読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

「憲法違反の「安保法制」に反対する7・12和歌山大集会&パレード」に2500人が結集!

 今晩(2015年7月13日)配信した「メルマガ金原No.2150」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
憲法違反の「安保法制」に反対する7・12和歌山大集会&パレード」に2500人が結集!

 今日(7月13日)は新聞休刊日ということで、残念ながら、昨日、和歌山弁護士会が主催した「憲法違反の「安保法制」に反対する7・12和歌山大集会&パレード」を報じた新聞が届くことはありませんでした。まあ、全国紙については、明日の朝刊に期待するとしても、地元メディアの報じ方(というか報じない状況)には一言しておくべきでしょう。
 
 和歌山弁護士会が主催し、和歌山城西の丸広場をほぼ埋め尽くす約2500人の参加者が「安保法案」成立に反対する意思をアピールし、さらに和歌山駅前までの長いパレードの列が続いたことを、地元メディアがどう報じたかと言うと・・・。
 
 まず、放送局。コミュニティFMなどは別として、和歌山県下全域を放送エリアとする放送局は、テレビ和歌山和歌山放送(ラジオ)の2局がありますが、昨日の夕方以降、この両局が「取材に来ていた」とか「ニュースで報道していた」という情報には全く接していません。
 両局の公式サイトにはそれぞれニュースを掲載するコーナーがありますが、既に13日配信のニュースが掲載されているものの、12日分のニュースとして掲載されたのは以下のような記事であり、「大集会&パレード」は完全に無視されています。
 
【テレビ和歌山ニュース】
 
高校野球和歌山大会4日目の結果 2015-07-12(日)19:33
 缶サット甲子園和歌山地方大会 2015-07-12(日)17:23
 太極拳交流会 2015-07-12(日)17:22
 紀勢自動車道田辺・白浜間開通 2015-07-12(日)14:41
 紀の川市で火事一人死亡 2015-07-12(日)14:39

【和歌山放送ニュース】
 【高校野球】4日目、智辯和歌山コールド勝ち、初芝橋本は延長で日高中津下す 2015年07月12日20時02分
 【高校野球】4日目第4試合 初芝橋本4x―3日高中津(延長13回サヨナラ) 2015年07月12日20時00分
 この夏、一番暑い日曜日、食中毒・熱中症などに注意 2015年07月12日17時15分
 参議院合区実現へ協力を、自民・二階氏 2015年07月12日17時14分
 大相撲開幕、県内勢は取組なし 2015年07月12日17時02分
 【高校野球】4日目第3試合 新翔3―1紀北農芸 2015年07月12日15時47分
 紀勢道の南紀田辺―南紀白浜が先行開通へ(写真付) 2015年07月12日13時49分
 【高校野球】4日目第2試合 智辯和歌山9―0有田中央(8回コールド) 2015年07月12日13時32分
 住宅全焼で男性1人死亡、紀の川市 2015年07月12日11時27分
 【高校野球】4日目第1試合 南部2―3耐久 2015年07月12日11時05分
 
 なお、NHK和歌山放送局はもちろんありますが、「この種の催しにNHKが取材に来るはずないよなあ」という状況が何年も続いていますので、あえて調べる手間はかけていません。個人的には、NHKに対する期待値は産経以下です。
 
 最後に、わかやま新報です。全部で8面しかない日刊紙(本社和歌山市)で、普通の意味での地方紙と言えるかは微妙ですが、これまでも、「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」が主催する行事を取材して掲載してくれることもあり、期待していたのですが、今夕配達された7月14日付の紙面(多くのエリアでは、発行日付の前日夕方に配達されます)に隅から隅まで目を通してみましたが、昨日の「大集会&パレード」についての記事は1行も載っていませんでした。高校野球の県予選が始まり、紙面のやりくりが大変なのかもしれませんが。
 しかし、そのような中でも14日付の紙面には、今日(13日)の朝、民主党和歌山県連が、代表の岸本周平衆議院議員や幹事長の浦口高典県議会議員らも参加して、「集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案が15日にも衆院平和安全法制特別委員会で採決される情勢を受け」「法案に反対する街頭宣伝行動を和歌山市のJR和歌山駅前で行った。」という記事を1面右下に掲載しています。
 また、同じく1面には、県選出国会議員が順番に執筆するコーナー「国会議員国政レポート がんばってます」があり、たまたま14日付の紙面では、昨日の大集会でも来賓として挨拶されたその岸本周平議員(衆議院和歌山1区選出)が、「立憲主義とはなにか?問われる日本の民主主義」という文章を書いており、その末尾で「権力者が勝手に憲法のしばりをゆるめたり、マスコミを弾圧し、報道の自由をふみにじるような、戦争前の「いつか来た道」に流されることには命をかけて戦います。」という決意を披瀝されています。
 1面最下段の「しんぽう抄」というコラムも安保関連法案を取り上げ、「大学生らの団体「SEALD’s」などによる抗議行動も強まっている。自ら声を上げ、行動する若者たちにこそ「丁寧に説明する」(安倍首相)姿勢を見せてもらいたい。もし学生を「懲らしめよう」などと考えるならば議員の資格はない」とまで書いています。
 ここまで来れば、1面ではなくても、中面のかなりのスペースを割いて「大集会&パレード」の記事が載っていると期待するでしょう?
 まあ、同紙には、何日か遅れて時期外れの記事が載ることも珍しくありませんから、明日以降、かなりの紙面を割いた記事が掲載される可能性もゼロではありませんので、少しだけ期待を持つことにしましょうか(しかし、「わかやま新報」は昨日取材に来ていたんだろうか?)。
 
 ここまで読んできて、主催の和歌山弁護士会によるマスコミ対策はどうなっていたのか?本当に地元メディアに開催告知をしていたのか?という疑問を持たれた方がいるかもしれませんが、当然、和歌山弁護士会として記者会見を開いたと聞いていますし(もっとも参加社はほとんどなかったという噂も)、不参加社には幹事社を通じて資料を届けているはずなので、「知らなかった」ということはあり得ません。
 
大集会&パレード1(川崎さん撮影) さて、地元メディアへのぼやきだけで終わってしまう訳にはいきませんので、肝心の「憲法違反の「安保法制」に反対する7・12和歌山大集会&パレード」についてのレポートを書くべきなのですが、実は私自身、集会には参加できなかったのです。
 前々から予定していたよんどころない所用のために集会参加は断念し、出先から大急ぎで車で事務所にとって返し、そこからパレードの通過点(スタート地点の西の丸広場から来たデモ隊が最初に通過する交差点)である通称「公園前交差点」まで駆け付けたところ(これが4時50分頃)、ちょうどデモ隊の最後尾が同交差点に差し掛かるところでしたので、これに合流してJR和歌山駅前までのパレードに参加できたという次第で、集会の模様は全然観ていないのです。
大集会&パレード2(川崎さん撮影) 昨晩から今日にかけて、多くのFacebook「友達」の投稿でレポートや写真を拝見し、その様子を想像するだけでした。
 ところが、今日になって、下村雅洋さんが「大集会」と「パレード出発」の模様を順次YouTubeにアップしてくださいましたので、これによって「大集会&パレード」の全貌がほぼ分かりました。
 私と同様、集会に参加したくても参加できなかった多くの人々のために、下村さんの動画をご紹介したいと思います。
 下村さんからも、「弁護士会のみなさんが呼びかけていただいたからこそ、ものすごい規模で、立場の違いをこえ、阻止の一点で集まり、行動できました。新しいスタートにしたいです。」というメッセージをいただいています。是非、この動画の「拡散」にご協力ください。
(注)下村雅洋さん撮影の動画を私のブログに転載させていただいたのはこれが2度目です。前の「オスプレイがやって来た日~望楼の芝(潮岬)に残した焦跡から考える」(2014年10月20日)も多くのアクセスがありました。今回の記事にも同じように多くのアクセスを期待しています。
 
7月12日、和歌山弁護士会主催の「憲法違反の安保法制に反対する7・12 和歌山大集会&パレード」1部(下村雅洋さん撮影)

冒頭~ 司会(九鬼周平(くきしゅうへい)弁護士) 開会宣言
2分~ 木村義人(きむらよしひと)和歌山弁護士会会長 主催者挨拶
5分~ 岸本周平(きしもとしゅうへい)衆議院議員民主党) 来賓挨拶
11分~ 宮本岳志(みやもとたけし)衆議院議員日本共産党) 来賓挨拶
 
7月12日、和歌山弁護士会主催「憲法違反の安保法制に反対する7.12和歌山大集会&パレード」2部(下村雅洋さん撮影)

冒頭~ 小池佳世(こいけかよ)さん(9条ママnetキュッと世話人代表)
6分~ 田村悠紀栄(たむらゆきえ)さん(カトリック修道女)
11分~ 松永久視子(まつながくみこ)さん(和歌山市在住の2児の母)

 無伴奏で『平和の琉歌』と『翼をください』を歌い上げています。
21分~ 丹生邦子(にゅうくにこ)さん(橋本市在住の自民党員、「戦争体験を語る会」代表)
25分~ 江利川春雄(えりかわはるお)さん(和歌山大学教育学部教授、安全保障関連法案に反対する学者の会賛同者)
29分~ 西澤正美(にしざわまさみ)さん(会社員、「若者憲法集会」実行委員会メンバー)
 
7月12日、和歌山弁護士会主催の「憲法違反の安保法制に反対する7・12 和歌山大集会&パレード」3部(下村雅洋さん撮影)

冒頭~ 西澤正美さん 続き
0分~ 龍神弘幸(りゅうじんひろゆき)さん(和歌山県保険医協会理事長)
2分~ 由良登信(ゆらたかのぶ)和歌山弁護士会憲法委員会委員長 報告
 参加者が2500人に達したことが由良委員長から報告されました。
 
7月12日、和歌山弁護士会主催の「憲法違反の安保法制に反対する7・12 和歌山大集会&パレード」4部(下村雅洋さん撮影)

 パレードが出発するところが撮影されています。先頭の3人は、左から木村義人和歌山弁護士会会長、宮本岳志衆議院議員、由良登信憲法委員会委員長でした。
 
 既成メディアをどう動かすかは大きな課題ですが、1人1人の個人による発信も重要です。Facebookを中心に、私の目に付いただけの狭い範囲ですが、「公開」されている投稿を集めてみました。
 
【7・12和歌山大集会&パレードについて/随時更新中】
 
 参加された上に、情報発信にもご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました。以上で、集会に参加できなかった弁護士会会員によるレポートを終わります。 
 
(付記1)
 本文中の写真2葉は、川崎正純さんが撮影されたものを同氏のご了解をいただいて掲載したものです。

(付記2)
 昨日の集会の「2500人」という数が持つ意味を県外の人にも想像してもらうために、和歌山県の現在の人口を書いておきます。
 和歌山県のホームページに掲載された推計値(2015年4月1日現在)によれば、和歌山県の人口は966,597人で、1年前に比べて8,771人の減少でした。

20150624131946_0000120150624132013_00001