読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

井戸謙一氏講演会「ふくしま集団疎開裁判から見えてきたふくしまの現状」

原発 講演
 今晩(2013年9月18日)配信した「メルマガ金原No.1486」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
井戸謙一氏講演会「ふくしま集団疎開裁判から見えてきたふくしまの現状」
 
 今さらご説明するまでもないと思いますが、井戸謙一弁護士(滋賀弁護士会1954年3月生)は、金沢地方裁判所で部総括判事(いわゆる裁判長)として在勤中の2006年3月、北陸電力志原発2号機の運転差止を命じる画期的判決を言い渡したことで知られています(運転中の原発の稼働停止を命じた唯一の判決ですが高裁で破棄されました)。
 そして、3.11直後の2011年3月末、大阪高等裁判所裁判官を最後に退官し弁護士登録され、現在、彦根市に事務所を構えておられます。
 
 郡山市の生徒・保護者が訴えた、いわゆる「ふくしま集団疎開裁判」では、当初から弁護団の中心メンバーの1人として活動してこられました。
 
 ところで、私も会員になっている青年法律家協会和歌山支部では、毎年、憲法日の少し前に「憲法記念講演会」を開催する例となっており、2012年4月の演会については、原発問題を考えるための講師を招こうということになり、実は井弁護士の名前も候補としてあがっていたのですが、日程的な問題から実現しませんでした。
 そのような事情もあり、一度井戸先生のお話をじっくりと伺いたいと思っていたところ、以下の井戸謙一氏講演会がIWJ兵庫チャンネル1によってユースト中継されました。
 
 IWJ兵庫が配信した映像は比較的「日持ちが良い」とはいえ、「期間限定配信」であることは間違いないので、早めに視聴されることをお薦めします(会員登録されれば一番良いのですが→ http://iwj.co.jp/join/ )。
 
日時 2013年9月14日(土)14:00~
会場 兵庫県加古川総合庁舎1F 講座研修室
井戸謙一弁護士講演会
「ふくしま集団疎開裁判から見えてきたふくしまの現状」
主催 脱原発はりまアクション
 
映像前半(53分37秒) http://www.ustream.tv/recorded/38724375
※講演は11分から。但し、スクリーンの準備のため、15分まで一時中断。46分から「ふくしま集団疎開裁判」についての説明があります。
 
講演後半(1時間49分26秒) http://www.ustream.tv/recorded/38726103 
※講演は35分まで。52分から再開して質疑応答が始まります。
 
(ご参考)
 井戸さんは、講演のはじめの方で、SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の情報隠しと並び、原発事故直後に当然配布して服用を勧めるべきであった安定ヨウソ剤が配られなかったことを怒りを込めて弾劾しておられましたが、その関連で、私がブログで取り上げた三春町(みはるまち)についての記事をご紹介しておきます。
 
「三春町の4日間(安定ヨウ素剤配布・自治体の決断)前編」
 http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/23436865.html
「三春町の4日間(安定ヨウ素剤配布・自治体の決断)後編」