読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

放送予告(8/13)「加藤周一 その青春と戦争」(ETV特集)

文学 報道
 今晩(2016年8月10日)配信した「メルマガ金原No.2534」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
放送予告(8/13)「加藤周一 その青春と戦争」(ETV特集

 今年の1月3日、私は、このメルマガ(ブログ)において、2008年12月5日に89歳で亡くなられた九条の会の呼びかけ人の1人・加藤周一さんの、晩年のインタビューと講演をご紹介しました。
 
 
 そして、今週末、NHK(Eテレ)のETV特集で放送される「加藤周一 その青春と戦争」は、その加藤周一氏の「青春ノート」であるとともに「戦争ノート」でもあり、若き加藤氏の思想形成の過程の一端に触れることができるのではないかと期待されます。
 このETV特集を視たら、私のブログでご紹介した晩年の講演も合わせてご覧いただければと思います。おそらく、そこに一貫した生き方(つまりそれが「思想」ということですが)を読みとることができるのではないかと思います。
 
NHK(Eテレ)
本放送 2016年8月13日(土)午後11時00分~午前0時00分
再放送 2016年8月20日(土)午前0時00分~1時00分(金曜深夜)
ETV特集「加藤周一 その青春と戦争」
(番組案内引用開始)
戦後日本を代表する評論家・加藤周一の「青春ノート」が公開された。詩や評論、翻訳など新発見のノートは8冊。日中戦争から太平洋戦争の時代、若き加藤は社会の中で孤独を感じ、戦争協力に雪崩をうつ知識人に批判のまなざしを向けていた。立命館大学の学生たちがノートを読み解き、今の時代を考える。さらに作家の大江健三郎池澤夏樹、詩人の山崎剛太郎、憲法学者樋口陽一加藤ゆかりの人々の証言で、その思想の原点を考える。
(引用終わり)
 
(付記・アンコール放送)
 以前、メルマガ(ブログ)でご紹介したETV特集の番組(放送予告(3/19)ETV特集「名前を失くした父~人間爆弾“桜花”発案者の素顔~」/2016年3月17日)が、来週、アンコール放送されます。
本放送 2016年8月20日(土)午後11時00分~午前0時00分
再放送 2016年8月27日(土)午前0時00分~1時00分(金曜深夜)
ETV特集アンコール「名前を失くした父~人間爆弾“桜花”発案者の素顔~」
(番組案内引用開始)
戦争中、海軍が開発を進めた特攻兵器“桜花”。人間が操縦しロケットを噴射、敵艦に体当たりする「人間爆弾」だ。これを発案した大田正一は、終戦直後零戦で海に飛び込み自殺したと思われていた。しかし大田は名前を変えて生き延び、新しい家庭を築いていた。息子の大屋隆司さん(63)は中学生の時、父の本名が大田正一だと明かされた。しかしそれ以上何も聞けず時が過ぎた。父の過去と向き合うことで浮かびあがる戦争の傷跡。
(引用終わり)