読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

開催予告1/30「安保法制の廃止を求める和歌山の会 第1回 賛同団体・賛同者の集い」

政治 行事
 今晩(2016年1月23日)配信した「メルマガ金原No.2344」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
開催予告1/30「安保法制の廃止を求める和歌山の会 第1回 賛同団体・賛同者の集い」

CIMG4922 年の瀬も押し迫った昨年12月24日、和歌山県庁内の県政記者室において、「安保法制の廃止を求め
る和歌山の会(仮称)」が記者会見を開き(写真参照)、2016年7月の参議院選挙和歌山選挙区に、
 ① 先の国会で成立した安全保障関連法の廃止 
 ② 集団的自衛権の行使を容認した閣議決定の撤回                
 ③ 日本の政治に立憲主義と民主主義を取り戻すこと
を確約し、その実行を期待できる統一候補を擁立すること、そのために、野党各党とこの呼びかけに賛同する団体による合同会議を早急に開催することを県内各野党に要請することを公表しました(「安保法制の廃止を求める和歌山の会(仮称)」が野党統一候補の擁立を目指して走り出
しました/2015年12月24日)。
 その後の動きについては、私が書いた以下のブログなどをご参照ください(あまり、たいしたことは書いていませんが)。
 
2015年12月29日(あしたの朝 目がさめたら)
【安保法制の廃止を求める和歌山の会(仮称)暫定ニュース第1号 2015年12月29日】
2016年1月15日(弁護士・金原徹雄のブログ)
日本共産党和歌山県委員会「新春のつどい」で話したこと
 
 上記暫定ニュース第1号にも書いたとおり、記者会見の後、12月28日までに、民主党和歌山県総支部連合会)、日本共産党和歌山県委員会)、社民党和歌山県連合)、維新の党(和歌山県総支部)の野党4党に、上記の要請を正式に行いました。なお、おおさか維新の会に所属する地方議会議員は和歌山にもいますが、同会に申し入れをしなかった理由はご説明する必要もないでしょう。
 
 なお、年明けからの県内の動きとしては、「戦争する国づくりストップ!田辺・西牟婁住民の会」が、同会独自に、県内各野党に対して統一候補を擁立するよう要請したと聞いています。
 
 さて、進捗状況はどうなんだ?ということが気になる方も多いと思いますが、正直、公表できるほどの材料はありません。一般論として、候補者擁立(調整)というデリケートな問題の性質上、水面下の動きを一々オープンにする訳にはいかないということももちろんありますし。
 とはいえ、残された時間も非常に限られていることから、安保法制の廃止を求める県民が一致して応援できる統一候補を擁立しなければならないという気運をさらに高め、今後の取組を加速するため、以下の日程で「賛同団体・賛同者の集い」を開催することになりました。
 
安保法制の廃止を求める和歌山の会 第1回 賛同団体・賛同者の集い
 日時 2016年1月30日(土)午後2時00分~3時30分(予定)
 場所 和歌山県勤労福祉会館プラザホープ 2階多目的室
 連絡先 あすか綜合法律事務所
        和歌山市六番丁24 ニッセイ和歌山ビル11階
        TEL:073-433-3980 FAX:073-433-3981
 
 既に賛同の意向を表明してくださった団体は30を超え、また、今年に入ってから、団体のみならず、個人賛同者も募ることになりましたが、上記集いには、賛同予定あるいは検討中の団体・個人の方にも是非ご参加いただきたいと思っています。
 式次第というほどかっちりしたものが決まっている訳ではなく、まだ調整中の部分もあるのですが、確
実なところでは、
 主催者挨拶 豊田泰史氏(「安保法制の廃止を求める和歌山の会」共同代表、弁護士)
 経過報告 由良登信氏(弁護士)
 リレートーク 賛同団体・賛同者(含予定)から
 今後の活動方針について
などが予定されています。
 このうち活動方針については、候補者検討会議の設置などが提案される見通しです。 
 
 いよいよ時間との闘いとなってきましたが、安保法制の廃止が何故必要か、そのために参院選の投票に参加し、与党にNOを突き付けることがいかに重要かを訴える努力と並行して、安保法制廃止のための統一候補擁立の実現を目指して最後まで努力を傾けなければと思います。ご賛同、ご支援をよろしくお願いします。
 
 

(付録)
『Don't mind (どんまい)』 
作詞・作曲:ヒポポ大王 演奏:ポポフォークゲリラ