読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

放送予告4/22『獄友(ごくとも)たちの日々』(ETV特集)に期待する

 今晩(2017年4月16日)配信した「メルマガ金原No.2784」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
放送予告4/22『獄友(ごくとも)たちの日々』(ETV特集)に期待する

 メルマガ「毎日配信」、ブログ「毎日更新」を続けようと思うと、正直、涙なくしては語れない(?)苦労があるということはご想像いただけるかと思います。
 そういう意味から、東京弁護士会の澤藤統一郎先生による「澤藤統一郎の憲法日記」は、「とても常人の業とは思えない」と感嘆するしかないと思っているのです。

 澤藤先生のようにはいかずとも、曲がりなりにも「毎日更新」を続けていれば、たまには良い記事を書けるのことがあるのではないか、言い換えれば、「量が質を担保する」ということにも一面の真理があるのではないかと考えて、「メルマガ金原」は、2011年3月28日以来、「弁護士・金原徹雄のブログ」は2013年1月24日以来、「毎日配信」「毎日更新」を続けているのです。
 
 という言い訳めいた前説から既に推測されているでしょうが、今日は、時間がなく、簡単に(30分程度で)書ける素材を探すしかない日なのです。
 こういう追いつめられた時の「奥の手」の1つが、TVドキュメンタリーのご紹介です。
 
NHK・Eテレ 
本放送 2017年4月22日(土)午後11時00分~午前0時00分
再放送 2017年4月27日(木)午前0時00分~1時00分(26日深夜)
ETV特集『獄友たちの日々』

「43年の時を経て無罪を勝ち取った「布川事件」の桜井昌司さんが「獄友」たちとしゃばで出会い直す旅をドキュメント。奪われた時間の中で彼らは何を失い何を得たのかを描く
布川事件」の桜井昌司さん、杉山卓男さん(故)。「足利事件」の菅家利和さん。いずれも再審によって無罪が確定したえん罪被害者である。さらに再審決定により釈放された「袴田事件」の袴田巖さん、仮釈放され再審を求めている「狭山事件」の石川一雄さん。獄中生活は5人合わせて155年にもなる。互いを「獄友」(ごくとも)と呼び、支え合う。「不運だったけど不幸ではなかった。我が人生に悔いなし!」。その言葉の真意とは」
 
 桜井昌司さんと菅家利和さんは和歌山弁護士会主催の企画で、石川一雄さんは、支援団体の主催による集会で、それぞれお話を伺う機会がありました。
 それぞれの皆さんに交流があることも漏れ聞いてはいましたが、『獄友(ごくとも)たちの日々』という番組を企画するTVクルーがいたとは驚きました。
 はたしてどんな番組になっているのでしょう? 
 

(付録)
『山桜花』 作詞・作曲・演奏:松原洋一


※紀宝9条の会、くまの平和ネットワーク、そして「わがらーず」の松原洋一さんの演奏をお楽しみください。動画が2つありました。

川を見下ろす 丘の上に
今年も咲くだろう 山桜花
暴れる川に 涙して
めぐる春を 待っていた
※風に舞うよ花吹雪
  君の幸せ願いながら
 心に舞うよ花吹雪
  明日はきっといい日です※※
 
空に抱かれた 山を後ろに
土に根を張る 一本桜
喜び悲しみ 見守って
めぐる春を 呼んでいた
※~※※ 
 
羽根を広げて 鷲が往く
おまえも待つのか 山桜花
時の流れは 戻せないけど
めぐる春を 夢みてた
※~※※(2回繰り返し)