読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

“憲法違反の安保法制を許さない!1128集会”&デモに結集を!(11/28和歌山城西の丸広場)

憲法 行事
 今晩(2015年11月12日)配信した「メルマガ金原No.2272」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
憲法違反の安保法制を許さない!1128集会”&デモに結集を!(11/28和歌山城西の丸広場)

 9.19以降も全国で諦めない人々が、憲法違反の安保関連法制を絶対に認めず、最終的に廃止させるための運動を粘り強く続けています。
 私の地元和歌山でも、今月(11月)だけでも、例年以上に様々な取組みが目白押しであることは、このメルマガ(ブログ)でもお伝えしたとおりです(「第12回 憲法フェスタ」(11/3 守ろう9条 紀の川 市民の会)レポートと11月中の和歌山での取組予定のお知らせ/2015年11月8日)。
 そこでも簡単に予告だけしましたが、安保関連法案成立直後に開催した「安保法制(戦争法)廃止を求める9・23和歌山集会」の呼びかけ9団体が再び結集し、11月28日(土)に、「憲法違反の安保法制を許さない!1128集会」を開催することとなり、本日(11月12日)、プレスリリースを発出しましたので、その内容を詳しくお知らせします。もっとも、「詳しく」とはいえ、集会でのリレートークの弁士も多くは「調整中」ですし、アピール行進(デモ)のコースについても、新たな試みである南海和歌山市駅前付近を目指す経路は、なお細かな詰めが必要かもしれません。
 取り急ぎ、本日公表した呼びかけ文を以下に引用します。

呼びかけ文から引用開始)
                                         2015年11月12日
 
                やっぱり違憲!ただちに廃止!
             憲法違反の安保法制を許さない!1128集会”
                             への参加のお願い
 
 圧倒的に多くの国民の反対、あるいは慎重審議を求める声を無視し、9月17日の大混乱の参議院特別委員会での強行採決を経て、同月19日未明、自民・公明両党などの賛成により、安全保障関連2法が成立し、来年3月末までに施行されることになりました。
 しかし、違憲な法案は、成立しても違憲です。私たちは、粘り強く憲法違反の安保法制の廃止を求める運動を継続しなければなりません。
 成立直後の9月23日、和歌山城西の丸広場で「安保法制(戦争法)廃止を求める9・23和歌山集会」を呼びかけた9団体(法案成立にともない名称を変更した団体もあります)が、再び西の丸広場での集会及びその後のアピール行進を企画し、参加を呼びかけます。
 私たちは、日本の民主主義、立憲主義が傷つけられた9.19を決して忘れません。そして、その傷を自らの努力によって回復させることが、私たちの責任だと考えます。そのような考えに共鳴してくださる多くの市民の皆さまのご参加をお待ちしています。
 
       [呼びかけ]
       9条ネットわかやま
       安全保障関連法制の廃止を求める和歌山大学有志の会
       戦争をさせない和歌山委員会
       憲法九条を守るわかやま県民の会
       ワカケン
       平和と憲法を守りたい市民の声
       安保関連法に反対するママの会@わかやま
       WAVEs
       憲法9条を守る和歌山弁護士の会
        (順不同)
 
                            記
【開催概要】
憲法違反の安保法制を許さない!1128集会
 日時 2015年11月28日(土)14時00分~ 
 場所 和歌山城西の丸広場
 内容 リレートークなど(出演者は調整中)   
 
集会終了後のアピール行進
 スタート 14時45分~
 Aコース 南海和歌山市駅前付近を目指すコース(途中、三木町交差点、ぶらくり丁などを通過予定)
 Bコース JR和歌山駅前付近を目指すコース(けやき大通りをまっすぐ行進します)
(注)
 今回は、2コースでのアピール行進の実施を計画しています。どちらでも、ご都合の良いコースにご参加ください。
 雨天決行します(但し、荒天時は中止)。
 なお、順路については、事情により変更となる可能性があります。
 
お問い合わせ・連絡先
 和歌山合同法律事務所(担当:森崎弁護士・芝野弁護士)
  和歌山市十二番丁10番地 本山ビル3階
  電話 073-433-2241
(引用終わり)
 
 9月23日、「安保法制(戦争法)廃止を求める9・23和歌山集会」の模様をメルマガ(ブログ)で伝えるにあたり、私は、「忘れないための第一歩」というタイトルを付けました。
 今度の「1128集会」は、さしずめ「力強く第二歩を」というところでしょうか。
 なお、上記呼びかけ文に付け加える情報を2つばかり。
CIMG4546 集会では、リレートークの他に、地元のアマチュア・シンガーソングライター(時間の都合で1人だけ)に、日頃の思いを乗せて歌ってもらう予定にしています。
 また、今回のアピール行進(デモ)では、新機軸として、いつものJR和歌山駅前行きコースの他に、南海和歌山市駅前行きコースを用意します。当初の構想通りに実現すれば、西の丸広場から和歌山市役所前に渡った後、JR和歌山駅前行きコースに参加した人は、一度も交差点を曲がることなく、ひたすらまっすぐ東を目指すのに対し、南海和歌山市駅前行きコースを選択した人は、4回は進路変更するはずです。しかも、デモ行進では「掟破りの右折」も経験することになるのですが、さてこの構想通りに行進できるか?
(注)写真は、「安保法制(戦争法)廃止を求める9・23和歌山集会」後のデモ行進の一コマです。
 
 最後に、この「1128集会」の日程が紆余曲折した末に11月28日になったため、ずっと前からこの日に講演会を予定していた団体に大変ご迷惑をおかけすることになったたことをお詫びしなければなりません。それは、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟和歌山県本部創立30周年記念講演会(講師は石川康神戸女学院大学教授/内田樹さんとの共著『若者よ、マルクスを読もう』で有名ですね)です。午後1時30分~4時ということで、時間的にも完全にかぶってしまいました。しかも、会場の「ルミエール華月殿」は、けやき大通りに面しており、どちらのコースのデモ隊も、かならずその前を通ることになります。国倍同盟の皆さんには、「ご盛会をお祈りします」と言うしかありません。
 

(忘れないために)
 「自由と平和のための京大有志の会」による「あしたのための声明書」(2015年9月19日)を、「忘れないために」しばらくメルマガ(ブログ)の末尾に掲載することにしました。
 
(引用開始)
  あしたのための声明書
 
わたしたちは、忘れない。
人びとの声に耳をふさぎ、まともに答弁もせず法案を通した首相の厚顔を。
戦争に行きたくないと叫ぶ若者を「利己的」と罵った議員の無恥を。
強行採決も連休を過ぎれば忘れると言い放った官房長官の傲慢を。
 
わたしたちは、忘れない。
マスコミを懲らしめる、と恫喝した議員の思い上がりを。
権力に媚び、おもねるだけの報道人と言論人の醜さを。
居眠りに耽る議員たちの弛緩を。
 
わたしたちは、忘れない。
声を上げた若者たちの美しさを。
街頭に立ったお年寄りたちの威厳を。
内部からの告発に踏み切った人びとの勇気を。
 
わたしたちは、忘れない。
戦争の体験者が学生のデモに加わっていた姿を。
路上で、職場で、田んぼで、プラカードを掲げた人びとの決意を。
聞き届けられない声を、それでも上げつづけてきた人びとの苦しく切ない歴史を。
 
きょうは、はじまりの日。
憲法を貶めた法律を葬り去る作業のはじまり。
賛成票を投じたツケを議員たちが苦々しく噛みしめる日々のはじまり。
人の生命を軽んじ、人の尊厳を踏みにじる独裁政治の終わりのはじまり。
自由と平和への願いをさらに深く、さらに広く共有するための、あらゆる試みのはじまり。
 
わたしたちは、忘れない、あきらめない、屈しない。
 
     自由と平和のための京大有志の会
(引用終わり)