読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

速報!7/26映画『祝福(いのり)の海』(東条雅之監督)和歌山上映会のご案内

 今晩(2015年5月4日)配信した「メルマガ金原No.2080」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
速報!7/26映画『祝福(いのり)の海』(東条雅之監督)和歌山上映会のご案内

 和歌山県田辺市中辺路町高原に住む映像作家の東条雅之さん(スナメリチャンネル主宰)については、本メルマガ(ブログ)の読者には、今さらご説明するまでもないと思います。
 最近では、待望久しい監督第1作『祝福(いのり)の海』が完成間近との知らせを受け、同作に対する期待を述べつつ、既に200本以上に達したスナメリチャンネルのアーカイブの中から、私がお薦めする10本+1をご紹介しました。
 
2015年3月4日
映画『祝福(いのり)の海』(東条雅之監督)完成への期待と私がお薦めする「スナメリチャンネル」の10本+1
 
 そこでもご紹介しましたが、3月11日の祝島を皮切りに、山口県長門市の百姓庵など、映画の舞台となった場所と出演された人々を訪ねて作品を観て貰う試写ツアーを敢行し、「今後、福島にも訪れます。ナレーションや音楽の手直しを4月5月で取り組み、本上映ができる準備を整えていきます。」(東条監督のブログから)ということです。
 
 2015年3月29日 百姓庵で試写上映
 
 上にご紹介した東条監督の言葉にもあるとおり、祝島や百姓庵での試写ツアーで上映したヴァージョンは、最終完成版の1歩か2歩手前の暫定ヴァージョンであり、去る5月1日(金)に、私を含む15名のメンバーが和歌山市で視聴したヴァージョンは、おそらく上記の試写ツアー用に作られたものではないかと思います。
 百姓庵、祝島、福島をつなぐ命の連なりと全ての命を育む海への思いを映像化した期待に違わぬ非常に感銘深い作品に仕上がっているものの、上映時間が2時間10分を超えており、思い入れのある映像を切り詰めるのは辛いかもしれませんが、作品の完成度を高めるためにはさらに刈り込む必要があると思いました。
 聞くところによれば、東条監督自身、完成版の上映時間は2時間ちょうど位を目指す意向ということです。
 
「祝福(いのり)の海」題字 ところで、なぜ、私たちがまだ完成前のヴァージョンを視聴する機会を得たのかというと、東条監督の地元和歌山県の2箇所(田辺市和歌山市)において、『祝福(いのり)の海』上映会が企画されており、私が参加したのは、そのうちの和歌山市での上映を担う『祝福(いのり)の海』和歌山上映実行委員会が行った委員用の試写会だったのです。
 実は、田辺市及び和歌山市での上映会については、現在、鋭意チラシのデザインを進めようとしている段階であり、本格的な広報は、チラシが完成して一般に配布できる状態になってからということになるのですが、既に和歌山市での上映会については、Facebookのイベントページが立ち上げられ(試写会を行ったその夜のうちに、実行委員のにしで いづみさんが立ち上げてくださいました。素早い!)、実質的に広報がスタートしていますので、関心のある方に出来るだけ早く情報をお伝えし、日程を確保していただくべきかと思い、とりあえずの「速報」をお伝えすることにしたものです。
 
2015年5月1日 イベントページ開設
映画『祝福(いのり)の海』上映会@和歌山
 
 現時点で確定している和歌山上映会の概要は以下のとおりです。
 
開催日時 2015年7月26日(日) 2回上映(入替) 
 午前の部 10時00分~13時00分
   映画上映の後に東条監督と佐藤幸子さんの対談があります。
 午後の部 14時00分~17時00分
  映画上映の前に東条監督と佐藤幸子さんの対談があります。
開催場所 和歌山市あいあいセンター 6階ホール 
     〒640-8226 和歌山市小人町29番地 ℡:073-432-4704
上映協力券 1000円(前売、当日共) 障がい者・学生500円 高校生以下無料
主催 映画『祝福(いのり)の海』和歌山上映実行委員会
連絡先(西郷章)℡:090-5465-3105 Eメール:
s_akira_56@yahoo.co.jp

 田辺市での上映会の詳細については、分かり次第、別の機会にご紹介しようと思いますが、今のところ、日程が和歌山市の前日である7月25日(土)13時00分~、東条監督と佐藤幸子さんの対談あり、と聞いています。
 
 さて、今日は「速報」なので、私から提供する情報は以上の程度でも良いかとは思いますが(あまり書きすぎると、チラシ完成後にお伝えする予定の「詳報」に書くことがなくなる)、田辺市和歌山市での上映会で東条監督と対談していただくために福島県からお招きする佐藤幸子さん(ふくしま共同診療所運営委員)についてだけ一言しておきます(私が起案した「和歌山上映会へのご協力のお願い(案)」からの引用ですが)。
 佐藤さんについては、ご存知の方も多いと思いますが、福島県川俣町において自然農を実践する「やまなみ農場」を経営するかたわら、「自然農自給生活学校」を開校して後進の育成にあたっておられましたが、福島第一原発事故によって閉鎖を余儀なくされました。 『祝福(いのり)の海』には、佐藤さんとそのお嬢さんも出演されており、東条さんと「命のつながり」を語り合っていただくのに最もふさわしいゲストとしてお招きすることにしたものです。この対談にも是非ご期待ください。
 なお、スナメリチャンネルに佐藤幸子さんインタビューが2本アップされていますのでご紹介しておきます。
 
福島はたくさんの福がある島 やまなみ農場の佐藤幸子さん
 

それでも世界は美しい 佐藤幸子さん(子ども福島代表) 2013.2.20
 

 私は、西郷章さん、田村悠紀栄さんとともに、『祝福(いのり)の海』和歌山上映実行委員会の共同代表を引き受けることになりました。名前だけの代表ということで終わらぬよう、微力を尽くしたいと思いますので、何卒皆さまのご協力をよろしくお願いします。
(以下、「詳報」に続く/今のところ2015年5月25日ころを予定)
 
(参考サイト)
 『祝福(いのり)の海』にも出演している佐藤幸子さんのお嬢さん(美菜さん)が、昨年の「3.9さよなら原発三重パレード」で行ったスピーチが、ご本人の意向に基づき、佐藤幸子さんのFacebookを通じて公開され、多くの方によってシェアされています。そのうちの1つをご紹介します。