読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

あれから1年、9月19日の過ごし方~和歌山では午前10時に和歌山城西の丸広場に結集を!

政治 行事
 今晩(2016年9月8日)配信した「メルマガ金原No.2563」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
あれから1年、9月19日の過ごし方~和歌山では午前10時に和歌山城西の丸広場に結集を!

 まもなく、あれから1年が経とうとしています。今年の9月19日を、全国各地の皆さんはどういう風に迎えられるのでしょうか?
 ・・・と書き出せば、当然、「和歌山ではこのような企画を用意しており、私も参加予定です」と続くことが期待されると思いますし、実際、そうしようとは思っているのですが、あまり書くことがないのですよね。
 ただ、今のところ、うちうちのMLに何人かが見るに見かねて(?)書き込んだり呼びかけたりしているだけで、実際の中身がどうなるのか、はたして何人参加できるのかさっぱり分からない状況で、私もメルマガ(ブログ)で呼びかけるのは躊躇していたのですが(開催できずに中止となっても困る)、「もう待っている時間はない」と判断し、とにかく「9月19日の午前10時、和歌山城西の丸広場に集まれる人は集まってください!」と呼びかけることにしました。
 
 まだ、公式チラシも出来ておらず(最後までないかもしれません)、一部の団体が「部内用」に作った暫定チラシしかないのですが(それも一部修正の必要が指摘されています)、今にいたってもそれしか紹介できる材料がないので、その文字情報を転記させてもらいます。
 
採決強行から1年
違憲立法・安全保障法制(戦争法) ただちに廃止!
和歌山アピール行動
日時 2016年9月19日(祝・月)午前10時~正午
場所 和歌山城 西の丸広場
内容(検討中)
・呼びかけ団体によるスピーチ他
・アピール行進
呼びかけ団体(予定・順不同)
 9条ネットわかやま
 安全保障関連法制の廃止を求める和歌山大学有志の会
 戦争をさせない和歌山委員会
 ワカケン
 平和と憲法を守りたい市民の声
 安保関連法に反対するママの会@わかやま
 憲法9条を守る和歌山弁護士の会
 憲法九条を守るわかやま県民の会
 
 呼びかけ団体(予定)をご覧いただければ分かると思いますが、昨年の9月23日に「安保法制(戦争法)廃止を求める9・23和歌山集会」を呼びかけた9団体の枠組(今回は誰も参加できないということで名前を出すことを遠慮したところもありますが)で開催を目指すものです。
 けれども、もともと、9団体の緩やかなネットワークで始まった枠組みであり、実行委員会形式にして事務局を設けるというようなこともしていませんでしたから、「9月19日をどうする?」ということも、ごく一部の個人が問題意識を持って提案し、ようやく「そうだ、やらなければ」と目が覚めたという状況でしょう。
 しかも、三連休の最終日という日程と、声をかけ始めた時期が遅かったこともあり、既に他の用事が入ってしまっている人も少なくないようです。
 ということで、はなはだぱっとしないお知らせで、私が書くのをためらっていた理由もご理解いただけることと思います。
 けれども、「やらないわけにはいかない」ということについては、大方のご賛同が得られるものと思いますので、何とか時間の都合のつく方は、9月19日(月・祝)午前10時に西の丸広場で会いましょう!

CIMG4554 誰がスピーチするのか、何時にアピール行進に出発するのか、デモコースはどうするのか、私の知る限
り、多分何も決まっていません。
 そういうことも含めて、とにかく「10時に西の丸広場にお越し下さい」と言うしかありません。
 もちろん、集まる理由は、憲法違反の安保関連法は絶対に認めず、廃止に追い込むという私たちの決意を、目に見える形で社会にアピールすることに尽きます。
 参院選とその後の一種の選挙疲れのために、「9月19日をどうするか」という検討が出遅れてしまったことは否めません。これは今後の教訓ですね。

 最後に、このメルマガ(ブログ)を目にした和歌山の人々にもう一度訴えたいと思います。既に他の用事が入ってしまっていれば仕方がありませんが、今からでも日程調整が可能な方は、是非とも9月19日は西の丸広場に集ってください。よろしくお願いします。
※上に掲載した写真は、昨年9月23日に実施した「安保法制(戦争法)廃止を求める9・23和歌山集会」後のアピールパレードの1コマです。この写真に写っている人のうちの何人が9月19日に来てくれるかなあ。 
 
(付記その1 東京では)
 9月19日(月・敬老の日)15:30~17:00、国会正門前において、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が呼びかける「強行採決から1年!戦争法廃止!9.19国会正門前行動が実施されます。
 チラシには、以下の3つのアピールが掲載されています。
「戦争法強行採決から1年、私たちはあきらめない!忘れない!戦争法は廃止を!」
南スーダンPKOでの「駆け付け警護」「宿営地共同防護」は戦争だ!」
「沖縄の高江オスプレイパッド建設中止、辺野古新基地建設計画は断念を!」

(付記その2 名古屋では)
 愛知県では、昨年の4月、「安倍内閣の暴走を止めよう共同行動」が結成され、安保関連法が成立した後も、その枠組を維持して行動を続けており、9月19日には「安倍内閣の暴走を止めよう!あいち集会 9・19戦争法強行1周年 大集会&大デモ」が開催されます。公式ブログから引用してみます。
(引用開始)
2016年9月19日(祝・月)
 13:30~ 白川公園にて大集会  
 14:30~ 名古屋市内中心部を大デモ
1年たって危機は倍増
怒りも倍増
私たちは屈しない
改憲阻止への怒りは
ますます燃え上がっている
安倍政権打倒!改憲阻止!
 辺野古新基地反対!高江を守れ!
 本当の自由と民主主義~人間らしい暮らしを取り戻そう
 抗議の声を上げましょう~みんなが集えば止められる
主催:安倍内閣の暴走を止めよう共同行動 
(引用終わり)
 愛知県で「大集会」とか「大デモ」が呼びかけられると、本当に1,000人単位の、文字通りの「大集会」や「大デモ」になるという実績を知っているだけに、9月19日にも期待が高まりますね。
 なお、公式ブログに掲載された「安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会」のチラシを眺めてみると、囲みの呼びかけが2つあることに気がつきます。
 1つは、9月3日に行われた猿田佐世弁護士(新外交イニシアティブ事務局長)の講演会「沖縄と日本の外交」の案内です。この講演会の模様はIWJによる中継録画がアップされており、全編視聴できます。
 その開会挨拶で中谷雄二弁護士が話されているのを聞いて知ったのですが、「安倍内閣の暴走を止めよう共同行動」では、昨年の4月に発足した当初から、戦争法阻止とともに、辺野古新基地建設反対を掲げてきたということでした。
 9月19日の行動のための国会前と名古屋のチラシには、いずれも高江ヘリパッド建設・辺野古新基地建設に反対するアピールが書かれていますよね。
 戦争法制と沖縄の問題は一体であって分離はできない以上、これは当然の視点なのですが、今までの和歌山での安保法制反対運動にこの認識が不足していたことは否めません。これもまた、教訓としなければと思いました。
 そして、チラシに掲載されたもう1つの呼びかけは、「各地で学習会・ミニ集会を開きませんか~弁護
士が交通費+薄謝で出向きます!」というもので、連絡先は自由法曹団会員事務所となっています。
 これも、私がかねてから絶対に必要と考えていることなので、「我が意を得たり」という思いです。愛
知県での反応はどうなのか、気になります。
 

(付録)
『この島~憲法9条のうた~』 作詞・作曲:烏野政樹 演奏:m&n(現 Crowfield)