読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

「リスペクトの政治に向けたシンポジウム」(1/22関西市民連合)動画のご紹介

政治 人権
 今晩(2017年1月24日)配信した「メルマガ金原No.2702」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
「リスペクトの政治に向けたシンポジウム」(1/22関西市民連合)動画のご紹介

 “SEALDs KANSAI”は昨年8月15日をもって解散しましたが、「関西市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める関西市民連合)」は、現在も活発に活動を続けています(公式サイトFacebookTwitter)。
 その関西市民連合が、一昨日(1月22日)、京都大学吉田キャンパス(本部構内法経済学部本館法経第5教室)で、「リスペクトの政治に向けたシンポジウム」を開催しました。
 「リスペクトの政治って何?」と思われますよね。シンポジウムのためのFacebookイベントページから、少し長くなりますが、〈趣旨〉を引用します。

(引用開始)
 次期衆院選に向けた野党の共闘は一進一退の状況ですが、立憲野党の間でも、市民の間でも、違いを認め合いながらも、再びお互いの目を見て真摯に話し、立憲主義の回復や、個人の尊厳を擁護する政治の実
現といった一致点を前に進めるための、「リスペクトの政治」の実践が求められています。
 「リスペクトの政治」の実践にあたり、立憲野党と市民の一致点となり、重大かつ喫緊の課題として、女性を中心として個人が生きづらさを感じる社会、というものがあります。この問題意識から、本シンポジウムでは、ジェンダー論がご専門の大阪大学の牟田和恵先生に「政治をわたしのものにする」と題して講演していただきます。また、この間の新たな市民運動に参加してきた主婦や学者、学生により「いま、
市民が政治に求めること」と題してパネルディスカッションを行います。
 2016年、「保育園落ちた、日本死ね」という言葉が大きな反響を呼びました。
 仕事と子育てや介護を両立させたい。組織のなかで働きに見合った評価をされたい。結婚しても慣れ親しんだ従来の名字を使用したい。女性に対する様々なハラスメントを受けることなく、安心して暮らした
い。これらの願いは、個人のわがままなのでしょうか?
 「すべて国民は、個人として尊重される」と日本国憲法第13条にもうたわれているように、元来「個人的なものは政治的なもの」であり、「個人の生きづらさ」に関する課題は、政治的な課題として解決に向けて取り組まれなければならないはずです。しかし、自民党改憲草案の第24条にみられるような、男尊女卑的な家族観に基づく自民党を中心とした政権のもとでは、「選択的夫婦別姓」や「政治分野における男女共同参画推進」など基本的人権にかかわるような分野の取り組みですら、実現することが極めて厳しい
状況です。
 本シンポジウムを通じて、私たち市民1人1人が、日常の体験のなかから、政治に求めることを掬い上げ形にする術を身につけることで、主体的に争点を設定し、これらの課題の解決に資する政治を盛り上げ
ていきたいと考えています。
(引用終わり)
 
 関西市民連合が主催するシンポジウムの基調講演がジェンダー論の専門家を招いてのものであるという意外性(?)が、実は意外でも何でもなく、より広い層の市民が政治に関与していくための重要な切り口なのだということに肯く人も多いでしょう(私はそうでした)。
 幸い、IWJ京都による中継アーカイブが全編無料で視聴できます。正直、私もまだあちこちつまみ食
い的に覗いただけなのですが、是非、時間を作って全編視聴したいと思います。私が関わっている「市民連合わかやま」の今後の活動の方向性を考える上でも、大いに参考となるに違いありませんから。
 ちなみに、シンポの最後で挨拶された塩田潤さんのお話は、単なる主催者による閉会挨拶というにとどまらない、この日の企画全体の「まとめ」を兼ねたものでした。
 
関西市民連合 リスペクトの政治に向けたシンポジウム 2017.1.22(2時間22分)
冒頭~ 開会・趣旨説明
6分~ 挨拶 西牟田祐二氏(京都大学大学院経済学研究科教授)
8分~ 挨拶 穀田恵二衆院議員(日本共産党国会対策委員長
12分~ 挨拶 福山哲郎参院議員(民進党
18分~ メッセージ代読(服部良一社民党衆院議員、豊田潤多郎自由党衆院議員)
23分~ 講演「政治をわたしのものにする」 講師 牟田和恵氏(大阪大学大学院人間科学研究科教授
ジェンダー論・歴史社会学
1時間27分~ パネルディスカッション「いま、市民が政治に求めること」
進行 元橋利恵氏(大阪大学大学院生)
パネリスト
小川郁氏(民主主義と生活を守る有志〔SADL〕)
西郷南海子氏(安保関連法に反対するママとみんなの会@京都)
中野里佳氏(子どもの未来を考えるママの会@大阪)
新ヶ江章友氏(違憲安全保障法に反対にする大阪市立大学有志の会、大阪市立大学准教授)
2時間16分~ 挨拶 塩田潤氏(関西市民連合)