読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

必見!放送予告2/5『原発事故に“ツッコミ” お笑い芸人マコは原発ジャーナリスト(仮)』(NNNドキュメント)

報道 原発
 今晩(2017年1月19日)配信した「メルマガ金原No.2696」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
必見!放送予告2/5『原発事故に“ツッコミ” お笑い芸人マコは原発ジャーナリスト(仮)』(NNNドキュメント)

 元産経新聞記者で、その後、弁護士に転じた日隅一雄(ひずみ・かずお)さんは、3.11後、末期の胆?癌で余命わずかと告知されながら、東京電力記者会見への出席・取材・執筆活動を続けた末、2012年6月12日にがん性腹膜炎のため逝去されました(享年49)。
 その形見として遺されたのが、木野龍逸さんとの共著『検証 福島原発事故・記者会見――東電・政府は何を隠したのか』(2012年/岩波書店)です。


 そして今、東京電力記者会見に最も数多く出席し、的確な質問を投げかけ続けるジャーナリストは誰か?と言えば、この人をおいてありません。そう、「おしどりマコ」さんです。原発問題に関心を寄せ続けている人で、おしどりマコさんの名前を知らないという人はよもやいないでしょうが、一般国民の間での知名度はどうなのでしょうね。
 おしどりマコって誰?という人にこそ見て欲しいドキュメンタリー番組が、NNNドキュメントで放送されることになりました。
 
2017年2月5日(日)24時55分~(6日・0時55分~)(拡大)
原発事故に“ツッコミ” お笑い芸人マコは原発ジャーナリスト(仮)

福島第一原発事故から6年弱、東京電力が行ってきた記者会見の最多出席者はなんと、お笑い芸人「おしどり」のマコ・ケン夫婦だ。
芸人が場違いだ、とのバッシングを猛勉強で乗り切り、鋭くしつこく追求し、世に出て来なかった幾つもの事実に光を当てた。
遂には東電の会見者が「クソったれ」とつぶやく映像も。医学部中退のマコちゃんは子ども達や原発作業員の健康問題を掘り下げ、得意の突っ込みでにっこり笑って原発事故を斬る。

再放送
2月12日(日)11:00~ BS日テレ
2月12日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24
 
 知ってる人には今さらでしょうが、おしどりマコさん、ケンさんご夫婦のプロフィールを、公式サイト「おしどりポータルサイト」から引用します。
 
おしどりプロフィール / ABOUT
(引用開始)
おしどり 
マコとケンの夫婦コンビ
横山ホットブラザーズ横山マコトの弟子。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。社団法人漫才協会会員。
認定NPO法人沖縄・球美の里 理事。
二人はフォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」の編集委員でもある。
ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。
パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。
マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。
マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。
アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本 大震災)後、随時行われている東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。
また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。
(引用終わり)
 
 この「おしどりポータルサイト」の中に「L.C.M.PRESS」というコーナーがあり、ジャーナリスト・マコケンの活動報告が満載なのです。ですから、東京電力記者会見で明らかにされた福島第一原発の状況を知りたければ、この「L.C.M.PRESS」、それとIWJの東電記者会見中継アーカイブ(基本的に全編無料公開されています)をフォローするのが基本です。
 
 上記プロフィールにもあるように、マコさんは、鳥取大学医学部(医師養成コースの医学科ではなく生命科学科でしたが)中退だけあって、基礎的な科学リテラシーを身につけているのが強みです(私など、とてもああはいかない)。
 たとえば、最新の今年1月16日の東京電力定例会見でのマコさんの質問ぶりを見ていただきましょうか。
 
福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器へ内部調査に向けてロボットを1月から2月に投入予定――東京電力 定例会見 2017.1.16(50分)
26分~ 日本テレビの中村記者が質問
31分~ 他に質問者がなく会見が終わりそうになったところでマコさんが手を挙げて質問(これで会見の終了が20分伸びた!)
 
 それから、マコさんは、原発以外のテーマも取り上げるので、2015年の放送大学「日本美術史('14)」事件(といって、何のことか分からない人は巻末にリンクした私のブログを読んでください)について、いかなるマスコミよりも詳しく取材した報告が「L.C.M.PRESS」に掲載されています。
 
 
 マコさんは、2015年度から放送大学に入学し、「統計学行政法、環境法、市民自治などを履修して」いるということでしたが(つまり私とは放送大学の学生仲間!)、今でも履修を続けているのだろうか?一度入学金を払えば10年間は在籍できるので、多分今でも学生だと思うけど。
 
 思いつくことをあれこれ書いていたらきりがないので、この辺で切り上げます。最後に、おしどりマコさん・ケンさんの講演動画(これがいっぱいある)の中から、UPLANの三輪祐児さんが撮影された 「福島原発事故はいま~体当たり(全知全能)取材を続けて5年」(2016年6月28日・放射線被ばくを学習する会)という講演が非常に聞きやすいのでご紹介します。これからもますます頑張っていただきたいと思います。
 
20160628 UPLAN おしどりマコ・ケン 「福島原発事故はいま~体当たり(全知全能)取材を続けて5年」(2時間47分)