読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

半田滋さんのミニ講演(7/19)を聴き「島を分断する自衛隊配備(私説・論説室から)」(7/20)を読む

軍事 講演
 今晩(2016年7月21日)配信した「メルマガ金原No.2514」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
半田滋さんのミニ講演(7/19)を聴き「島を分断する自衛隊配備(私説・論説室から)」(7/20)を読む

 戦争をさせない1000人委員会と立憲フォーラムの共催で開催されてきた「さぁ、安倍政治を終らせ
よう院内集会」シリーズに再び半田滋さん(東京新聞論説兼編集委員)が登壇されました(7月19日)。たしか、昨年の11月19日以来でしょうか半田滋さんのミニ講演「安保法で自衛隊はどう変わるのか」(11/19)に注目した/2015年11月20日)。
 今年3月29日の安保法制施行、7月10日の参院選での改憲勢力2/3超の議席確保という事態をうけての講演です。
 相変わらず、歯切れ良く、熱気あふれる話しぶりで、非常に分かりやすい講演です。時間の制約からわずか30分足らずのミニ講演であることに物足りなさを感じる方も多いとは思いますが、短く凝縮されて
いる良さもありますので、是非視聴されますようお勧めします。
 半田さんの講演は以下の動画の28分~56分、事前に予告されていた演題は「安倍政権で自衛
隊は『軍隊』に変わる-あふれる危険な海外活動」というものでした。
 
20160719 UPLAN 「さぁ、安倍政治を終らせよう」7.19院内集会 参院選かく戦えり、次は安倍改憲をさせない第一歩を(2時間32分)

 
 なお、三輪祐児さん(UPLAN)による動画の後半は、激しい雨の中の「戦争法廃止・憲法改悪を許さない 7.19総がかり行動」の模様です。
 
 ところで、半田さんのお話が28分だけではどうしても物足りないという方は(都合がつけばですが)、7月30日(土)午前10時~12時、和歌山勤労福祉会館プラザホープ4階ホールで行われる半田滋さん講演会に是非お越しください。もっとも、「2016平和のための戦争展わかやま」のオープニングも兼ねており、コーラスや紙芝居もあるようですから、まるまる2時間の講演という訳ではありませんが、それでも講演が1時間以内ということはないでしょう。
 なお、「2016平和のための戦争展わかやま」を告知した以下のブログの巻末に、過去私が半田さんや自衛隊について書いたブログの主なものにリンクしていますので、参考にしていただければ幸いです。 
 
2016年7月12日
予告7/30&31「2016平和のための戦争展わかやま」~半田滋さんの講演(7/30)もあります
(抜粋引用開始)
2016平和のための戦争展わかやま
日程 2016年7月30日(土)/31日(日)
会場 和歌山勤労福祉会館プラザホープ
   (和歌山市市北出島1丁目5-47)
主催 2016平和のための戦争展わかやま実行委員会
後援 毎日新聞和歌山支局、リビング和歌山、わかやま新報(6月28日現在)
連絡先 和歌山市湊通丁南1丁目1-3 名城ビル2F 平和委員会内 
      (電話)073-488-7355
【オープニング&講演会/4Fホール】
7月30日(土)10:00~12:00
オープニング
 生協コーラス み ら い
 紙芝居 池田光子さん
講演会
「戦争法」で変貌する自衛隊!!
 講師 半田 滋 氏(東京新聞論説委員編集委員
(引用終わり)
 
 最後に、半田さんが昨日(7月20日)、東京新聞の「私説・論説室から」に書かれた「島を分断する自衛隊配備」をご紹介します。
 本文自体は、リンク先の東京新聞サイトでお読みいただきたいのですが、その文章の中で取り上げた与那国島の猪股哲(いのまたてつ)さんご自身が、半田さんの文章をきっかけに書かれた長い文章を、半田
さんがまたFacebookでシェアされていました。
 猪俣さんの「日本の一番端の島からの、問いかけがどこに行くのかわかりませんが、小さな新聞記事と
夕日をセットに私たちがどこから来てどこに行くのか、最西端の孤島から問いかけたいと思います。」というメッセージをどれだけ私たちは受け止められるでしょうか。