読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

海渡雄一氏講演会「もんじゅは廃炉だ!黄昏の核燃料サイクル-3.11後の原発訴訟を踏まえて-」(11/5)を視聴する

 今晩(2016年11月7日)配信した「メルマガ金原No.2623」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
海渡雄一氏講演会「もんじゅ廃炉だ!黄昏の核燃料サイクル-3.11後の原発訴訟を踏まえて-」(11/5)を視聴する

 このところ、2日か3日に1回くらいのペースで動画をご紹介しているような気がするUPLANですが、と
にかく関心を持たざるを得ないテーマを次々とアップしてくれるのだから仕方がない(?)でしょう。
 今日ご紹介しようとするのは、「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」が主催する
「さようなら原発講演会」(3回連続)の第1回、11月5日(土)に東京都千代田区の連合会館で行われた「もんじゅは廃炉だ!黄昏の核燃料サイクル」(講師:海渡雄一弁護士)です。
 ちなみに、第2回及び第3回の講演会は以下のように予告されています。
 
第2回 2016年12月17日(土)
電力自由化自然エネルギーの行方
講師:飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)
 
第3回 2017年1月14日(土)
放射線健康被害のウソ-ICRPのまやかし
講師:西尾正道氏(北海道がんセンター名誉院長)
 
 それでは、UPLANによる11月5日の講演動画をご紹介します。
 
20161105 UPLAN 海渡雄一もんじゅ廃炉だ!黄昏の核燃料サイクル」(2時間18分)
 
冒頭~ 開会
2分~ 主催者挨拶 鎌田 慧氏
17分~ 海渡雄一氏 講演
1時間47分~ 質疑応答
2時間12分~ 行動提起 
 
 ところで、海渡雄一(かいど・ゆういち)弁護士による講演の演題は、動画で映し出されたパワーポイント資料で確認したところ、正確には「もんじゅ廃炉だ!黄昏の核燃料サイクル-3.11後原発訴訟を踏まえて-」というものでした(副題があってこそ講演の中身に即した演題になります)。
 海渡さんの講演は、動画の17分~2時間08分の部分ですが、その概要は以下のとおりです。
  17分~ 「もんじゅ」の危険性
  34分~ 第一次もんじゅ訴訟の経緯
  1時間00分~ 3.11前の原発訴訟
  1時間05分~ 第一次もんじゅ訴訟の意義
  1時間07分~ 3.11後の原発訴訟
  1時間29分~ 第二次もんじゅ訴訟
  1時間47分~ 質疑応答
  
 このうち、「3.11後の原発訴訟」よりも前の部分については、海渡さんが岩波新書から刊行された以下の著書に詳細に記述されていたと思います(また読み返してみよう)。
 
原発訴訟 (岩波新書)


 私は、海渡さんの講演に耳を傾けながら、「3.11で変わった」裁判官と「変わらなかった」裁判官
がいるのだなということをあらためて思いました。
 そして、鹿児島県知事選挙や新潟県知事選挙における、原発に慎重な姿勢を示す候補のあいつぐ勝利は、確実に裁判官にも影響を与えているということの例証として、海渡さんが、現在、名古屋高裁金沢支部で審理が続いている大飯原発差止訴訟控訴審(福井地裁の樋口英明裁判長が2014年5月に言い渡した大飯原発3号機、4号機の差止めを命じる判決の控訴審)において、被控訴人(原告住民)側が求めていた島崎邦彦氏(東京大学名誉教授、前原子力規制委員会委員長代理)の証人尋問を実施する意向を裁判所が示したということを明らかにされた(動画の1時間44分~)のには驚きました。この裁判のフォロー
がおろそかになっていたため、これだけの大きなニュースに気がついていませんでした。
 早速「福井から原発を止める裁判の会」ホームページを調べたところ、去る10月19日に開かれた第9回口頭弁論において、「裁判長から今後の方針が示され、「裁判所も基準地震動がもっとも重要な問題であると認識している。島崎氏の証人申請は決定ではないが次々回に決めたい」と来年4月24日頃を提示しました。裁判の日にちにまで言及があったので、島崎氏の証人申請が認められる可能性が高くなりま
した。」と報告されていました。
 次回(第10回)口頭弁論期日は、来年の1月30日と指定されているようなので、その期日で正式に島
崎氏の証人採用が決定される公算が高まったということのようです。
 10月19日の弁論終了後の記者会見の動画をご紹介しておきます。
 
大飯3・4号機運転差し止め訴訟 控訴審(第9回口頭弁論後の記者会見)(48分)

海渡雄一弁護士の発言は9分~です。
 
 今回の講演会は「もんじゅ」を中心テーマとしつつ、さらに、3.11後の原発訴訟全般についての見通しを分かりやすく与えてくれるものだと思います。多くの人に視聴をお薦めしたいと思います。