読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

5/20安倍政権に反対する和歌山デモ(ABE NO! DEMONSTRATION)参加のお誘い

 今晩(2017年5月12日)配信した「メルマガ金原No.2810」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
5/20安倍政権に反対する和歌山デモ(ABE NO! DEMONSTRATION)参加のお誘い

 典型的なノンポリ弁護士であった私は、長らく「デモなど自分にとっては無縁なもの」と思ってきました(お誘いもありませんでしたしね)。
 そんな私が、初めて本格的なデモに参加したのは、2012年7月22日、奥野亮平さんが呼びかけて実施された「原発さよなら行進@和歌山」(の第1回)でした。この日、集合・解散場所となった和歌山城西の丸広場で、わざわざ駆け付けてくださった中川敬さん(ソウル・フラワー・ユニオン)と記念写真に収まった私の嬉しそうな写真が残っています(7/22「原発さよなら行進@和歌山1」大成功!)。

 当日書いたメルマガ(後にブログに転載)には、「私は、写真を沿道から撮影しがてら、誰に頼まれた訳でもないのですが、参加人数の確認を何度か行いました。数えるたびに人数が違いましたが、最も多かったのは、三年坂を下った関西電力和歌山支店の直前あたりでの「186名」でした。」とあり、以後、私が参加したデモの大半で、「誰に頼まれた訳でもな」く、写真係兼参加者数確認係を続けています。
 憲法9条を守る和歌山弁護士の会が呼びかけて、2014年6月から始まった「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」は、回を重ねて、来週月曜日(5月15日)が第35回となります(自慢ではありませんが、私は「皆勤」です)。
 
CIMG6074 ということで、私自身、デモに参加すること自体は少しも珍しいことでくなってきました。
 とはいえ、サウンドカーが先導し、その荷台からコールやスピーチが行われるという、本格的な「サウンドデモ」が和歌山で行われたのは、私の知る限り、昨年(2016年)実施された以下の2回だけだったと思います。
 
2016年3月27日(日)実施
“Sound Walk Festa –Democracy Never Falls Silent–”(サウンド・ウォーク・フェスタ「民主主義は黙らない」)
 
2016年6月11日(土)実施
“GO VOTE サウンドウォークデモ”
  
 私のブログで、6月のデモの予告記事を書いた際、3月の“Sound Walk Festa”の写真レポートをご紹介していますので、ご参照いただければと思います(“GO VOTE サウンドウォークデモ”@和歌山市(6/11)のご案内/2016年5月17日)。
 上に掲載した写真は、昨年6月11日の“GO VOTE サウンドウォークデモ”のゴール付近(南海和歌山市駅前)の模様です。

 さて、昨年の6月以来、久々のサウンド・デモが5月20日(土)に行われます。その名も「安倍政権に反対する和歌山デモ(ABE NO! Demonstration)」。
 去る5月9日、WAASA(安全保障関連法制の廃止を求める和歌山大学有志の会)の共謀罪学習会にお招きいただいて和歌山大学を訪ねた際にフライヤーをいただきました。
 若い人たちが中心になって準備しているサウンド・デモ。是非多くの人が参加して盛り上げたいですね。
 ということで、以下にフライヤーの内容をご紹介します。


フライヤーから引用開始)
安倍政権に反対する和歌山デモ
ABE NO! DEMONSTRATION
WAKAYAMANS NEVER GIVE UP DEFENDING DEMOCRACY!

2017.5.20 SAT
@大新公園 14:00 集会 14:30 デモ出発

「♯デモのある和歌山」へ
安倍政権が暴走している!と思いませんか?
2017年に入ってからの問題をあげても
南スーダン「日報」問題、森友問題、教育勅語の復活を否定しない、共謀罪など・・・
また、長年の課題である、原子力発電は相変わらず推進されています。
沖縄では辺野古埋め立ての強行工事が再開されました。
福島では新たに避難解除地域が増え、それに伴い復興大臣の暴言がありました。
興大臣に限らず、安倍政権の閣僚からは失言・暴言が次々と出てきています。
国会では法案の話し合いがまともに行われず、
多数決の強行採決で、法律が作られ、変えられています。
私たちは、こういった安倍政権の態度に日々、不安と怒りを募らせています。
こうした情勢の中で、私たちは、「ここ、和歌山からも声をあげたい」
「デモが日常の景色としてある社会を和歌山にも作っていきたい」
と考えています。
「こんな政治はおかしい!」「こんな政治にしたい!」
みんなの思いを一緒に訴える、そんなデモを作りたいと思います。
2017年5月20日、一緒に歩きましょう!
                
ABE NO! DEMONSTRATION 実行委員会
(引用終わり) 

 私としても、是非参加したい「安倍政権に反対する和歌山デモ」ですが、果たして参加できるだろうか?と悩んでいます。何しろ、その日、どうしても欠席する訳にはいかない親戚の法事があり、法事が終わってから急いで着替え(略礼服のままというのは避けたい)、大新公園を目指したとして、はたして14時30分のデモスタートに間に合うか?かなり疑問だからです。
 こうなったら、デモ隊に途中合流するしかないかもしれないと思い、5月9日に和歌山大学で確認したルートを以下に書いておきます(ただし、和歌山市の地理に不案内の人には何のことか分からないでしょうが)。

1 スタート地点 大新公園(和歌山市坊主丁12番地)
2 大新公園を南下して「けやき大通り」と交差する地点で左折。同大通りを東進してJ R和歌山駅を目指す。
3 JR和歌山駅前大交差点の紀陽銀行東和歌山支店角を左折。
4 「北大通り」を北進。
5 中之島ロータリーを抜けて「北大通り」を西進。
6 北新橋西詰の交差点を左折して「築地通り」を南進。
7 「ドン・キホーテぶらくり丁店」前を通過しさらに南進。
8 「堀詰橋」南詰プロムナード付近でゴール・解散

天啓の宙2015 なお、デモに参加してゴールした人は、堀詰橋プロムナードに設置されているオブジェ「天啓の宙(てんけいのそら)」を是非ご覧になってから帰宅の途についてください。この像は、和歌山大空襲から50年目の1995年、当時「和歌山の平和を希(ねが)う会」の事務局長だった故・斎木早苗(さいき・さなえ)さんの依頼で、湯浅町の彫刻家・橋本和明さんが製作したもので、毎年8月15日には、有志市民らが集まって、オブジェと周辺の清掃活動をボランティアで行っており、2年前には和歌山放送が取材しています。今でも写真付きでそのニュースを読むことができます(【終戦の日】和歌山市の「天啓の宙」像で清掃活動(写真付))。そういれば、その日は私もその場にいたのでした。

安倍ノーデモ表安倍ノーデモ裏