読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

「軍学共同」反対シンポジウム-平和のための学術を求めて-(5/29安全保障関連法に反対する学者の会)動画のご紹介(付・「日本学術会議の発足にあたって科学者としての決意表明」)

 今晩(2016年6月1日)配信した「メルマガ金原No.2474」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
軍学共同」反対シンポジウム-平和のための学術を求めて-(5/29安全保障関連法に反対する学者の会)動画のご紹介(付・「日本学術会議の発足にあたって科学者としての決意表明」)

 去る5月29日(日)、京都大学法経済学部本館1F第4教室において、「安全保障関連法に反対する学者の会」が主催する注目すべきシンポジウムが開かれました。テーマは「軍学共同」です(もちろんこれに反対するという趣旨です)。
 詳細動画が3本に分けてアップされており、全部を視聴しようとすれば3時間以上要しますが、関心ある部分だけでも是非視聴していただきたくご紹介します(※シンポジウムチラシ)。

 なお、以下には「学者の会」による公式動画をご紹介しますが、IWJ京都による中継動画も公開されており、発言者の氏名・肩書きなどが全部記載されていて大変便利です(以下に借用させていただきました)。
 
軍学共同」反対シンポジウム-平和のための学術を求めて-
【第1部】軍学共同と学術の在り方(1時間20分)

冒頭~ 司会 岡野八代氏(同志社大学大学院教授、学者の会呼びかけ人)
1分~ 挨拶 広渡清吾氏(東京大学名誉教授、前日本学術会議会長、学者の会呼びかけ人)
10分~ 井野瀬久美恵氏(甲南大学教授、日本学術会議副会長)
22分~(メッセージ代読)益川敏英氏(名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長、ノーベル賞物理学者)
24分~ 基調講演「軍学共同の現在と学術の将来」 池内了氏(名古屋大学名誉教授、学者の会呼びかけ人)
 
軍学共同」反対シンポジウム-平和のための学術を求めて-
【第2部】防衛省安全保障技術研究推進制度をめぐって(1時間18分)

冒頭~ 杉原浩司氏(武器輸出反対ネットワーク〔NAJAT〕)「武器輸出と軍需産業の現状」
24分~ (メッセージ代読)吉田総仁氏(広島大学副学長)「広島大学はどう対応したか」
26分~ 小森田秋夫氏(神奈川大学教授、日本学術会議第一部〈人文・社会科学〉部長)「〈軍事〉と〈学術〉~いま問われていることは何か」
1時間05分~ 会場発言 永田和宏氏(京都大学名誉教授、京都産業大学教授、学者の会呼びかけ人)
1時間13分~ 会場発言 多羅尾光徳氏(東京農工大学准教授、軍学共同反対アピール呼びかけ人)
 
軍学共同」反対シンポジウム-平和のための学術を求めて-
【第3部】大学の財政問題(32分)

冒頭~ 金子元久氏(筑波大学教授)「大学と学術の財政―現状と課題」
22分~ 結語と行動提起 佐藤学氏(学習院大学教授、学者の会呼びかけ人)
 
 様々な議論が展開された後、総まとめをされたのが最後に登壇された佐藤学氏でした。少し邪道かもしれませんが、まず最後の佐藤先生のまとめを視聴された後、それぞれの問題関心に従って各登壇者の発言に耳を傾けることにされてはどうかと思います。
 ここでは、佐藤先生が指摘された要点の前半、日本学術会議と軍事研究に関連して参考となりそうなサイトをご紹介します。
 
 
 最後に、佐藤学先生も言及されていた日本学術会議発足にあたっての決意表明を引用しておきます。
 
昭和24年1月22日
日本学術会議第1回総会
日本学術会議の発足にあたって科学者としての決意表明(声明)
(引用開始)
 われわれは、ここに人文科学及び自然科学のあらゆる分野にわたる全国の科学者のうちから選ばれた会員をもって組織する日本学術会議の成立を公表することができるのをよろこぶ。そしてこの機会に、われわれは、これまでわが国の科学者がとりきたった態度について強く反省し、今後は、科学が文化国家ないし平和国家の基礎であるという確信の下に、わが国の平和的復興と人類の福祉増進のために貢献せんことを誓うものである。そもそも本会議は、わが国の科学者の内外に対する代表機関として、科学の向上発達を図り、行政、産業及び国民生活に科学を反映浸透させることを目的とするものであって、学問の全面にわたりそのになう責務は、まことに重大である。されば、われわれは、日本国憲法の保障する思想と良心の自由、学問の自由及び言論の自由を確保するとともに、科学者の総意の下に、人類の平和のためあまねく世界の学界と提携して学術の進歩に寄与するよう万全の努力を傾注すべきことを期する。
 ここに本会議の発足に当ってわれわれの決意を表明する次第である。
(引用終わり)