読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

開催予告・井上正信氏講演会(6/12和歌山弁護士会「市民集会 安全保障法制の内容と問題点」)

 今晩(2015年4月30日)配信した「メルマガ金原No.2076」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
開催予告・井上正信氏講演会(6/12和歌山弁護士会「市民集会 安全保障法制の内容と問題点」)

 いよいよ5月中旬には、「戦争法案」が国会に上程されようとしており、ほぼその概要が明らかになりつつあるとはいえ、その全体像を把握することは、誰にとっても容易なことではありません。
 そこで、安倍内閣がやろうとしていること、自衛隊にやらせようと考えていることの中身を、法案の分析結果を踏まえて明らかにする必要があると考え、和歌山弁護士会では、以下のとおり、6月12日に市民集会「安全保障法制の内容と問題点―日本のこれからの平和について考える―」を緊急開催することとなりました。
 講師には、日本の弁護士の中で安全保障法制について最も詳しい、少なくとも最も詳しい弁護士の1人であることは疑いない井上正信弁護士(広島弁護士会)に来ていただけることになりました。
 是非1人でも多くの方にご参加いただき、「戦争法案」の実体についての認識を深め、その成立阻止の運動の力としていただければと思います。
 
チラシ文字情報から引用開始)
民集
安全保障法制の内容と問題点
―日本のこれからの平和について考える―
 
 政府は、昨年7月1日の閣議決定にもとづく安全保障法制に関する十数本の法案を、本年5月中旬にも国会に一括上程すると言っています。
 自衛隊が海外に出て行くのを拡大するこれらの法案の内容を正確に把握し、平和憲法との関係やこれからの日本の平和(戦争の危険)について考えます。
 
講師 弁護士 井上正信 氏
日弁連憲法問題対策本部事務局員
日弁連秘密保護法対策本部副本部長
広島弁護士会所属(尾道総合法律事務所)
『法律時報』『法学セミナー』『法と民主主義』等の法律家団体の機関誌などで、憲法問題(特に憲法9条、安全保障、防衛政策)に関する論文を多数執筆。
 
日時 2015年6月12日(金)
開会/午後6時00分(開場/午後5時30分)
場所 和歌山市中央コミュニティセンター 3F多目的ホール(大)
     (和歌山市三沢町1丁目2番地)
入場無料 予約不要
主催/和歌山弁護士会
お問い合わせ先 和歌山弁護士会 和歌山市四番丁5番地 電話 073-422-4580

(引用終わり)