読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。 由良登信(ゆら・たかのぶ)弁護士の“復活”~予告7/31緊急勉強会・自民党「憲法改正草案」を斬る!

憲法 講演
 今晩(2016年7月16日)配信した「メルマガ金原No.2509」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
由良登信(ゆら・たかのぶ)弁護士の“復活”~予告7/31緊急勉強会・自民党憲法改正草案」を斬る!

 「九条の会・わかやま」事務局の柏原卓さん(和歌山大学名誉教授)は、創立以来、同会ホームページの管理人をずっと続けておられます。
 ホームページの記録によれば、「since 2005年10月30日」となっており、10年9ヶ月更新続行中です。
 中でも特筆すべきは、憲法や平和を守る運動に取り組む和歌山県下の諸団体によって実施予定の企画が、同会ホームページ「県内の取り組み」コーナーに随時掲載され、私を含む多くの県民にとって、実に頼りになる情報センターとしての役割をはたしてくださっているということです。
 
 今日も、「九条の会・わかやま」ホームページの「県内の取り組み」に掲載された情報により、私も知らなかった「緊急勉強会」の開催を知りましたので、私のメルマガ(ブログ)でもご紹介することとしました(この原稿の下書きを書き上げて帰宅してみたら、私のところにも主催者からメールでチラシのPDFファイルが届いていましたが)。
 
 この「緊急勉強会」のタイトル「自民党憲法改正草案」を 斬る!」自体には別に驚きませんでした。何しろ、私自身、参院選直前の6月15日に「自民党改憲案を斬る~いま主権者がなすべきこと~」という似たような演題で学習会の講師を務めていますしね(自民党「日本国憲法改正草案」批判レジュメ~2016年参院選直前ヴァージョン/2016年6月15日)。
 衆議院についで参議院でも、改憲勢力が議席の2/3以上を確保したという情勢を踏まえれば、あらためて自民党改憲案の「非立憲」ぶりを確認する緊急勉強会が開かれてもおかしくありません。

 けれども、私が驚いたのはその勉強会の講師です。何と、つい6日前まで参議院議員選挙和歌山県選挙区の事実上の野党統一候補であった由良登信(ゆら・たかのぶ)弁護士その人なのですから。
 もちろん、由良弁護士は、和歌山県下で行われる憲法学習会の講師を一番たくさん引き受けてきた弁護士であるばかりでなく、憲法学習会の講師を頼まれた他の弁護士に最新の資料を提供したり、憲法学習会講師養成講座の講師を務めるなど、この分野の第一人者ですし、自民党改憲案批判など、過去何回講演しているか分からないほどでしょう。
 けれども、あの熾烈な選挙戦が終わったばかりですからね。少しは休養するのかと思っていましたが、早速、新しい勉強会の講師を引き受けたことを知り、呆れるやら感心するやら。
 まずは、「九条の会・わかやま」ホームページに掲載されたチラシ文字データを引用します。

(引用開始)
緊急勉強会
自民党憲法改正草案」を 斬る!
 
2016年7月31日(日) 13:30~開場 / 14:00~開演
新橘ビル8階(和歌山市美園町5丁目1番地2)
 
講師 由良 登信
(元和歌山弁護士会会長、元日本弁護士連合会常務理事、元日本弁護士連合会消費者問題対策委員会副委員長、消費者ネットワークわかやま代表、反貧困ネットワー クわかやま代表、働くもののいのちと健康を守る和歌山県センター副理事長など。)
 
入場無料
 
参議院選挙では憲法について殆ど触れなかった自民党。安倍首相は、選挙が終わった途端、憲法「改正」の発言を声高にいいはじめています。しかも、自民党憲法改正草案をベースにしてとまで言っています。戦争法や立憲主義の学習と同時に、「自民党改憲草案」が何をねらっているのか。改めて学習し、安倍政権の危険性を明らかにします
 
主催:憲法9条を守る和歌山市共同センター(略称:市9条センター)
連絡先:和歌山市湊通り丁南 1 丁目3-1 和歌山地区労内 Tel 073-436-3578
(引用終わり)
 
 そう言えば、7月10日の夜、由良さんがメディアの前で敗戦の弁を述べた後、事務所の前に集まった(事務所が狭くて中に入れなかった)多くの市民、支援者にお礼の挨拶をしている様子を眺めながら、私は、かたわらに居た由良さんの事務所(法律事務所の方です)の事務局長に、「いつから平常業務復帰ですか?」と尋ねたところ、「明日からですかね」と答えていたことを思い出しました。 
 また、同夜、選挙事務所での3分程度のスピーチを終えた後、由良さんは、記者からの質問に答えたのですが、どこの社の記者からだったか、今後の具体的な活動は?という質問に対し、憲法問題については、従来から行ってきた活動(講師活動は当然これに含まれます)を継続するとともに、各地で提訴されている安保法制違憲訴訟が和歌山でも提訴されることになれば、自分も必ず加わりたいという決意表明をされていました。
 それに、しばらくの間、実務は副委員長に委ねざるを得なかったと思いますが、由良さんは和歌山弁護士会の現役の憲法委員会委員長ですしね。こちらの方でもやる気満々でしょう。
 ということで、今日は由良登信弁護士“復活”をお知らせするとともに、緊急勉強会への参加をお勧めすべくご紹介しました。
 なお、付言すると、7月31日(日)は、「2016平和のための戦争展わかやま」(於:和歌山勤労福祉会館プラザホープ)の2日目ですが、同展は12時30分で終了するので、由良弁護士による緊急勉強会とはバッティングしません(予告7/30&31「2016平和のための戦争展わかやま」~半田滋さんの講演(7/30)もあります/2016年7月12日)。
 
(参考動画)
 参議院議員選挙への立候補により、「ゆら登信(たかのぶ)候補」としての演説動画がいっぱいYouTubeにアップされましたが、今度の「由良登信弁護士」による講演動画も是非撮影アップして欲しいですね。小谷さんに頼んでみようかな。
 なお、本文でもご紹介した7月10日選挙事務所での由良さんの挨拶(スピーチ)動画をご紹介しておきます。
ゆら登信開票後挨拶(3分17秒)

 

(付録)
『Don't mind (どんまい)』 
作詞・作曲:ヒポポ大王 演奏:ヒポポフォークゲリラ
 

市9条センター由良講演会