読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

参議院安保特別委員会の強行採決を目に焼き付ける(付・小林節弁護団長が違憲訴訟の出訴時期を明言~9/15中央公聴会)

 今晩(2015年9月17日)配信した「メルマガ金原No.2216」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
参議院安保特別委員会の強行採決を目に焼き付ける(付・小林節弁護団長が違憲訴訟の出訴時期を明言~9/15中央公聴会

 今日1日は仕事にならず、TVの国会中継参議院インターネット審議中継に釘付けであったと言いたいのは山々ながら、連休前のどたばたで(来週は仕事にならない)、合間合間の短時間にネット検索しては、「まだ採決されていない」「野党、頑張れ」と思っていましたが、とうとう自公両党が参議院「我が
国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」において強行採決に踏み切ったという速報を目にし、予想していたこととはいえ、暗澹たる気持ちになったものの、生中継ではなくても、この模様は目に焼き付けておく必要があるだろうと思い、日が暮れてから動画を探しました。アクセス数が多すぎるのか、参議院インターネット審議中継のアーカイブに視聴制限がかかっていましたので、OurPlanet-TVYouTubeにアップした画像で視ることにしました。
 
怒号の中、強行採決参議院・安保特別委
 

 この訳の分からない状況の解説はないかと探した結果、とりあえず目に付いた宮武嶺こと徳岡宏一朗弁護士(兵庫県弁護士会)のブログ「Everyone says I love you !」をご紹介しておきます。出来れば今日の審議の速記録(未定稿)全文が読みたいですけどね(国会議員なら入手できるはずだが)。しんぶん赤旗あたりが掲載してくれないだろうか。
 
 
 なお、一昨日行われた中央公聴会も、視聴する時間がとれていないのですが、いずれ視なければと思っています。これも、OurPlanet-TVの動画を埋め込んでおきます。
 
参院特別委・中央公聴会(1)~安保法案 2015年9月15日
 
参院特別委・中央公聴会(2)~安保法案 2015年9月15日
 


 世上、濱田邦夫元最高裁判所判事やSEALDsの奥田愛基さんの公述が注目を集めたようであり、私もじっくり視聴したいと思いますが、私が特に注目したのは、社民党又市征治幹事長による小林節公述人(慶應義塾大学名誉教授、弁護士)に対する質問でした。
(2)本目の動画の1時間09分~の部分です。誰かが既に文字起こしされていたと思いますが、探しき
れませんでした。自分で文字起こしする時間はないので、動画の視聴をお勧めします。
 質問は、法案が国会を通ってしまった場合に備えて、小林公述人が弁護団長として準備しているという違憲訴訟についてでした。出訴根拠について、私は、憲法前文によって保障された平和的生存権が侵害されたことによる損害賠償請求という構成だろうと推測していましたが(一般国民を原告とする以上はそれしかないと思う)、どうやらそのとおりのようです。それよりも、私が注目したのは、出訴の「時期」についてです。法案が成立したというだけでは、おそらく具体的な権利侵害という構成をとることには無理があり、どうしても法律の「施行」を待たざるを得ないと思っていましたが、これについても小林節氏は「施行」が基準時になることを明言されました。
 もちろん、一般国民を原告として違憲訴訟を提起しても、最高裁判例の流れから考えて、なかなか容易でない訴訟となることは小林先生も百も承知であり、安保法制を違憲とする政治勢力による政権奪取のためのアナウンス効果も重視しているようです。
 ところで、この違憲訴訟の弁護団員について、「目標1000人!」という噂が広まっていますが(誰か小林節さんの直接の発言を聞いたことあります?)、是非この動きは注目していきたいと思っています。

(付録)
『時代は変わる』(2015年9月15日/国会前)
作詞・作曲:ボブ・ディラン 日本語詞:高石友也 演奏:中川五郎