読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

期待して放送を待つ12/24「こんにちは!動物の赤ちゃん2016」(NHK総合)~白浜の良浜(ラウヒン)・結浜(ユイヒン)親娘も登場

報道 社会
 今晩(2016年12月21日)配信した「メルマガ金原No.2667」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
期待して放送を待つ12/24「こんにちは!動物の赤ちゃん2016」(NHK総合)~白浜の良浜(ラウヒン)・結浜(ユイヒン)親娘も登場

 この前TV番組の放送予定をご案内したのはちょうど2週間前でした(予告12/12~15『ドラマ 東京裁判』(NHKスペシャル)のご紹介/2016年12月7日)。

 気がつけば今年もあと10日。年末のTVでは、今年(2016年)1年を振り返る様々な番組が放送されることでしょう。
 その種の番組を見るという習慣を持たない私ですが、偶然気がついたこの番組だけは「見ようかな」と思っています。
 
NHK総合TV
2016年12月24日(土)午後7時30分~8時43分
こんにちは!動物の赤ちゃん2016

「全国の動物園で誕生した貴重な動物の赤ちゃん。飼育員さんだからこそ撮影することができた貴重な映像で、そのかわいい姿をたっぷりと紹介!命の誕生と成長をめぐる心温まる感動のドラマをお伝えします。」  
 
 私は、定期購読しているフォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」の中でも、「動物」をテーマにしたページ(丸井春編集長が力を入れている)には特に注目して毎号必ず目を通しますし、私の事務所の待合コーナーには、DAYS JAPANが発行した『世界のびっくりどうぶつ』『世界のびっくりどうぶつ2』の2冊が置いてあるというくらいですから、動物ドキュメンタリーにも興味はあるものの(もっと時間に余裕があった頃にはアニマルプラネットを視聴することも結構ありました)、この「こんにちは!動物の赤ちゃん2016」を視聴する気になったのは、白浜アドベンチャーワールドの2代目ビッグ・マザー「良浜(ラウヒン)」と今年9月18日に生まれたばかりの女の子「結浜(ユイヒン)」が見られるという、かなりミーハーかつ地元贔屓な動機によります。




※参考サイト
ジャイアント・パンダ・ファミリー・サイト(アドベンチャーワールド)

 
それでは、番組紹介ページから、取り上げられる動物の赤ちゃんたちの紹介文を引用してみましょう。
 たまにはこういう番組を見るのも悪くはないかな、と期待しています。

(引用開始)
2年ぶりに誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん
 母親は今回で5回目の出産、8頭の赤ちゃんを育ててきたベテランママである。2008年、最初の出産時には赤ちゃんを抱くのもおぼつかなかったが、今では赤ちゃんに母乳を与える姿にも貫禄が出てきた。“母”となっていくパンダの姿を8年にわたって見つめた物語。
取材先:アドベンチャーワールド(和歌山県)
 
“日本最北の動物園”で立て続けに誕生した、世界的にも貴重なアムールトラユキヒョウの赤ちゃん。
 岩穴を模した産室を用意することなどで繁殖に成功した。愛くるしい“もふもふ”赤ちゃんがたくましく成長する感動の記録。
取材先:旭川市旭山動物園(北海道)
 
母親がお乳を与えることができなかったレッサーパンダの赤ちゃん
 飼育員さんが試行錯誤で、なんとかミルクを飲ませて哺育するが、次の難関が“魔の離乳期”。飼育員さんとレッサーパンダの赤ちゃん、二人三脚の奮闘記。
取材先:秋吉台サファリランド(山口県)
 
心肺停止の状態で生まれ、手や足にまひが残ったチンパンジーの赤ちゃん
 飼育員さんや作業療法士さんなど専門家がチームを組んで地道なリハビリを続けた結果、3歳になった今年、ついに右手でものをつかめるまでに。笑顔を見せ、表情も豊かになった、心温まる3年間の成長記録。
取材先:高知県立のいち動物公園(高知県)
(引用終わり) 

(付録)
『ラブソング・フォー・ユー(LOVESONG FOR YOU)』
作詞・作曲:ヒポポ大王 演奏:ヒポポフォークゲリラ