読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

動画紹介10/25シンポジウム「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義―大学人の使命と責任を問い直す」(安全保障関連法に反対する学者の会)

学問 行事
 今晩(2015年10月26日)配信した「メルマガ金原No.2254」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
動画紹介10/25シンポジウム「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義―大学人の使命と責任を問い直す」(安全保障関連法に反対する学者の会)

 東京に日帰り出張した今日(10月26日)、書きためたメルマガ(ブログ)の草稿もなく、どうしようか?と帰りの新幹線の中で考えた結果、昨日、(立教大学から断られた結果)法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎で開催された安全保障関連法に反対する学者の会とSEALDs共催によるシンポジウム「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義――大学人の使命と責任を問い直す」の動画を紹介しよう(いずれ自分も時間を作って視たいと思っているし)と決めて帰宅しました。
 そして、学者の会のホームページを閲覧したのですが、まだシンポの動画は紹介されていませんでした。そこで、公式動画はアップされ次第(ブログに)増補するとして、他の動画を探すことにしました。
 その結果、いくつかの動画がアップされていましたが、私が見つけた範囲では、最も画質・音質に優れて見やすかった「Makabe Takashi」さんのYouTubeチャンネルにアップされていたものを紹介したいと思います。
 相当長時間のシンポであったようで、動画は3分割でアップされています。
 是非皆さんにも視聴をお勧めしたいと思います。
 なお、立教大学から会場の使用を許可されなかった問題について関心のある方は、第1部の小林節さんのスピーチを試聴してください。
 
2015年10月25日シンポジウム「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義―大学人の使命と責任を果たす」第一部(1時間24分)

第1部 基調報告とスピーチ
【基調報告】
6分~ 廣渡清吾氏(日本学術会議前会長、専修大学教授・東京大学名誉教授、法学)
18分~ 樋口陽一氏(日本学士院会員、東京大学東北大学名誉教授、憲法学
31分~ 小林節氏(慶応義塾学名誉教授、憲法学
38分~ 大澤茉実氏(立命館大学学生、SEALDs KANSAI)
【スピーチ】
50分~ 山口二郎氏(法政大学教授、政治学)
55分~ 久道瑛未氏(東北大学学生、SEALDs TOHOKU)
59分~ 池内了氏(名古屋大学名誉教授、宇宙物理学)
1時間06分~ 豊島鉄博氏(専修大学学生、SEALDs RYUKYU)
1時間11分~ 栗原彬氏(立教大学名誉教授、政治社会学
1時間16分~ 山岸良太氏(弁護士、日弁連憲法問題対策本部長)
 
2015年10月25日シンポジウム「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義―大学人の使命と責任を果たす」第二部(前半)(1時間14分)

第2部 報告とシンポジウム
司会 佐藤学氏(学者の会、学習院大学教授、教育学)/芝田万奈氏(上智大学学生、SEALDs)
ビデオメッセージ
4分~ 高橋源一郎
報告
7分~ 長谷部恭男氏(早稲田大学教授、憲法学
15分~ 中野晃一氏(上智大学教授、政治学)
30分~ 小熊英二氏(慶応義塾大学教授、歴史社会学
45分~ 千葉泰真氏(明治大学大学院生、SEALDs)
56分~ 奥田愛基氏(明治学院大学学生、SEALDs)
 
2015年10月25日シンポジウム「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義―大学人の使命と責任を果たす」第二部(後半)(52分)
 
 

(忘れないために)
 「自由と平和のための京大有志の会」による「あしたのための声明書」(2015年9月19日)を、「忘れないために」しばらくメルマガ(ブログ)の末尾に掲載することにしました。
 
(引用開始)
  あしたのための声明書
 
わたしたちは、忘れない。
人びとの声に耳をふさぎ、まともに答弁もせず法案を通した首相の厚顔を。
戦争に行きたくないと叫ぶ若者を「利己的」と罵った議員の無恥を。
強行採決も連休を過ぎれば忘れると言い放った官房長官の傲慢を。
 
わたしたちは、忘れない。
マスコミを懲らしめる、と恫喝した議員の思い上がりを。
権力に媚び、おもねるだけの報道人と言論人の醜さを。
居眠りに耽る議員たちの弛緩を。
 
わたしたちは、忘れない。
声を上げた若者たちの美しさを。
街頭に立ったお年寄りたちの威厳を。
内部からの告発に踏み切った人びとの勇気を。
 
わたしたちは、忘れない。
戦争の体験者が学生のデモに加わっていた姿を。
路上で、職場で、田んぼで、プラカードを掲げた人びとの決意を。
聞き届けられない声を、それでも上げつづけてきた人びとの苦しく切ない歴史を。
 
きょうは、はじまりの日。
憲法を貶めた法律を葬り去る作業のはじまり。
賛成票を投じたツケを議員たちが苦々しく噛みしめる日々のはじまり。
人の生命を軽んじ、人の尊厳を踏みにじる独裁政治の終わりのはじまり。
自由と平和への願いをさらに深く、さらに広く共有するための、あらゆる試みのはじまり。
 
わたしたちは、忘れない、あきらめない、屈しない。
 
     自由と平和のための京大有志の会
(引用終わり) 
 

(付録)
『Don't mind (どんまい)』 作詞・作曲:ヒポポ大王 演奏:ヒポポフォークゲリラ