読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

11/26自由党大阪府総支部連合会(大阪府連)総会開催~小沢一郎氏語る

政治 社会
 今晩(2016年11月27日)配信した「メルマガ金原No.2643」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
11/26自由党大阪府総支部連合会(大阪府連)総会開催~小沢一郎氏語る

 昨日(11月26日)、先月、党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」から「自由党」に変更した
同党の大阪府総支部連合会(大阪府連)総会が、共同代表の小沢一郎氏も出席して開催されました(於:大阪市社会福祉センター)。
 その模様が、IWJ大阪によって中継され、アーカイブが視聴できますのでご紹介します。
 
新生「自由党」大阪府総支部連合会大会 2016.11.26(1時間19分)
2分~ 開会
来賓挨拶
4分~ 平野博文氏(民進党衆議院議員
11分~ 辰巳孝太郎氏(日本共産党参議院議員
16分~ 服部良一氏(社会民主党、元衆議院議員
総支部長挨拶
24分~ 村上史好氏(大阪府第6区総支部長、大阪府連代表、前衆議院議員
28分~ 渡辺義彦氏(大阪府第7区総支部長、元衆議院議員
32分~ 真白リョウ氏(大阪府第12区総支部長、音楽家・作家)
議案提案・採択
40分~ 役員人事について
42分~ 活動方針について
党代表挨拶
44分~ 小沢一郎氏(自由党共同代表、衆議院議員
1時間14分~ 頑張ろう三唱
1時間16分~ 小沢一郎氏ぶらさがり会見
 
 ところで、自由党ホームページを閲覧すると、今月下旬から、各地で「総支部連合会総会」が開催されていることが分かります。
 
11月20日(日) 千葉県総支部連合会(千葉県連)総会
11月25日(土) 東京都総支部連合会(東京都連)総会
11月26日(日) 大阪府総支部連合会(大阪府連)総会
11月27日(日) 岩手県総支部連合会(岩手県連)総会
11月28日(月) 神奈川県総支部連合会(神奈川県連)総会
11月29日(火) 岡山県総支部連合会(岡山県連)総会
12月 2日(金) 沖縄県総支部連合会(沖縄県連)総会
 
 以上の都府県連総会には全て小沢一郎代表が出席(予定)して、以下のような挨拶をされているようです。
 
「小沢代表はあいさつの中で新綱領について述べ、党名の『自由』は今横行している競争原理に優先順位をおき、自由勝手にやらせる、一般国民にはそのうちおこぼれがくるという新自由主義とは異なり、社会保障を取り入れた民主主義、公平公正な開かれた考え方と説明。安倍政権とは根本的に考え方が違うと述べた。また、「政権をとってこれを実現するためにも選挙が重要」「野党協力で必ず勝てる。そのために最後まで尽力する」と早期解散を想定した次期総選挙に向け強い意欲を示した。」(千葉県総支部連合会総会にて
 
 以上の小沢代表の挨拶にあるとおり、全国各地で総支部連合会総会の開催を急ぐのも、衆議院の早期解散を想定してのことであるのは言うまでもありません。
 もちろん、民進党日本共産党も着々と準備は進めているでしょうが、社民党を含めた4野党間の共闘(と言いたくない人もいるようですから、「選挙協力」でも良いのですが)はどの程度進んでいるのでし
ょうか。東京では幹事長・書記長会談があったようですが、現場(各都道府県レベル)での調整がつくかどうかが問題です。
 昨日の自由党大阪府連の総会には、野党3党からの来賓挨拶がありましたが、大阪での4野党間の選挙協力(端的に言えば小選挙区の割り振り)の行方はとても気になります。何しろ、大阪では、自民、公明だけではなく、維新とも闘わねばならず、先般の参院選では立憲野党は1議席も取れなかったのですからね。
 
 ところで、今夏の参院選において、特に1人区における野党共闘を推進するために大きな力を発揮した市民連合と4野党の協議が、来るべき衆院選を見据えて、11月17日に再び開催されました。
しんぶん赤旗 2016年11月18日(金)
市民と4野党 意見交換/共通政策 力合わせ豊かに/総選挙に向け定期開催確認


 さらに、昨日(11月26日)、市民連合と総がかり行動実行委員会の呼びかけにより、東京都内で第
3回全国市民意見交換会が開催され、市民連合わかやまも参加しました。
しんぶん赤旗 2016年11月27日(日)
衆院選 市民・野党の共闘大きく/市民連合総がかり実行委全国意見交換会

動画(2時間35分)
 

 以上のような動きと連動してと言って良いかどうかはさておき、昨日の自由党大阪府連総会には、市民連合わかやまから何人かのメンバーが参加しました(私は行っていません)。自由党近畿ブロックのホームページによると、「党員・サポータの方はもちろん、生の小沢一郎の話を聞いてみたいという方にもオブザーバー席をご用意しております。」とありましたので、その「オブザーバー席」で小沢代表の演説に耳を傾けていたのでしょ
う。
 以下の私のブログでもご紹介しているとおり、今夏の参院選和歌山県選挙区において、ゆら登信候補推薦してくださった「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表からは、節目節目に丁寧なメッセージをいただいていましたので、そのお礼を述べるという趣旨もあったのかもしれません。
 自由党衆議院和歌山1区~3区に独自候補を立てる可能性はないでしょうが、衆院早期解散を前提として、市民連合わかやまとしても、先日の「第3回 賛同団体・賛同者の集い」で承認された当面の活動方針「来るべき衆院選において、立憲野党に共闘を呼びかけ、その実現を目指す活動を行う。」を早急に具体化しなければならないということを、自由党大阪府連総会を視聴して再確認しました。