読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

6月5日・国会前に集った人々~記録された動画で振り返る

 今晩(2016年6月6日)配信した「メルマガ金原No.2479」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
6月5日・国会前に集った人々~記録された動画で振り返る

 昨日(6月5日)、東京の国会周辺などで、「6・5全国総がかり大行動実行委員会(呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)
」が主催する「明日を決めるのは私たち-政治を変えよう6・5全国総がかり大行動」が行われました。
 このうち国会正門前ステージでのスピーチを収録した動画の中から、聴き取りやすさを基準に「森薫」さんによるものをご紹介しておきます。
 
2016年6月5日 「明日を決めるのは私たち- 政治を変えよう6.5全国総がかり大行動」(ステージ正面)(1時間55分)

(動画解説から引用開始)
2016/06/05 に公開
 6月5日、6・5全国総がかり大行動実行委員会は 、国会周辺で「明日を決めるのは私たち-政治を変え
よう6・5全国総がかり大行動」を開催した。
 ステージは国会正門前、農水省霞ヶ関郵便局前、日比谷公園かもめの広場に設けられた。
 当日は、11時頃から雨が止み、晴れ間が広がり、良い集会日和となった。
 警察の警備は前回の8.30に増して増員される一方、機動隊の車両を並べるのではなく人間の鎖で警
備する方針がとられた。
 会場には、早くから参加者がつめ掛け、開会1時間前には通路が埋まり始め、移動カメラからの中継よ
り国会正門前カメラに切り替えた。
 国会正門前では、国会議員から民進党・枝野幹事長、共産党・山下副委員長、社民党・吉田党首が連帯
の挨拶。
 続き、作詞家・湯川れい子さん、ジャーナリスト・高野孟さん、憲法学者・浦田一郎さん(一橋大学名誉教授、明治大学法学部教授)、日弁連・山岸良太さん、SEALDs・奥田愛基さん、ママの会・星野さなえ
さん、安保法制違憲訴訟の会・古川健三さん、政治学者・田中宏さんが発言。
 最後に9条壊すな実行委員会の高田健さんが本日の参加者4万人と報告した。
司会・コール 9条壊すな実行委員会 菱山南帆子さん
(引用終わり)
 
 なお、登壇者1人1人に分割してアップされた動画もありますが、そのうちお1人だけ(私の問題関心に従っての人選ですが)、弁護士の古川健三(こがわ・けんぞう)さんをご紹介しておきます。古川さんは、安保法制違憲訴訟の会事務局次長としてのスピーチです。
 
2016.06.05「…6.5 全国総がかり大行動」: 古川健三さん (安保法制違憲訴訟の会 事務局次長)【15/18】(5分07秒)


 そして、国会正門前ステージでのスピーチが始まる前、12時30分より、国会正門前北庭側後方公園入口において、「安全保障関連法に反対する学者の会」が主催する「全国大学有志の会 総決起行動」が約
1時間行われました。
 こちらは、学者の会の公式YouTubeチャンネルにアップされた動画をご紹介します。
 
6.5全国大学有志の会 総決起行動(1時間09分)

冒頭~ 開会挨拶 廣渡清吾氏(安全保障関連法に反対する学者の会)
4分~ 早稲田大学
8分~ 国立天文台
13分~ 福島大学
18分~ SEALDs RYUKYU
29分~ SEALDs
35分~ 同(奥田愛基さん)
48分~ 明星大学
54分~ 明治大学
59分~ 行動提起 佐藤 学氏(安全保障関連法に反対する学者の会) 
 
 このような「行動」の意義について懐疑的な目を向ける人もいるでしょうが、その場に集う人々、動画を撮影してアップする人々、その動画を視聴する人々がいるからこそ、状況を動かせる(少なくともその可能性が生じる)のだということが大事なのだと思います。