読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

由良登信(ゆら・たかのぶ)弁護士、和歌山県下をかけめぐって自民党改憲案の危険性を訴える~那智勝浦町(11/13)、御坊市(11/19)、田辺市(11/20)

 今晩(2016年11月11日)配信した「メルマガ金原No.2627」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
由良登信(ゆら・たかのぶ)弁護士、和歌山県下をかけめぐって自民党改憲案の危険性を訴える~那智勝浦町(11/13)、御坊市(11/19)、田辺市(11/20)

 私のメルマガ(ブログ)では、たびたび、主に和歌山県下で開催される様々な企画(憲法問題や原発問題に関連する企画が多いものの、それだけでもありません)をご紹介しています。
 今日も、企画のご紹介なのですが、非常に間際になってからのお知らせなので、何かしら効果があるかどうか、はなはだ疑問ではありますが、やはりご案内すべきだろうと思い、取り上げることにしました。
 
 昨夜、三重県紀宝町に住む旧知の松原洋一さん(紀宝9条の会、くまの平和ネットワーク)から、明後日(11月13日)、和歌山県那智勝浦町で、由良登信(ゆら・たかのぶ)弁護士を講師に招いた講演会を開催するということで、チラシその他の資料がメールで送られてきました。
 チラシに目を通すと、テーマは自民党改憲案であり、「くまの平和ネットワーク」と「市民連合わかやま・くまの」との共催ということでした。
 まず、チラシからその文字情報を引用してみましょう。
 
チラシより引用開始)
あなたはどっち。
政府の暴走を縛る憲法
国民の自由を縛る憲法
 
「わからない」では済まされないかもしれない憲法のコト。
私たちの暮らしと国のかたちを決める大切な憲法のコトを
もっと知ろうよ―というわけで
憲法学習会に、みんなでGO!
 
11/13(日)午後1時30分~4時
那智勝浦町体育文化会館 2F大集会室
 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字天満字木戸浦44
 
◆テーマは
自民党憲法草案ってなに?
◆講師は 
弁護士 由良登信(ゆら・たかのぶ)
 1986年弁護士登録。弱者の支援や社会正義の実現をめざす弁護活動で多くの信頼を得ている。和歌山弁護士会元会長。
◆入場無料
 
■主催/市民連合わかやま・くまの、くまの平和ネットワーク
(連絡先 0735-21-1674 植村)
(引用終わり)
 
 ここで、若干の補足説明をしておくと、「くまの平和ネットワーク」は、「憲法9条を守りたい」と活動している熊野から串本までの10団体(紀南9条の会/しんぐう九条の会/紀宝9条の会/宝来9条の会/年金者組合新東支部9条の会/新日本婦人の会牟婁支部/ほんぐう9条くらぶ/御浜九条の会/なちかつ・たいじ九条の会/くしもと九条の会)によって構成されたネットワークです。
 また、「市民連合わかやま・くまの」(愛称「わかくま」)は、立憲主義と民主主義を取り戻そうとして立ちあがった「市民連合」「市民連合わかやま」の動きに呼応し、新宮熊野地方の皆さんが結集したプラットフォームであり、参院選が終わった後も、野党統一候補として参院選を闘った由良登信さんを講師に招いて各所で「けんぽうカフェin紀南」を開催するなど、今も地道な活動を続けています。
 
 その両団体(双方に参加しているメンバーも少なくないでしょうが)が共同して企画した憲法学習会です。
 「くまの平和ネットワーク」は、毎年6月ころに共同企画を実施しており、私も2013年にお招きいただきましたし、今年も、6月26日に泥憲和さんを招いた講演会を開催していますが、今年は、さらにもうひとがんばりしようということになったのでしょう。
 
 ところで、松原洋一さんからお送りいただいた資料で興味深かったのは、地元紙各社に送った文書です。私はファイルを開けるまでは、てっきりいわゆるプレスリリースだろうと思っていたのですが(そういう要素もありますが)、行事案内を掲載しようと考えてくれた地元紙があった場合、そのまま使える「記事のひな形」になっており、「新宮熊野地方ではこれが一般的なのだろうか?」と驚いた次第です。
 一瞬、和歌山でもやってみようかと思ったのですが、よく考えてみると、送付するメディアが多過ぎて、まずこの「手」は無理でしょうね。それにこんなに長い予告記事など載せてくれないでしょうから。
 
(引用開始)
                                         
2016年11月3日
各新聞社 御中
                                  くまの平和ネットワーク       
                                 
  (連絡先)植村 美穂子
      
                  新聞記事掲載のお願い
 
 いつもお世話になり、ありがとうございます。
 さて、以下の件につきまして、貴社の新聞に記事として掲載していただきたく、別紙の通り、送付いたしますので、よろしくお願いいたします。
 
            改憲草案の問題点などを13日に勝浦で憲法講演会
 
 先の参議院選挙で改憲勢力が3分の2を超え、憲法改正の発議が現実味を帯びてきた今日、2012年に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」の内容とその問題点などをわかりやすく解説する講演会が、11月13日(日)午後1時30分から那智勝浦町体育文化会館2階大集会室で開かれる。演題は「自民党憲法草案ってなに?」で、弁護士の由良登信氏が講演する。
 主催は新宮地方で憲法を大切にしたいと活動している10団体が参加する「くまの平和ネットワーク」(代表:二河通夫)と、立憲主義と民主主義を守る取り組みを進めている「市民連合わかやま・くまの」。
 現憲法は、先の戦争の反省に立ち、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重の3つの柱に、大きな権力を持った政府が国民の権利や自由を侵害しないように、国家権力を制限する「立憲主義」の理念が貫かれている。自民党の草案は、国防軍の設置や家族で助け合う条項、国民の義務を大幅に増やし、基本的人権の制限につながる表現など、「国民」よりも「国家」に重きを置いた復古的な内容が目立つと多くの識者が指摘している。
 主催者は「由良弁護士は穏やかな人柄とともに、弱者の支援や社会正義の実現をめざす弁護活動で多くの信頼を受けている方です。講演では、現憲法と草案の違いやその問題点などをわかりやすく具体的にお話しいたします。憲法というと難しい話のように思われがちですが、何が問題かを知ることは、これからのふだんの暮らしの中でも大切なことだと思います。お気軽にお越しください」と多数の参加を呼びかけている。また、託児コーナー(10日までにご連絡ください)を用意。入場無料(カンパ歓迎)。
 問い合わせは、植村さん(0735-21-1674)まで。
(引用終わり)
 
 参院選に野党統一候補「ゆら登信」として出馬した由良弁護士は、選挙が終わった後直ちに、憲法の危機に立ち向かうため、和歌山県下100箇所を目標に、早急に自民党改憲案の危険性を訴える学習会をやろうと提案し、自ら率先して週末ごとに県下を駆け回っています。
 その手始めは、投票日のわずか3週間後(7月31日)に開催された緊急学習会「「自民党憲法改正草案」を斬る!」(主催:憲法9条を守る和歌山市共同センター)であり、この講演の動画はYouTubeにアップされ、レジュメは私のブログに掲載させてもいらいました。
 
 

 さて、7月31日を皮切りに、県下行脚を始めた由良さんは、明後日は9月以降何度目かになる新宮熊野地方での講演ですが、その次の週末も、以下のとおり、11月19日(土)は地元の御坊市で、翌20日(日)は、紀南地方の中心都市・田辺市での講演が控えています。特に、20日の会場は、ほぼ1年前に「戦争する国づくりストップ!田辺・西牟婁住民の会」が中心になって開催した小林節氏講演会と同じ紀南文化会館・小ホールであり、正直「すごい!」と思います。10月22日に私がやった和歌山市中央コミセン(主催:憲法を生かす会 和歌山)とは比べものになりません。田辺・西牟婁地方の皆さんの意気込みが伝わってくるようです。
 19日と20日の学習会の概要を以下に記載しておきます。
 那智勝浦、御坊、田辺。いずれでもよいので、時間と会場までの距離から、都合のつくところに是非足を運んでいただければと思います。
 
改憲阻止!戦争法廃止!全国一斉行動 御坊・日高学習会
自民党憲法改正草案」を斬る!
講師 由良登信弁護士
日時 2016年11月19日(土)午後1時30分~3時
場所 日高教育会館
和歌山県御坊市湯川町財部254
主催 憲法9条を守り・いかす日高連絡会
憲法9条を守る御坊・日高共同センターと日高地方の9条の会との連絡会)
連絡先 日高教育会館 TEL:0738-22-0199
 
□「戦争する国づくりストップ!住民の会」結成3周年記念講演
憲法9条2項を削除し国防軍を創設、人権思想を否定する
自民党憲法草案と、たたかいの方向
講師 由良登信弁護士
日時 2016年11月20日(日)午前10時~
場所 紀南文化会館 小ホール
    和歌山県田辺市新屋敷町1番地
主催 戦争する国づくりストップ!田辺・西牟婁住民の会
連絡先 田辺市高雄1-10-8 電話:0739-22-2152 FAX:0739-22-2162
 
(付記)
 由良さんの週末ごとの講演ツアーは、12月になってもまだまだ続くようです。県外の人から見たら、「他に人材はいないのか?」と思うでしょうね。
 
由良チラシ(くまの)16年11月13日