読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

告「Stop!戦争する国づくり 沖縄連帯集会」(6/23和歌山市)~伊波洋一氏を招いて

平和 講演
 今晩(2015年6月15日)配信した「メルマガ金原No.2122」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告「Stop!戦争する国づくり 沖縄連帯集会」(6/23和歌山市)~伊波洋一氏を招いて

 今日の話題は、何と言っても、長谷部恭男氏(早稲田大学教授)と小林節氏(慶應義塾大学名誉教授、弁護士)のお2人が、日本外国特派員協会(12時30分~)と日本記者クラブ(15時00分~)
で記者会見をされたということでしょう。
 双方の会見を視聴してその感想を書いたりする時間的余裕がありませんので、今日のところは、2つの会見の動画とレポート(外国特派員協会についてはBLOGOS、日本記者クラブについては時事ドットコム)にリンクをはっておくだけにとどめます。
 
違憲の安保法制を進める安倍政権は終わらせるべき・長谷部、小林両教授が特派員協会で会見
 
 
小林節 慶応大学名誉教授、長谷部恭男 早稲田大学法学学術院教授 「憲法と安保法制」① 2015.6.15

 
 
 さて、今日はもう1つ、来週6月23日の沖縄慰霊の日和歌山市で行われる集会をご紹介します。
 まず、チラシの文字情報を転記します。
 
チラシから引用開始)
沖縄に心を寄せて
2015年6月23日(火)午後6時30分~8時30分
和歌山県JAビル 2F和(なごみ)ホール
 
午後5時20分頃より、JR和歌山駅前付近で、街宣リレートークをおこないます。
 
Stop!戦争する国づくり
沖縄連帯集会
 
 いま沖縄(辺野古・東村高江)で起こっている事態は、国会で進められている「戦争する国づくり」と一つのものです。
 6月23日は「沖縄慰霊の日」、伊波洋一さんをお招きし、沖縄に心を寄せて「沖縄連帯集会」を開催いたします。平日ではありますが、ぜひお運びください。
 
講演
「沖縄の話をしよう!
国民の願いを踏みにじる安全保障法制」
 
 
 1952年1月、沖縄県宜野湾市生まれ。琉球大学物理学科卒。74年に宜野湾市職員、96年から県議2期7年を経て、普天間飛行場の県内移設に反対して2003年4月から宜野湾市長2期7年半。2010年11月の沖縄県事選挙に立候補し惜敗。座右の銘は「基地のない平和な沖縄」。最近の著作「普天間基地はあなたの隣にある。だから一緒になくしたい。」「対論・普天間基地はなくせる」「沖縄とヤマト」(共に、かもがわ出版)、「終わらない<占領>」(共著、法律文化社)。
 
〔呼びかけ団体〕
和歌山県地方労働組合評議会 ●憲法九条を守るわかやま県民の会 ●安保条約をなくし、平和・民主
主義・生活向上をめざす和歌山県民会議 ●平和・民主・革新の日本をめざす和歌山県の会
事務局/和歌山市湊通り丁南1丁目1-3名城ビル2階(和歌山県地評)TEL/073-436-3520
(引用終わり)
 
 今日、和歌山県地評の杉さんから、23日(火)午後5時20分頃からのリレートークに参加しませんか?というお誘いがあったものの、弁護士会の会議があって難しいかもしれないとお答えしたのですが、6時半から講師を務める伊波洋一さんもリレートークのマイクを持たれるとか。自分も是非一言訴えたいという方がおられたら、事前に杉さんまでご連絡をお願いします。
 また、集会に参加しようと考えておられる方で、少しでも早めに和歌山駅前に行けるという方がおられたら、街頭宣伝のお手伝い、あるいは単なる聴衆でもよいので、是非多くの方が集まることにより、戦争
法案を許さないという世論の高まりを、道行く人に目に見える形でアピールしたいものだと思います。
 私も弁護士会の会議が終わり次第、駆け付けたいと思っています。
 多くの方にこの情報を拡散することにご協力ください。