読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

石埼学龍谷大学法科大学院教授の講演をレジュメから振り返る~4/2「守ろう9条 紀の川 市民の会」第12回総会から

 今晩(2016年4月2日)配信した「メルマガ金原No.2414」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
石埼学龍谷大学法科大学院教授の講演をレジュメから振り返る~4/2「守ろう9条 紀の川 市民の会」第12回総会から

 好天に恵まれた今日(4月2日)、和歌山城をはじめとする桜の名所はさぞ花見客で賑わっているだろうと想像しつつ(そういえば、私も会員になっている「和歌山うたごえ九条の会」から花見の会の案内が届いていたけれど、今日だったかな?)、それでも憲法を取り巻く状況を学ぼうという熱心な人々が和歌山市市小路(いちしょうじ)の河北コミュニティセンター(2階多目的ホール)に集まりました。
 今日は、紀の川北岸に居住する和歌山市民で構成する「守ろう9条 紀の川 市民の会」(原通範代表/会員数約600名)の第12回総会が開かれ、龍谷大学法科大学院の石埼学(いしざきまなぶ)教授(憲法学)が、「戦争法は廃止、憲法9条が輝く日本を取り戻そう~今、私たちにできること~」と題した記念講演をされたのです。
 私のメルマガ(ブログ)でも事前告知したとおりです(石埼学(いしざきまなぶ)龍谷大学法科大学院教授(憲法学)講演会へのお誘い~4/2「守ろう9条 紀の川 市民の会」@和歌山市/2016年2月10日)。

CIMG5513 最後に少し質疑応答の時間を入れてトータル90分の 石埼教授の講演は、龍谷大学での「講義」もかくやという盛り沢山な内容でした。
 5ページ(各頁45行)に及ぶレジュメを全部書き写す訳にもいきませんので、ここでは講演全体の構成を知っていただくために、各項目の見出しを転記するとともに(一部内容も引用)、4箇所に挿入された【設問】をご紹介します。皆さんも回答に挑戦してみてください(正解のない設問もあります)。
 
(石埼学教授のレジュメから抜粋引用開始)
はじめに
1 なぜ憲法9条か。
2 安倍内閣と憲法-これまでとこれから-
・安保関連法の制定(2015年9月)
憲法53条の無視(2015年10月)
改憲への意欲
 
【設問】あなたが平和憲法を大切だと考える理由は以下のどれですか。
 ① 「戦争の惨禍」を二度と繰り返したくないから。
 ② 構造的暴力のない世界を実現したいから。
 ③ 平和憲法の下で生まれ育ち、その日本社会がマシな社会だから。
 ④ 他の憲法よりも良いから。
 ⑤ その他
 
一 憲法9条と現代の戦争
1 憲法9条の規範内容
2 国連憲章武力行使禁止原則
 国連憲章2条4項 すべて加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない・
・「戦争」という概念は使用されていない。
・例外として検証51条の「自衛権」の行使等が許される。
国際法上の自衛権行使の要件(国連憲章51条)】
 
【設問】自衛権についての以下の記述の中から正しいものを一つ選択しなさい。
① 他国による自国への武力行使に対して自国の主権を守るために自衛権を行使することは国際法上認められている。
② 他国による自国への武力攻撃に対して自国の主権を守るためになす武力行使自衛権の行使として国際法上認められている。
③ 自衛権の行使のために武力行使をすることは憲法上許されるとした判例がある。
 
3 総力戦、核戦争、空爆、パリチザン戦、対テロ戦争の時代に。
 
二 安保関連法批判
1 何が変わったのか

1)従来の政府見解は、武力行使の禁止を前提としつつ、例外として個別的自衛権の行使としての武力行使憲法上禁止されていないというものであった。
・従前/我が国に対する武力攻撃が存在する(自衛隊法76条1項1号)場合のみ武力行使が許された。
・安保関連法/存立危機事態における集団的自衛権の行使としての武力行使も容認された(改正武力攻撃事態法2条4号、自衛隊法76条1項2号)。
2)他国の武力行使と一体化しない「後方地域支援」という政府の立場の変容。
3)海外での自衛隊の「武器使用」は、正当防衛・緊急避難および限定的・受動的なもの(自衛隊の武器の防護・自衛隊法95条)
安保関連法/他国軍隊の武器の防護(自衛隊法95条の2)、PKO活動における「駆け付け警護」(PKO協力法3条5号ト・ラ)、任務遂行のための「武器使用」(PKO協力法26条、自衛隊法94条の5)等が法律上認められた。
 
【設問】安保関連法に関する以下の記述の中から正しいものを一つ選択しなさい。
① 重要影響事態法等で外国軍隊への提供が認められている弾薬とは兵員が通常携行する程度のものであり、ミサイルは含まれない。
② 重要影響事態法等では、自衛隊が後方支援等をしている現場が「現に戦闘行為が行われている現場」となった場合には、自衛隊は一切の活動を停止する。
③ 改正武力攻撃事態法の定める存立危機事態において集団的自衛権が行使された例は歴史上存在しない。
 
2 安保関連法が「戦争法」といわれる所以
1)我が国に対する武力攻撃の不存在にもかかわらず、自衛隊武力行使をできる(憲法9条1項違反)
2)後方支援、協力支援活動等が他国軍の武力行使と一体化しており、従前の政府見解と同じ立場に立っても、武力行使に該当する)憲法9条1項違反)。
3)安保関連法に基づいて自衛隊が海外に「派兵」された場合、武器の防護対象である他国軍隊や自衛隊そのものが攻撃対象となり、それへの自衛隊の対応措置(武器の使用)が武力行使に該当する(憲法9条1項違反)。
4)そもそも、自衛隊が「(個別的)自衛のための必要最小限の実力」(政府見解)ではなくなっており、従前の政府見解と同じ立場に立っても憲法9条2項に違反する存在となった。
 
三 改憲をめざす安倍内閣
1 憲法9条改正
2 緊急事態条項の新設
1)緊急事態条項とは
① 定義
② 緊急事態条項の危険性
③ 理論的な困難
2)自民党改憲案の緊急事態条項
・安保関連法(特に武力攻撃事態に基づく自衛権の行使、重要影響事態法に基づく後方支援等、国民保護法)を実施するには、憲法に緊急事態条項が必要である。
→国民の協力の義務化(憲法18条)、報道機関の統制(憲法21条)、令状抜きの逮捕・捜索(憲法35条・35条)、内閣への立法権も含む権限の一時的集中(憲法41条)。
→仮に安倍首相が「お試し改憲」と主観的に考えているのだとしても、客観的には、安保関連法を実際に効果的に運用するために不可欠の規定。
→安保関連法そのものが、緊急事態法制なのである。ただ日本国憲法の上記の規定等があるため、不十分な。
【既存の「緊急事態」法制】
大日本帝国憲法の緊急事態条項】
3)日本国憲法と緊急事態条項
 
四 今、私たちにできること―行動すること
憲法9条を世界へ発信(例「憲法9条ノーベル平和賞を」運動への署名・協力、諸言語への翻訳)
・請願権(憲法16条)の行使(例 安保関連法の廃止を求める2000万人署名運動への署名・協力)
・地域での地道な活動(「9条の会」運動は、その成功例)。
・安保関連法の廃止を目指す政党・議員等への投票、そうではない政党・議員等との対話
・etc
 
【設問】安保関連法の廃止・平和憲法護持のためにあなたにできる行動を考えなさい。
(引用終わり)
 
 どうでしょうか。今日の講演を聴講できなかった方にも、その全体像がおおよそご理解いただけたでしょうか?
 今日の講演のタイトル「戦争法は廃止、憲法9条が輝く日本を取り戻そう~今、私たちにできること~」は、主催者から提案し、石埼先生にご了解いただいたものですが、そのテーマに沿いながら、現時点の状況を踏まえ、限られた時間の中で盛り込むべき内容を吟味されたことが窺えます。
 総会終了後、「守ろう9条 紀の川 市民の会」役員数名が石埼先生を囲んで懇親会を開いて様々なお話を伺った中に、石埼先生が「憲法9条ノーベル平和賞を」という運動に積極的に関与され、当初から推薦人になっておられることや、2014年秋の「紀の川 市民の会・憲法フェスタ」で講演された清水雅彦先生(日本体育大学教授・憲法学)が、石埼先生の明治大学雄辯部の先輩にあたるというような興味深い話題があった他に、今日の講演の内容を大学で学生に伝えるとすれば、この3倍の時間をかけることができるし、それが大学教育の優れた点であると話されたのが印象的でした(私の要約に問題があれば申し訳ありませんが)。
CIMG5510 講演終了後、聴講した知人から、「とても充実した講演で素晴らしかったが、やはり難しかった」という感想を聞いたりして、私自身、「そうだろうな」と思いました。それは、上記レジュメの抜き書きを一読していただければ分かると思いますが、今日の講演は、憲法9条の基本的な解釈を国連憲章との関連を踏まえて解説し、正規軍同士が宣戦布告して戦うという時代がとうに過ぎ去っていることに注意を喚起した上で、安保関連法で何が変わり、そのどこが憲法に違反するかを説明し、その上で、今安部政権が進めようとしている危険極まりない明文改憲=緊急事態条項の本質を解き明かし、最後に私たちが何をなすべきかに説き及んで締めくくるという盛り沢山なものであり、2016年4月2日に行われる講演としては「フルコース」ですから、講演の内容にすべて付いて行くためにはかなりの努力(とある程度の予備知識)が必要だったかもしれないと思います。
 しかしながら、お話自体は「分かりやすく」ということを心がけておられましたし、レジュメも後で読み返すことも想定して詳しく書かれていますから、「難しい」と思った人も、講演を思い出しながら「復習」すれば、しっかりとした理解に到達できる講演であったと思います。
 
 なお、最後に少し補足しておくと、今日の講演は、憲法9条を大事なものとして活かしていきたいと願う人々が集う地域「9条の会」での講演ですから、当然のことながら、石埼先生も、ご自身の政治的見解を明示することを躊躇されませんでしたが、大学において、学生を対象に講義する場合には、決して自らの政治的見解を押し付けるようなことはしないという信条を固く守っておられます。
 そのことは、昨年5月28日に龍谷大学での日本国憲法の講義がIWJ京都によって中継された際に、講義を実質的に始めるにあたって、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』における見解を引用する形で明快に学生に説明しています。

 IWJ中継の6分~の部分ですから、是非視聴していただければと思います。
 
2015/05/28 【京都】龍谷大学石埼学教授 日本国憲法講義 ―平和主義と安保法制(動画)

 最後に、石埼学先生に関する話題をあと2つご紹介します。
 
その1 懇親会でうかがったことですが、今年の憲法記念日(5月3日)、石埼先生は、三重憲法会議の招きにより、津市で講演されるそうなのですが、同じ日、名古屋市においては、愛知憲法会議の主催により、青井未帆さん(学習院大学法科大学院教授・憲法学)の講演会が開かれることになっており、「みんな名古屋に行ってしまいますよ」という弱気の発言(?)がありました。帰宅した後調べてみると、当日の名古屋の集会は、青井未帆さんの講演とナターシャ・グジーさんのコンサートの豪華2本立になっており、たしかにこれは強敵だ!津市の皆さん、地元で行われる石埼学先生の講演に是非行ってください。内容は私たちが保証しますから。
 
その2 今日の総会の司会を担当された馬場潔子さんから、石埼先生が10年前に大月書店から出版された著書のタイトルが『デモクラシー検定―民主主義ってなんだっけ?』というものであり、SEALDsの『民主主義って何だ?』を10年先取りしていたという紹介がありました。そして、懇親会でうかがったところでは、大月書店からは、昨年『民主主義ってこれだ!』というSEALDsの本が出ていますが、10年前の石埼先生の本と同じ編集者だとか。馬場さん、鋭い!
 そういえば、9年の間隔を置いて、2冊の本のタイトルが問答になっていますね(直接には、河出書房新社から出た『民主主義って何だ?』(高橋源一郎、SEALDs)を意識したタイトルなのでしょうが)。



(追記)
 今日の総会、第1部の石埼先生記念講演の後、第2部総会議事が行われたのですが、ご参考までに、その総会議案書をPDFにしてご紹介します。自分も運営委員の1人であり、その一部(【私たちを取り巻く情勢】5~7頁)を分担執筆した身で言うのも何ですが、地域9条の会としては、非常に充実した活動をしているのではないかと思います。
CIMG5515













 
 

(付録)
『世界』 作詞・作曲:ヒポポ田 演奏:ヒポポフォークゲリラ