年からの憲法クロニクル」(新日本出版社 2014年)
 
憲法九条を守るわかやま県民の会
和歌山市湊通り丁1の3 県地評内(名城ビル2階)
TEL 073-436-3520 FAX 073-436-3554
e-mail
w-9jokenm@naxnet.or.jp
(引用終わり)
 
 県民の会が「5月の風に...We Love 憲法」をいつから開催するようになったのか、今手元にある資料では詳らでないのですが、「九条の会・わかやま」ホームページに集積されているデータ(県内の取り組み)を参照したところ、2007年以降の講師の顔ぶれが確認できました。
 
2014年 柳澤協二氏(元内閣官房副長官補) 
2013年 孫崎享氏(元外務相情報局長、元防衛大学校教授)
2012年 森英樹氏(名古屋大学名誉教授)
2011年 伊波洋一氏(元宜野湾市長)
2010年 小沢隆一氏(東京慈恵会医科大学教授)
2009年 浅井基文氏(広島平和研究所所長/当時)
2008年 和田進氏(神戸大学教授)
2007年 浦部法穂氏(名古屋大学大学院法学研究科教授/当時)
 
 この内、2007年~2010年まで、私自身参加した記憶がないのは、和歌山弁護士会の5月定期総会と日程が重なっており、弁護士会総会出席の方を優先したからでしょう。
 2011年の伊波洋一さん以降は出席していますが、弁護士会総会と日程がずれた年もあり、重なっても、弁護士会には委任状を提出し、「5月の風に...We Love 憲法」の方を優先するようになったからですね。

 そうなったきっかけの1つは、青年法律家協会和歌山支部主催の憲法記念行事との講師バッティング事件でした。
 例年、青法協は4月下旬の大型連休直前に、県民の会は5月の中旬から下旬という近接した時期に講演会を開催しており、しかもお互いに講師が誰に決まったというような情報交換を全くしていなかったため、1度ならず2度までも(2011年の伊波洋一さんと2013年の孫崎享さん)同じ講師を同じ年に招聘するという失態を重ね、多くの方から顰蹙を買うことになってしまいました。
 さすがに、これを教訓として、青法協と県民の会では、先に講師が決まった方がすぐに相手方に連絡するという暗黙のルールが取り結ばれることになりました。
 
 さて、2015年の県民の会が小森陽一さんに決まったという話を事務局の里崎正さんから伺ったのは昨年の11月の終わり頃のことでした。その時は、青法協の講師探しがこんなに難航することになるとは想像もしていませんでした(これは余談)。
 県民の会がはやばやと小森さんに講師をお願いしたのは、当然のことながら、2015年の統一地方選挙終了後間もなく国会に上程されると言われていた安保法制(戦争法制)関連法案をどう阻止すべきかという運動論を語れる人を、ということであったのだろうと推測します。
 是非、多くの方の参加をお願いしたいと思います。
 
(参考動画)
九条の会」全国討論集会(2015年3月14日/於専修大学

2分~ 澤地久枝
29分~ 大江健三郎
43分~ 渡辺治氏(情勢報告)
1時間16分~ 小森陽一氏(課題と提案)