読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

和歌山・演劇大学リーディング公演『空の村号』(3月4日・5日@和歌の浦アート・キューブ/演出・加納朋之)のご案内

演劇 原発
 今晩(2017年2月12日)配信した「メルマガ金原No.2721」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
和歌山・演劇大学リーディング公演『空の村号』(3月4日・5日@和歌の浦アート・キューブ/演出・加納朋之)のご案内
 
 今年の和歌山「演劇大学」公演を知らせるチラシを偶然入手しました。正直言って、私は演劇の良き鑑賞者では全然ありませんし、「演劇大学」の発表公演を観たことも一度もありません。
 それにもかかわらず、偶然貰った1枚のチラシをじっくりと読み通し、その上、メルマガ(ブログ)で紹介までしようと思い立ったのは、劇の内容に引かれてのことに違いありません。
 興味深いテーマを取り上げているということが、その劇の質を保証するものでないことは言うまでもありませんが、何かしらのインスピレーションに導かれるまま、この「空の村号」リーディング公演をご紹介することとしました。
 このお知らせをきっかけに鑑賞し、「素晴らしかった」と言ってくださる方が1人でもおられれば良いのですが。
 
 以下に、チラシ記載情報を転記してご紹介しますが、その前に1つだけ補足を。
 それは「リーディング公演って何だ?」ということについてです。何より、私自身がそういう疑問を抱いてネット検索を試みたところ、「リーディング=朗読」と説明するサイトもあれば(Wikipediaほか)、明確に違うと主張するサイトもあったりします。以下には、後者の立場で「リーディング公演」を説明したブログに2つほどリンクしておきます。
 
 
チラシ文字情報から引用開始)
チラシ表面-
演劇大学 リーディング公演

脚本・篠原久美子 構成/演出・加納朋之(文学座) 制作・佐藤尚子(青年劇場)
出演・和歌山演劇大学受講生
 
平成29年
3月4日(土)14:00開演 / 17:00開演
3月5日(日)11:00開演 / 14:00開演
 
会場:和歌の浦アート・キューブ キューブA 地図
 
空の村号
 
この村の一番高い山の上に鯉のぼりの旗を掲げて、
  この村が、村ごと空に浮かび上がって、
 放射能も汚染もなにも届かない、どこかの青い青い空を、
どこまでも飛んでいく絵が見えた。
          宇宙海賊船・空の村号だ!

一般/1,500円
小中高生/1,000円
全席自由(当日各200円増)
(開場は開演の30分前です)
 
主催/公益財団法人和歌山市文化スポーツ振興財団・和歌山市芸術創造発信フェスティバル実行委員会
後援/(株)テレビ和歌山・(株)和歌山放送ニュース和歌山(株)・(株)和歌山リビング新聞社・(株)和歌山新報社・(有)アガサス
 
チラシ裏面-
演劇大学 リーディング公演
 
空の村号
 
福島の美しい山里に暮らす酪農一家の長男、空(そら)は小学5年生。
畑仕事や牛の世話にいまいち気乗りしないアニメ好きの少年は、将来、映画監督になることを夢想している。そんな空のことを暖かく見守る家族や村の人たち。
のどかな当たり前の日常がいつまでも続くはずだった。けれどあの日。
2011年3月11日午後2時46分、東日本を未曾有の激震が襲った。
原発事故による目に見えない放射能汚染のために変わっていく村や家族を前にして、
空はホームビデオで映画を撮ることを思い立つ。タイトルは「宇宙海賊船・空号の冒険」。現実に抗うかのように「本当のことはひとつもない」夢と希望に溢れたファンタジーを作ろうとするのだが・・・。
時が経てばまるで何も無かったかのようにいろんなことが忘れられていく。
けれど、決して忘れてはいけないこともあるのだ。
子どもたちの目を通して描かれる、可笑しくて切ない物語。
子どもから大人まであらゆる世代の方に楽しんでいただける作品です。
 
脚本・篠原久美子
構成/演出・加納朋之(文学座
製作・佐藤尚子(青年劇場)
演出協力・岡崎義章(劇団ノスタルジア
宣伝美術・北出千佳(劇団ノスタルジア
 
出演
 今西 勇、宇都宮喜久子、熊本 緑、小切伊知子、杉末紀代美、對馬亜矢子、中西裕子、堀  颯、宮本英和、山下夢乃、岡崎義章、川崎ゆかり
特別出演
 加納朋之
ピアノ演奏
 川瀬名帆子
 
演劇大学とは
和歌山における演劇文化のレベル向上を目的として、東京からプロの演出家、俳優を招き、地域の学生や社会人を対象に演劇の基礎を学ぶワークショップを開催しています。
平成19年から始まったこの散り組みは今年で10年目を迎え、その成果を発表する公演は好評をいただいています。
9作品目となる今回は、初のリーディング公演にチャレンジします。ご期待ください。
 
ACCESS
バス 和歌山市駅かJR和歌山駅より「新和歌浦」行き「不老橋」下車
お車のお客様は、方男波公園有料駐車場をご利用ください(1日400円)
 
入場券販売場所
和歌山市民会館  073-432-1212
和歌の浦アート・キューブ  073-445-1188
中央コミュニティ・センター  073-402-2678
河南コミュニティ・センター  073-477-6522
河西コミュニティ・センター  073-480-1171
河北コミュニティ・センター  073-480-3610
東部コミュニティ・センター  073-475-0020
北コミュニティ・センター  073-464-3031
 
お問い合わせ:和歌山市民会館和歌山市芸術創造発信フェスティバル実行委員会【演劇大学】係 TEL:073-432-1212
引用終わり)
 
 最後に、「空の村号」の練習風景が2つ(2013年・大阪公演、2016年・川崎市公演)YouTubeにアップされていましたのでご紹介します。
 
空の村号練習風景20130428(大阪・2分50秒)

0903空の村号練習風景(川崎・0分48秒)


空の村号(表)空の村号(裏)