読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告6/28DVD『チェルノブィリ28年目の子どもたち~低線量長期被曝の現場から』上映と山崎知行医師のお話(子どもたちの未来と被ばくを考える会)

 今晩(2015年6月12日)配信した「メルマガ金原No.2119」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告6/28DVD『チェルノブィリ28年目の子どもたち~低線量長期被曝の現場から』上映と山崎知行医師のお話(子どもたちの未来と被ばくを考える会)

 本日(6月12日)午後6時から、和歌山市中央コミュニティセンターにおいて、和歌山弁護士会主催による市民集会「安全保障法制の内容と問題点―日本のこれからの平和について考える―」に、多くの方のご参加をいただきありがとうございました。弁護士会の一会員としてお礼申し上げます。
 講師の井上正信弁護士(広島弁護士会)からは、複雑にかわみあった戦争法案の全体像を、具体的な事例を挙げながら分かりやすく解説していただきました。これを聴いた私たちが、さらにこれを周りにどう広めていくかが問われています。

 さて、集会終了後、講師を囲む打ち上げに同席させていただき、井上先生から、ブログに井上先生の論考を紹介したことについてのお礼を仰っていただいたのには大変恐縮しました。色々と興味深い井上先生のお話を最後まで伺いたかったのですが、そうすると、ブログの更新ができない(!)ということで、少し早めに懇親会場をあとにしてきました。
 ということで、今夜は、何日か前に私がマスコミ各社にお送りしたプレスリリースを基に、「子どもたちの未来と被ばくを考える会」の行事予定をご案内することにします。
 
 2012年4月14日に結成された「子どもたちの未来と被ばくを考える会」の第4回総会が来る6月28日(日)に開かれますが、総会の議事終了後、会員でなくてもどなたでもご参加いただけるDVD上映会を企画しました。
 上映するDVDは、このメルマガ(ブログ)でもご紹介したことのある『チェルノブイリ28年目の子どもたち~長期低線量被曝の現場から~』(OurPlanet-TV/2014年/73分間)であり、上映後、チェルノブイリにも何度も足を運び、また、3.11後、継続して福島県での健康相談活動をしてこられた山崎知行医師に、DVDの内容についての解説と福島の現況についてのお話をいただくことになっています。そして、チェルノブイリ事故の教訓から何を学び、今後私たちが何をなすべきかについて、参加者全員で話し合えればと考えています。
 是非、多くの皆さまにご参加いただきたくご案内します。
 以下に、6月10日に発信したプレスリリースの本文を貼り付けておきます。
 
(引用開始)
DVD上映会のお知らせ
チェルノブィリ28年目の子どもたち~低線量長期被曝の現場から』
  
 「放射能汚染による被害から子供たちを守り、安心安全な環境の中で子供たちが生きることができるように」行動しようと、2012年4月14日、「子どもたちの未来と被ばくを考える会」が結成されました。報道機関各社におかれましては、これまでの当会の活動にご理解ご協力をいただき、まことにありがとうございます。
 さて当会では、以下のとおり、第4回総会を開催する6月28日に、会員以外の方でもどなたでもご参加いただけるDVD上映会を企画しました。
 ご承知のとおり、福島第一原発では、汚染水の問題一つをとっても全く解決のめどが立っていないにもかかわらず、政府、原子力規制委員会原発再稼働を強行しようとしています。
 他方、福島県の子どもたちに甲状腺がんが多発しても、原発事故との因果関係を認めようとせず、被ばくのリスクを福島県や周辺の住民に押し付け、安全キャンペーン、帰還キャンペーンが推進されています。
 このような状況の中、放射能による被害を最も被るのは次の時代を担う子どもたちです。子どもたちの未来を被ばくから守るために私たちは何をなすべきか、皆さんと一緒に考える素材として、チェルノブイリ原発事故から28年目のウクライナを取材した優れたドキュメンタリー『チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量長期被ばくの現場から』(OurPlanet-TV制作/2014年/43分)を上映するとともに、3.11後、継続的に福島県での健康相談活動を行ってこられた山崎知行医師にお話いただくことになりました。
 是非、事前告知や取材報道にご協力いただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
日時 2015年6月28日(日)14時30分~16時50分(予定)
場所 和歌山ビッグ愛 9FA会議室
     和歌山市手平2丁目1-2
内容
チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量長期被曝の現場から』上映
 DVD解説と福島の現況報告  山崎知行医師
備考 どなたでもご参加いただけます。参加費無料。
本件についてのお問い合わせ先 電話:073-451-5960(松浦)
(引用終わり)
 
 なお、「子どもたちの未来と被ばくを考える会」公式ブログに掲載された案内はこちらです。
 また、上映会チラシはこちらから。
 
(あしたの朝 目がさめたら 弁護士・金原徹雄のブログ2 から)
2012年4月14日(2015年1月22日にブログに再録)
「子どもたちの未来と被ばくを考える会」結成総会と池田こみち氏講演会開催(in和歌山市)