読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

俵義文さんの講演動画「安倍政権と一体の極右組織「日本会議」の全貌」(9/19 NHK問題を考える会(兵庫))のご紹介

講演 政治
 今晩(2016年9月20日)配信した「メルマガ金原No.2575」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
俵義文さんの講演動画「安倍政権と一体の極右組織「日本会議」の全貌」(9/19 NHK問題を考える会(兵庫))のご紹介

 私は、9月29日(木)午後6時から、和歌山市のプラザホープ2F多目的室で開催される俵義文さん(子どもと教科書全国ネット21事務局長)を講師とした学習会「日本会議のすべて~安倍政権を支える草の根「改憲」のうごき~」をご案内するにあたり、俵さんの著書『日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態』(花伝社)を含め、目に付く「日本会議」本を6冊ご紹介しました(開催予告9/29憲法学習会(講師:俵義文氏)「日本会議のすべて~安倍政権を支える草の根「改憲」のうごき~」/2016年8月23日)。
 けれども、その後も「日本会議」本の出版は続いているようですね。とりあえず、気がついたものを挙げておきます。
 
2016年8月29日発売
『日本会議の人脈』(三才ムックvol.899):

「にわかに世間の耳目を集めている「日本会議」。マスコミの多くは、安倍政権を陰で操る謎の組織といった捉え方をし、その影響力の大きさを強調するが、その実像とはどのようなものなのか――。本書では日本会議と主要関連団体、政治家、宗教人、文化人100人にスポットを当て、その全体像を浮かび上がらせ
た。」
●主な内容
[巻頭]
政治目標、関連組織、成り立ちから読み解く「日本会議」の実像
国内の出来事との比較でみる「日本会議」の活動の履歴
日本会議の研究』著者・菅野完氏に聞く~「日本会議」とはどんな組織なのか?
日本会議」と注目の10人ピックアップ
[第1章]日本会議と主要関連団体の人々
[第2章]日本会議と政治家たち
[第3章]日本会議と宗教人たち
 
 『日本会議の人脈』は、誰かの著書という訳ではなく、いわゆるムックですね。ということで低く見るという訳ではなく、「ムックまで出るようになればブームも一過性のものとは言いにくい」という感想を持ったりしています。
 
 このような「ブーム」に対する日本会議側からの反応もご紹介しておきましょう。
 一つは、日本会議広報部が9月9日付で公表した公式の「反論」です。
 
日本会議に関する最近の一連の報道について
―日本会議報道における虚偽・誤解・偏見に関する反論―
日本会議広報部(平成28年9月9日)

(抜粋引用開始)
 最近、日本会議に関する新聞・週刊誌の報道や、書籍等の出版がにわかに活気づいている。しかし、残念ながらこれらの報道や出版物には、日本会議の運動の歴史的な経緯や一次資料を踏まえることなく安易
陰謀論に陥ったり、一面的な批評に止まっていたりするものが少なくない。
 私達の運動は、戦後見失われようとしてきた伝統文化を守り、日本を取り巻く厳しい国際環境の変化の
中で、自立した対等な独立国家としての矜持を持った国づくりを目指した国民運動を推進してきた。
 特に、近年の北朝鮮による拉致事件工作船の活動、核・ミサイル開発、中国による南シナ海尖閣諸島周辺での勢力拡張や威嚇、米国の内向きの姿勢は、国民の間の危機意識を高めていると考えられる。日本会議への共感や支持の拡大は、このような国民意識の変化に後押しされている点と無関係ではないだろ
う。
 ここでは、私たちの活動を子細にご紹介する機会はないが、昨今の報道・出版の虚偽、誤解、偏見など
につき簡単に反論を加えておきたい。
(引用終わり)
 
 もう一つ、こちらは日本会議の地方組織、というのでしょうか、「日本会議広島」と表記されたホームページに(ブログ版からの転載のようですが)以下のような記事が掲載されていました。
 
「安倍政権を完全支配する日本会議」 FRIDAY、朝日新聞が日本会議をPRしてくれました
(抜粋引用開始)
★8月12日 「講談社さん、ありがとう」 
私たち日本会議が会員拡大を目指す中で、一番困っていることは何か?
それは何をさておき、知名度がないことなのです。
ところが、ここにきて、各種メディアが日本会議を取り上げてくれるおかげで、
知名度急上昇中!!
たとえば、徹底した安倍批判で有名な日刊ゲンダイを発行している講談社
が、発売中のフライデーで日本会議を取り上げてくださっています
私たちが頼んでもいないのに、記事で取り上げて下さったお蔭で、
事務所にもチラホラとフライデーに出ている日本会議さんですか
多くの自民党国会議員が所属している日本会議さんですか
との電話が入っており、中には、
入会を検討したいので、資料を送ってもらえますか
と話してくださる方まで!!
私たちに批判的な記事を書きながら、
実は応援してくださってる結果になってるのです!!
何よりも、一番の懸案であった、知名度アップアップ
に貢献してくださるなんて!!
講談社さん、ありがとう!!
何と言っても、記事見出しが嬉しいですよね!!
安倍政権を完全支配する「日本会議」ですって!! ラブラブ!
せっかくですので、講談社さんが私たち日本会議をどのように宣伝してくださっているのか、引用してみ
ましょう!!
(引用終わり)
注:FRIDAYが掲載した「安倍政権を完全支配する『日本会議』の正体 根底から暴く!」はインターネット版で今でも読めます。

 以上は、この長い記事のほんの冒頭だけの引用です。私は「面白い」と思ってこれを引用している訳ではないですよ。
 私が日本会議の方と直接お話する機会があったのは、あとにも先にも、昨年9月12日、和歌山県田辺市で開催された「安保法案だよ全員集合!」というイベントに、私が法案反対派の1人として出演した際、法案賛成派として登壇された日本会議紀南支部支部長の大倉勝行さんと同事務局次長の山本浩さんとご一緒した時だけなのですが、その際、紀南支部のお2人から受けた印象と、上記「日本会議広島」の(誰が書いたのか知りませんが)のホームページにアップされた文体から推測される人柄とのあまりの違いに驚きを禁じ得ないからです。大倉さんが、「日本会議広島」の上記文章を読まれたらどう思われるでしょうか?
 どんな組織にも、いろんな人がいるのだなあ、というごく当たり前のことが、日本会議にもあてはまるのでしょうね。 
 
 さて、日本会議について再び取り上げたのは、和歌山での講演が9日後に迫ってきた俵義文さんが、昨日(9月19日)、「NHK問題を考える会(兵庫)」の招きにより、神戸市で講演されたのですが、IWJ兵庫によって撮影された講演動画のアーカイブが公開されており、全編視聴できますのでご紹介しようと思ったことによります。
 
 
 なお、「NHKにも魔の手」の部分は、俵さんではなく、元NHK経営委員の小林みどりさん(国立音楽大学名誉教授)がスピーチされていますので(1時間28分~1時間46分)、そちらも是非ご覧ください。
 
 最後に、9月29日の和歌山市での俵さんの講演会の開催概要をチラシから転記しておきます。
 
(引用開始)
憲法学習会
日本会議のすべて
~安倍政権を支える草の根「改憲」のうごき~
講師 俵 義文 氏(子どもと教科書全国ネット21 事務局長)
と き 2016年9月29日(木)18:00~19:20
ところ 和歌山勤労福祉会館プラザホープ2F多目的室
    (当初、会場を高校会館とご案内しましたが、変更致しました)
主催 
 憲法改悪阻止和歌山県各界連絡会議
  (高校会館内)073-432-6355
 憲法九条を守るわかやま県民の会
  (県地評内)073-436-3520
*当日は、19:30から憲法会議2016年度総会を同じ会場で開催いたします。

(引用終わり)
 
(弁護士・金原徹雄のブログから)
2015年9月12日
「安保法案だよ全員集合!」(9/12@田辺市)で話すつもりだったこと ※動画追加あり

※東条雅之さんが撮影してくださった動画(2時間02分)も是非ご覧になってください。