読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告7/17楠見でもデモ(和歌山市)~地域デモで声を上げ続けよう

 今晩(2015年7月1日)配信した「メルマガ金原No.2138」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告7/17楠見でもデモ(和歌山市)~地域デモで声を上げ続けよう

 今日(7月1日)は、あの憲法違反の閣議決定国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について)からちょうど1年の節目の日。和歌山市では、朝からの強い風雨が収まりきらぬ中、憲法9条を守る和歌山弁護士の会が呼びかける「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」(
第13回)が実施され、100人近い市民が戦争法案の成立は許さないという意思をアピールしました。
 今月(7月)和歌山では、12日(日)に和歌山弁護士会が主催する「憲法違反の『安保法制』に反対する7・12和歌山大集会&パレード」(和歌山城西の丸広場)が予定されている他、先月17日に行われた第2回ふじと台デモ(戦争への道を開かせないデモ行進)に続く地域デモが7月17日(金)に行わ
れます。
 昨年10月31日に実施した第1回に続く2回目の「楠見でもデモ」。呼びかけは、もちろん楠見子連れ9条の会です。
 
 以下に、公式ブログに掲載された開催案内を引用します。
 
(引用開始)
STOP! 戦争法
楠見でもデモ
 
歌いながら歩こう
子どもたちと一緒に
戦争はいやだと叫ぼう
 
2015.7.17(金)
河西診療所組合員ホール集合
17:45集会
*河西診療所への駐車はできません
18:15行進出発
~県道粉河加太線を東へ~善明寺文化会館前にて流れ解散
少雨決行・警報発令時中止
 
仮装・コスプレ・自作プラカ、横断幕・楽器持参大歓迎!
明るく元気に目立つため、
できたら「黄色いもの」を身に着けてきてください♪
 
多くの学者をはじめ、与党推薦の参考人までが指摘しているとおり、
集団的自衛権を行使するための「安全保障法制」は「憲法違反」 です。
国民の安全を保障するどころか、
わざわざ戦争に近づいていくための「戦争法案」です。
 
日本の若者を戦場に送り、
国民をテロの危険にさらし、
軍事費のために教育や福祉の予算が削られる。
日本をそんな国にしたくありません。
 
平和な未来を残せなくなるかもしれない重大な法案を
まともな説明も議論もないまま数の力だけで通されるなんて、
親として、だまってはいられません。
 
70年前、
日本とアジア諸国民に大きな犠牲を強いた戦争の反省から、
日本国憲法は産まれました。
9条に込められた平和への誓いを私たちは受け継ぎます。
「海外で戦争できる国」を子どもたちに押しつけないために、
いっしょに歩きましょう。
 
楠見子連れ9条の会 peacemama_2007@yahoo.co.jp
(引用終わり)
 
 昨年の第1回の模様は、楠見子連れ9条の会の馬場潔子さんが書かれたレポートを私のブログに転載させていただいていますので、是非お読みください。
 
 
 その馬場さんのレポートの末尾の部分を再度引用したいと思います。「声を上げ続けよう」として第2回「楠見でもデモ」が企画されたのですから。
 私たち1人1人が「声を上げ続けよう」。
 
(引用開始)
私たちが目の前の仕事や生活のあれこれに走り回っている間に、この国は着々と「戦争準備」を進めています。そうした動きに無関心でいて、実際に悲しい出来事が起こってしまってから「だまされた!」と言
う大人に、私はなりたくないです。
昔、生協のお母さんたちは「三度のご飯をつくるように、平和のことを考える」と言っていました(三度のご飯を食べるように、だったかも)。考え方はいろいろあるし、人によって知識も様々。だからこそ、当たり前に政治や社会を語り、違う意見を率直に出し合える関係が必要です。母たちにこそ、そういう関
係が大事です。
今の政治に無関心でいることは、DV夫にすべてをゆだねるようなもの。
だまされない黙らない国民が増えなければ。
声を上げ続けようと思います。
(引用終わり)
 
(弁護士・金原徹雄のブログから)
2015年5月17日