読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

予告7/30&31「2016平和のための戦争展わかやま」~半田滋さんの講演(7/30)もあります

 今晩(2016年7月12日)配信した「メルマガ金原No.2505」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
予告7/30&31「2016平和のための戦争展わかやま」~半田滋さんの講演(7/30)もあります

 参院選が終わるまでは、選挙運動を最優先にせざるを得ないということで走り続けてきた人たちも、ようやく今日くらいから平常ペースを取り戻しつつある、というか、取り戻さなければ間に合わない企画が立て込んでいたりしているはずです。
 そのような企画の1つ、「2016平和のための戦争展わかやま」のチラシを、憲法九条を守るわかやま県民の会の(いや、和歌山県平和委員会のかな?)里﨑正さんが持ってきてくださいましたので、さっそくメルマガ(ブログ)でご紹介することとしました。
 「平和のための戦争展わかやま」も、もう始まって何年になるのでしょうか。私も、毎年という訳にはいきませんが、出来るだけ参加するようにしています。
 特に近年は、企画の中心である「展示」内容に工夫をこらすのと併行して、より多くの人に参加してもらいやすい企画を同時開催するようになっており、昨年は、「五十五万石」「星林高校軽音楽部」「みかんこ」などによるピースライブを楽しみに、会場のプラザホープを訪ねたものでした(「2015平和のための戦争展わかやま」(8/1)でピースライブを堪能する/2015年8月7日)。

 そして今年は?
 7月30日(土)・31日(日)の両日にわたって開催される今年の「平和のための戦争展わかやま」、昨年にも増して充実した企画が目白押しです。何しろ、1日目の午前10時から、東京新聞の半田滋さんの講演会があるのですから。その日の午後1時から4時までがピースライブで、1日中会場のプラザホープに居たいくらいなのですが、いかんせん30日の午後は、放送大学の現役学生である私としては、何より優先せざるを得ない単位認定試験があるので(「貧困と社会('16)」)、午後からは泣く泣くプラザホープをあとにしなければなりません。
 
 それでは、早速、今日いただいたチラシに基づいて、今年の「平和のための戦争展わかやま」の内容をご紹介します。
 チラシの文字情報を基に、私からの補足説明を若干付け加えたりしています。
 どうか、1人でも多くの方にご参加いただけますように。
 
2016平和のための戦争展わかやま
 
日程 2016年7月30日(土)/31日(日)
会場 和歌山勤労福祉会館プラザホープ
     (和歌山市市北出島1丁目5−47
主催 2016平和のための戦争展わかやま実行委員会
後援 毎日新聞和歌山支局、リビング和歌山、わかやま新報(6月28日現在)
連絡先 和歌山市湊通丁南1丁目1-3 名城ビル2F 平和委員会内 
      (電話)073-488-7355

みなさんへのお願い
●戦時中の資料を提供して下さい。
●半田滋さんの講演会を含め全ての企画は入場無料ですが、賛同募金にご協力いただけると幸いです。個人は1口500円、団体は6口3,000円から。
 
【パネル展示/2Fギャラリー】
7月30日(土)10:00~17:00
7月31日(日)10:00~12:30
・戦地からの手紙
・本土決戦-和歌山が「沖縄」になる日-
・ビキニ被災船(和歌山県公開資料より)
・戦争に抵抗した人々
※「戦地からの手紙」として、今年の“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016”で展示された歌舞(にしでいづみ)さんのお祖父様がお祖母さまに戦地から送られた手紙が再び展示されるようです。5月3日の西の丸広場で見逃した方は是非お越しください(参照・写真レポートで振り返る“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016”/2016年5月5日)。
 
【オープニング&講演会/4Fホール】
7月30日(土)10:00~12:00
オープニング
 生協コーラス み ら い
 紙芝居 池田光子さん
講演会
「戦争法」で変貌する自衛隊!!
 講師 半田 滋 氏東京新聞論説委員編集委員
 
【ピースライブ/2F多目的室】
7月30日(土)13:00~16:00
歌とピーストーク
 ナツオ・みかんこ・TOYBOX 他
みかんこ@2015戦争展※この3組については和歌山の人には説明するまでもないと思いますが(昨年の「平和のための戦争展」出演時の「みかんこ」の写真を掲載しておきます)、この他にも、楽しみな出演者がチラシ作成後に決定しているそうです。里﨑さんからこそっと教えて貰ったところによると、“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama”に3年連続出演を果たしている親子バンド「M&N」が、ユニット名を変更して出演するとか。新ユニット名は?7月30日のお楽しみとしておきましょう。ちなみに、「M&N」には、「守ろう9条 紀の川 市民の会」が11月3日に河北コミセンで開催する第13回憲法フェスタでも歌っていただきたいとオファーし、快諾していただいています。
 
【市民参加企画/2F多目的室】
7月31日(日)10:00~12:30
・群読(アラオの会)
・朗読(つくしんぼ)
・語り部
  私の戦争体験(福井八千代さん)
  満州抑留体験(中井正晴さん)
  シベリア抑留体験(阪口繁昭さん)
 
(追記/和歌山県下の他の企画)
 8月初旬に県下で行われる企画の日程をご紹介しておきます。
●8月6日(土)/7日(日) 紀南文化会館
紀南ピースフェスタ 2016 つながるいのちのために
映画『広河隆一 人間の戦場』上映会など

詳細は「九条の会・わかやま」ホームページに掲載されたチラシを参照してください。
●8月6日(土) 第48回 紀州おどり 和歌山市
今年も「九条連」を結成して正調ぶんだら節の部に参加します。
●8月8日(月) 第26回 憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ
正午に和歌山市役所前に集合。12時20分にスタートし、京橋プロムナードまで。
 
(弁護士・金原徹雄のブログから)
2013年8月29日
自衛隊員等の「服務宣誓」と日本国憲法
2013年9月25日
半田滋さんの論説『条約無視して解釈改憲か』を読む
2014年4月26日
半田滋さんの講演から学んだこと(付・半田滋さんの論説『首相の奇妙な状況認識』を読む)
2014年7月3日
今あらためて考える 自衛隊員の「服務宣誓」
2014年11月7日
「じえいちょう」って何だ?~「とある地本の自衛帳」から考えたこと
2014年11月18日
半田滋氏著『僕たちの国の自衛隊に21の質問』を読む
2015年5月20日
半田滋さんの論説『よみがえる国家総動員』を読む
2015年5月31日
もう一度問う 自衛隊員の「服務の宣誓」~宣誓をやり直さねばおかしい
2015年7月6日
半田滋さんの論説『存立危機はいつ起こるか』を読む
2015年8月3日
自衛隊リクルートCM(2015年版)を見る~若者をだましてはいけない
2015年8月25日
半田滋さんの論説『「捕虜」になれない自衛隊』を読む
2015年11月20日
半田滋さんのミニ講演「安保法で自衛隊はどう変わるのか」(11/19)に注目した

2016年5月23日
「自衛隊を活かす会」協力シンポから学ぶ「憲法9条のもとで自衛隊の在り方を考える」(2/28仙台)
2016年5月24日
「自衛隊を活かす会」シンポジウムから学ぶ「「戦場における自衛官の法的地位」を考える」(2016/4/22)
2016年6月3日
半田滋さんの『新エンブレムに刀 陸自、こわもてイメージに』を読む
 

(付録)
『この島~憲法9条のうた~』 作詞・作曲:からすのまさき 演奏:M&N
 
※“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015”での演奏。

2016平和の為の戦争展わかやま・チラシ