読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

「自衛隊を活かす会」シンポジウムから学ぶ(4)「新たな米中関係と日本の安全保障」~今回はまず予告編

憲法 行事
 今晩(2015年1月13日)配信した「メルマガ金原No.1969」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
自衛隊を活かす会」シンポジウムから学ぶ(4)「新たな米中関係と日本の安全保障」~今回はまず予告編

 「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会(略称「自衛隊を活かす会」)については、末尾の一覧をご覧いただければ分かるとおり、これまで私のメルマガ(ブログ)で再三取り上げてきており、今やれっきとした「シリーズ」になっていると言っても過言ではありません。
 また、私のメルマガ(ブログ)のもう一つの目立つ「シリーズ」に、「天皇皇后両陛下シリーズ」(?)というものがあることに気がついておられる方もいるかもしれません。 
 自衛隊を活かす会WEBサイトのトップページに、「護憲派だけに護憲をまかせない」というある意味「挑発的な」標題が掲載されていたり、同会主催のシンポジウムの通しタイトルが「『護憲』を超えて」であったりするとおり、私も本来はれっきとした「いわゆる」付きの「護憲派」であったはずなのですが、柳澤協二さん、伊勢﨑賢治さん、加藤朗さんらの主張に耳を傾けているうちに、「日本国憲法自衛隊は両立するのではないか」という方向に考えが傾いてきており、自衛隊違憲論者からは、「裏切り者」と思われているかどうかは別として、おそらく好意的には見られていないでしょうね。
 もっとも、もう一つの「天皇皇后両陛下シリーズ」に対する天皇制否定論者からの風当たりの強さに比べたら、「自衛隊を活かす会シリーズ」へのそれなど何でもないですけどね(だから私も意地になって「陛下」という敬称を使っているのですが)。
 
 以上は全くの余談ですが、私は、昨日のメルマガ(ブログ)で取り上げた立憲デモクラシーの会に、国民安保法制懇自衛隊を活かす会を加えた3つの運動体が、日本の戦後体制(それが日本国憲法体制に他なりません)崩壊の危機に立ち向かう理論的枠組を構築するための最も重要な防波堤であると考えており、私のメルマガ(ブログ)で再々これらの運動体の動きをご紹介し続けているのは、そのような評価に基づくものです。
 ところで皆さん、この3つの運動体全ての呼びかけ人を兼ねているのが、柳澤協二さんと伊勢﨑賢治さんのお2人だということ、知ってました?
 
 さて、今日は、去る2014年12月23日、千代田区立日比谷図書文化館・大ホールで開催された自衛隊を活かす会・第4回シンポジウム「護憲」を超えて④「新たな米中関係と日本の安全保障」の映像をご紹介します。
 もっとも、映像と言っても、基本的に会員限定のIWJによる中継映像であり、YouTubeで公開されているのは10分少々のサンプル映像だけなので、いずれ公式サイトに文字起こしがアップされるまでの「つなぎ」と言うべきもので、この記事のタイトルに「今回はまず予告編」としたのはそういう意味です。
 ということで、全ての発言の文字起こしがアップされた段階で再度ご紹介することとします。
 
 まずは、当日の登壇者の皆さんと発言テーマをご紹介します。
 
「米中関係と日本の安全保障」
 植木千可子氏(早稲田大学国際学術院教授。専門は国際関係論、安全保障論)
「中国の対日政策」
 小原凡司氏(東京財団研究員。元海上自衛隊第21航空隊司令・中国防衛駐在官
「中国・インド関係の現状から日本防衛のための教訓を汲む」
 伊勢﨑賢治氏(東京外国語大学教授)
「積極的平和主義に抗して 反安倍ドクトリン」
 加藤朗氏(桜美林大学教授)
 司会・柳澤協二氏(元内閣官房副長官補)
 
 
 IWJのアーカイブ及びサンプル動画は以下のとおりです。
 
 
サンプル動画
 
 
 ただし、IWJチャンネル4のアーカイブ(3本分割)が、しばらくの間は視聴できるかもしれません。
 
IWJチャンネル4のアーカイブ 1/3(1時間10分)
 2分~ 柳澤協二氏
 9分~ 植木千可子氏
 54分~ 小原凡司氏
IWJチャンネル4のアーカイブ 2/3(8分)
 冒頭~ 小原凡司氏
IWJチャンネル4のアーカイブ 3/3(1時間14分)
 冒頭~ 小原凡司氏
 24分~ 伊勢﨑賢治氏
 42分~ 加藤朗氏
 50分~ 司会・柳澤協二氏(質疑応答
 
 安全保障の観点から中国をどうとらえるべきかという非常に重要な問題について、第一線の研究者である植木千可子氏と小原凡司氏から最新の知見を得られる非常に貴重な機会であったと思います。文字起こしが掲載されたら、是非じっくりと読み込みたいと思います。
 なお、「動画を見ている時間がない」という人には、加藤朗さんのプレゼンテーションだけでも視聴することをお勧めしたいと思います(わずか8分だし)。
 相当思い切った「新たなドクトリン」が提唱されています。
 
(弁護士・金原徹雄のブログから)
(「自衛隊を活かす会」呼びかけ人から学ぶ シリーズ)
2014年6月14日
「自衛隊を活かす会」呼びかけ人から学ぶ(1)加藤朗さんの「憲法9条部隊」構想
 
(「自衛隊を活かす会」シンポジウムから学ぶ シリーズ)
2014年7月4日
「自衛隊を活かす会」シンポジウムから学ぶ(1)「自衛隊の可能性・国際貢献の現場から」