読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

参院選統一候補擁立、原発ゼロ、憲法~みんな大事だ やり抜こう 和歌山!

 今晩(2016年1月14日)配信した「メルマガ金原No.2335」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
参院選統一候補擁立、原発ゼロ、憲法~みんな大事だ やり抜こう 和歌山!

 私の「メルマガ金原」をBCCでお送りしている読者の中には、和歌山県外にお住まいの方も多く、和歌山県限定の行事案内を配信する際には申し訳ない気持ちもありながら、それでも必要と考えて書いています。
 私のメルマガは、その日のうちに「弁護士・金原徹雄のブログ」「wakaben6888のブログ」に転載していますが、正直なもので、全国ネタを取り上げた記事に比べ、和歌山ネタの記事の場合には、てきめんにアクセス数が減少します。まあ、それは仕方がないですよね。
 こういうマクラからお分かりのことと思いますが、今日は和歌山の複数の行事案内、しかも、内容はまだ固まりきっていなかったり、何とか実現にこぎつけられるめどがついたばかりというようなものまであります。
 一つには、今晩は2つの会議の掛け持ちで帰宅が遅くなり、これからメルマガ(ブログ)に書く材料探しから始めているような時間はないということもあり、とりあえず今週私が出席した3つの会議で決定(内定を含む)した企画の内、少なくとも、日程と企画名称が決まっているものを3つ取り上げてご紹介し、今から日程を予定していただこうという腹づもりなのです。
 ということで、本文を書き出す前に、メルマガ(ブログ)のタイトルをまず考えました。
  参院選統一候補擁立、原発ゼロ、憲法~みんな大事だ やり抜こう 和歌山!
 
【企画1~参院選統一候補擁立】
2016年1月30日(土)午後2時~3時30分(予定)
和歌山県勤労福祉会館プラザホープ 2階多目的室(和歌山市北出島1丁目5-47)
~野党統一候補の擁立をめざして~
安保法制の廃止を求める和歌山の会(仮称)
第1回 賛同団体・賛同者の集い
 
 先月(2015年12月)24日に記者会見を行い、参院選和歌山選挙区に統一候補を擁立するよう県内野党各党に申し入れた市民有志のグループ「安保法制の廃止を求める和歌山の会(仮称)」が、第1回の「賛同団体・賛同者の集い」を上記日程で開催します。
 具体的な内容はこれから詰めていきますが、今のところ、①経過報告、②賛同団体・賛同者のリレートーク、③今後の活動方針(具体的には候補者検討会議の設置等)などを考えています。
 参院選勝利のために是が非でも野党統一候補の擁立が必要だと考え、自らもそのために行動したいと考えておられる賛同団体・賛同者の皆さまにお集まりいただきたいと思います。また、1月30日までに賛同の意思表示をしていなくても、賛同予定、あるいは検討中でも結構です。是非多くの方に、情報と思いを共有し、市民の力を結集していただきたいと念願しています。
 なお、これまで賛同団体のみ募集していましたが(「ご賛同のお願い」参照)、先日の会議において、今後は個人賛同者も募ることになりました。意思表示していただく方式、書式等は現在検討中です。
 
(連絡先)
 あすか綜合法律事務所
和歌山市六番丁24 ニッセイ和歌山ビル11階
 TEL:073-433-3980 FAX:073-433-3981

(参考・私のブログから)
2015年12月24日
「安保法制の廃止を求める和歌山の会(仮称)」が野党統一候補の擁立を目指して走り出しました

2015年12月29日
【安保法制の廃止を求める和歌山の会(仮称)暫定ニュース第1号 2015年12月29日】 
 
【企画2~原発ゼロ】
2016年3月13日(日)午前10時~午後3時
和歌山城西の丸広場
フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2016
主催 実行委員会
 
 3月11日に近接した休日に和歌山城西の丸広場で開催してきた「フクシマを忘れない!」原発ゼロ・イベントも、今年で4回目の開催となります。福島第一原発事故の風化が懸念される中、関西電力高浜原発3号機、4号機が再稼働されようとしています。
 原発の稼働を許さないという多くの市民の声を、あらためて西の丸広場に結集しましょう。
 プログラムの詳細はこれから詰めていかなければなりませんが、大枠は以下のとおりです(変更の可能性あり)。
 
10:00~10:40 全体集会
 ゲスト:吉沢正巳さん(希望の牧場・ふくしま代表、浪江町在住)
11:00~12:00 アピールパレード(原発さよなら行進)
 例年通り、三年坂を下って関西電力和歌山支店前を通過するルートを予定しています。12:00~15:00 ブース企画
13:00~14:30 ステージ企画
14:30~15:00 フィナーレ   
 
 今年の注目ポイントその1は、「被ばく牛300頭とともに原発を乗り越える世の中をまざす」「非営利一般社団法人 希望の牧場・ふくしま」代表の吉沢正己さんによるスピーチ。
 注目ポイントその2は、例年よりも出演バンド数を絞ったステージ企画において、3.11直後の4月24日にYouTubeにアップされ、累計アクセス数が50万アクセスを突破しているあの名曲『東電に入ろう(倒電に廃炉)』(高田渡自衛隊に入ろう』の替え歌)が、オリジナルグループの歌声によって聴ける!(かもしれない)ことでしょう。
 「かもしれない」というのは、とりあえず控えめに言っているだけで、実行委員である私からの出演要請に、ヒポポ大王自ら「了解しました」という返事をくださっているので、まあ大丈夫でしょう。ヒポポフォークゲリラのメンバーのうち、何人が来られるかは未定ですし、そもそも演奏時間や曲目も全く決まっていないので、必ず『東電に入ろう』が演奏されるとは保障しかねますが、もしも希望が多ければ、私からヒポポ大王にお願いしてみます。
 なお、プログラムの詳細が決まり次第、詳報をお伝えします。
 
(参考・私のブログから)
2013年3月12日(2015年2月14日ブログに再録)
「福島を忘れない!原発ゼロ 和歌山3・10フェスティバル」写真集 
※2013年(第1回)の写真レポート
2014年3月22日
「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山3.9アクション」を開催しました
※同年3月9日開催の第2回の詳細レポートです。
2015年2月12日
第一報「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2015」(3/8和歌山城西の丸広場)に集いましょう!
2015年2月18日
第二報「フクシマを忘れない!原発ゼロへ 和歌山アクション2015」(3/8和歌山城西の丸広場)いよいよ内容確定
2015年9月4日
音楽の力を信じたい~(再配信)今さらながらの替え歌『東電に入ろう(倒電に廃炉)』のご紹介
 
【企画3~憲法
2015年5月3日(火・祝)時間未定
和歌山城西の丸広場
HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016
主催 実行委員会(多分そうなるでしょう)
 
 一昨年、昨年に引き続き「今年もやりたい」とみんな思っているけれど、「本当に出来るのか?」という一抹の不安(主として経済的な要因で)をぬぐえなかった今年の“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama”ですが、「決定」とはさすがに断言できませんが、「ほぼ決定」と言ってよいと思います。
 ただし、「ほぼ決定」したのが今晩のことなので、内容を詰めるのはこれからです。
 ただし、私のブログでもご紹介しましたが、昨年、右翼の街宣車を圧倒した粉河高校軽音楽部だけではなく、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた後初めての国政選挙となる参院選が夏に控えていることでもあり、他校の高校生にも出演してもらえるように働きかけようということになりました。これが実現すれば、参加者の平均年齢を相当引き下げる効果が期待できますしね。
 他にも、若い人たちに企画への協力を呼びかけることなども話し合われています。
 そうそう、第1回から大好評を博している和歌山名物の「餅蒔き」も必ずやります。
 とりあえず第一報はこれ位ですね。
 プログラムが固まり次第、こちらも詳報をあらためてお届けします。
 
(参考・私のブログから)
2014年4月11日
5月3日は“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama”に集いましょう(和歌山城西の丸広場)
2014年5月3日
憲法記念日に届いた“西谷文和さん”と“はちようび”からのメッセージ(和歌山城西の丸広場にて)
2015年5月3日
右翼の街宣車を圧倒した高校生たちの演奏の力~“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015”から
2015年5月12日
写真レポートで振り返る“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015”
  
 どうでしょう。「参院選統一候補擁立、原発ゼロ、憲法~みんな大事だ やり抜こう 和歌山!」というタイトルに偽りはないと思っていただけたでしょうか。
 以上の3つは、たまたま私自身が会員や実行委員として、その企画に直接関わっているものだけをピックアップしたものであり(実は他にもあるのですが)、他にも様々な企画や行動が予定されています。
 状況はまことに厳しいことは承知の上で、それでも和歌山は元気です。
 皆さん、一緒に頑張りましょう!
 

(付録)
東電に入ろう(倒電に廃炉)』(高田渡自衛隊に入ろう』の替え歌)
作詞:不詳 演奏:不詳(ただし、リードボーカルはヒポポ大王としか思えない)