読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

まだまだやります!「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」

憲法 写真
 今晩(2016年10月16日)配信した「メルマガ金原No.2601」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
まだまだやります!「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」

 昨日は、来年「結成30年のつどい」を開催するはずの「原発がこわい女たちの会」ニュース第99号
をお届けしましたので、2年や3年続けているだけで自慢にはなりませんが、しばらくメルマガ(ブログ)でご紹介していなかった「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」について書こうと思います。
 このデモは、安倍晋三内閣による集団的自衛権行使容認の閣議決定を許さないという私たちの決意をアピールすべく、「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」が呼びかけて、2014年6月23日(月)に第1回を行い、以後、毎月1回欠かさず実施してきたものです。
 デモの内容は、正午に和歌山市役所前集合、12時20分にスタートしてゴールの京橋プロムナード(行程約15分弱)で解散、というものです。
 以下に、第1回ランチTIMEデモへの参加を呼びかけた文章を再掲するとともに、その後の実施実績
を記載します。
 
【第1回の呼びかけ文】
憲法の破壊を許さないランチTIMEデモへの結集を呼びかけます
(引用開始)
                                         
2014年6月2日
皆さまへ
                             憲法9条を守る和歌山弁護士の会
                                代表世話人 山 﨑 和 友
                                  同     豊 田 泰 史
                                  同     藤 井 幹 雄
 
 去る5月15日、私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」からの報告書の提出を受け、安倍晋三首相は、長年にわたり憲法9条の下では行使できないとされてきた政府の憲法解釈を変更し、集団的自衛権行使を容認する「基本的方向性」を明らかにしました。
 これは、本来、憲法改正の手続をふみ、最終的には国民の判断にゆだねるべき重大な問題を、一内閣の
恣意的な決定によって変更しようというものであり、立憲主義そのものを否定する許し難い暴挙です。
 憲法9条改正の要否やわが国の安全保障政策について、国民の間に様々な意見があることは承知していますが、今、安倍政権がやろうとしていることは、政府の一存で憲法規範を無力化しようというものであり、これに対して異議申立てをしないということは、日本が民主主義、法治主義という価値を捨て去り、
為政者の独裁を許すことに加担するのも同然です。
 私たちは、従来の立場の違いを乗り越え、広汎な市民・国民が、「憲法の破壊を許さない」という一点
で結集し、安倍政権の企てを阻止する行動に立ち上がることを呼びかけます。
 まずは、そのためのアピール行動として、以下の昼休みデモを企画しました。1人でも多くの方のご参
加をお待ちしています。
(引用終わり)
 
【これまでの開催日(及び年内の予定)】
第1回 2014年6月23日(月) 160人
第2回 2014年7月9日(水) 110人(雨)
第3回 2014年8月6日(水) 110人
第4回 2014年9月9日(火) 110人
第5回 2014年10月1日(水) 100人
第6回 2014年11月7日(金) 90人
第7回 2014年12月8日(月) 90人
第8回 2015年1月16日(金) 80人
2月は休み ただし、2015年2月16日(月)に和歌山弁護士会主催による「集団的自衛権行使容認に反対するアピールパレード」がランチTIMEデモと同一時刻、同一コースで実施されました(参加者140人)。
第9回 2015年3月16日(月) 80人
第10回 2015年4月15日(水) 
第11回 2015年5月15日(金) 100人
第12回 2015年6月11日(木)
第13回 2015年7月1日(水)
第14回 2015年8月10日(月) 100人
第15回 2015年9月14日(月) 120人
第16回 2015年10月21日(水) 120人
第17回 2015年11月13日(金) 100人
第18回 2015年12月8日(火) 100人
第19回 2016年1月18日(月) 80人(雨・寒風)
第20回 2016年2月15日(月) 110人(寒風)
第21回 2016年3月14日(月) 70人(雨・寒風)
第22回 2016年4月11日(月) 100人
第23回 2016年5月11日(水) 80人(雨)
第24回 2016年6月13日(月) 
第25回 2016年7月1日(金) 80人
第26回 2016年8月8日(月) 90人
第27回 2016年9月12日(月) 80人
第28回 2016年10月17日(月) ※予定
第29回 2016年11月9日(水) ※予定
第30回 2016年12月8日(木) ※予定
 
 私は、一応今までのところ、これまでの27回(2015年2月の和歌山弁護士会主催のものも含めれば28回)の全てに参加しています。私の役回りは、(誰に言われた訳でもないのですが)参加者数のカウントと写真撮影です。そのため、警備の警察官から「今日の参加者何人ですか?」と尋ねられることも時々あり、そのような場合、私は掛け値なしの実数を教えてあげることにしています。
 これまでの参加者数は、おおおむね、その都度Facebook9条ネットわかやまMLで報告してきましたが、MLはともかく、FBの投稿を過去に遡って調査することは、アクティビティログを利用するにしてもとても手間がかか
るもので、今日のところは4回分ほど調べがつきませんでした。判明次第、ブログ版に追記したいと思います。
 それから、(雨)と(寒風)は注記しましたが、実はこの他に(炎天)というのもありました。特に、例年、8月・9月は、「雨が降ってくれた方がまし」という炎天下のデモになることも珍しくなく、そのような中、100人以上の人が参加した2014年・2015年の勢いは凄かったということでしょうか。
 
 振り返ってみると、第2回以降、第1回の160人を上回ったことは一度もありません。最初のうちは、久しぶりに会の主催行事に参加してくれた「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」会員がいたり、この種の企画に初参加という市民がいたりしたものでしたが、やがてそれらの人の足も遠のき、またいつもの顔ぶれに固定してしまいました。最近、まともに広報をやっていないという問題とも密接に関連することですが、大きな反省点であることは間違いありません。
 けれども、毎回100人近く(時にはそれを超えることも)の人々が(たとえ悪天候でも)参加してくれるということは、何よりも心強いことです。参加者の幅を広げることはとても大事ですが、それも、核になる人がいてのことですからね。
 
 さて、この「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」、いつまでやるんだろう?と思うこともありますが、憲法をないがしろにする勢力が政権の座にある限り、止められないでしょう。
 憲法違反の安保関連法が施行(本年3月29日)されて既に半年以上が経過しました。なし崩し的に違憲状態を「なかったこと」にさせてはなりません。声をあげ続けることが私たち市民の責務だと思います。
 平日の昼休みに和歌山市役所に駆け付けることの出来る方、是非、私たちの仲間になってください。
 
第27回ランチTIMEデモ ということで、明日(10月17日)、第28回のランチTIMEデモをやります。天気予報はあまりかんばしくありませんが、1人でも多くの方の参加をお待ちしています。いつものように、
 正午 和歌山市役所前 集合
 12時20分 スタート
 公園前交差点を左折して京橋プロムナードまで
 主催 憲法9条を守る和歌山弁護士の会
 雨天決行
です。
(注)写真は第27回ランチTIMEデモ(2016年9月12日)の模様。
 
 もう1つお知らせがあります。昨年に引き続き、今年もこの時期(国連軍縮週間10月24日~30日)に、和歌山市役所1F ロビー・市民ギャラリーにおいて、明日10月17日(月)から同月25日(火)まで、市主催による「原爆展」が開かれます。
 
(引用開始)
原爆写真展
趣旨
核兵器の恐ろしさを市民の皆様に広く知っていただくことを目的に、国連軍縮週間に合わせ広島平和記念
資料館からポスターなどの資料提供を受け、市役所本庁舎1階において「原爆写真展」を開催しています。
本年度の開催
10月17日(月曜日)から10月25日(火曜日)まで
開催場所
市役所本庁舎1階市民ロビー・市民ギャラリー
平成28年度の内容
「平和首長会議5,000都市突破記念原爆写真 19点」
ヒロシマナガサキ原爆写真 30点」
(引用終わり)
 
 明日の第28回「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」に参加予定の方は、可能であれば、早めに市役所に来ていただき、市民ギャラリーで「原爆展」の展示写真を観ていただければと思いますし、デモに参加されない方も、ご覧になることをお勧めしたいと思います。