読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

小笠原みどりさんインタビュー「あなたも監視されている~スノーデンの暴露とは」(OurPlanet-TV)を視聴する

報道 軍事
 今晩(2016年12月25日)配信した「メルマガ金原No.2671」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
小笠原みどりさんインタビュー「あなたも監視されている~スノーデンの暴露とは」(OurPlanet-TV)を視聴する

 このところ、しばらくご紹介していなかったOurPlanet-TV制作の動画を取り上げようと思います。
 既にメルマガ(ブログ)でご紹介した日隅一雄・情報流通促進基金主催のシンポジウム「戦争できる法と社会のつくり方」(12/16)に、金平茂紀さん、海渡雄一さんとともに登壇された小笠原みどりさんに、白石草(しらいし・はじめ)さんがインタビューした50分の映像です。
 小笠原さんが今年の5月に行ったエドワード・スノーデン氏に対するインタビューについては、上記シンポジウムでも報告されていますが、時間的な制約もありますので、より詳細なお話が聴きたいと思った方にとってうってつけの動画です。
 
あなたも監視されている~スノーデンの暴露とは(50分36秒)

「今月(12月)2日に発売された「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」。アメリカの監視システムを告発した元CIAの職員エドワード・スノーデンにインタビューした記録である。「国家がすべての個人を監視する」。インターネット時代の監視とはどのようなものか。本の著者で、日本で初めて単独でインタビューしたジャーナリスト小笠原みどりさんに話を伺った。」
 
 そこで言及されている小笠原さんの著書『スノーデン、監視社会の恐怖を語る―独占インタビュー全記録』(毎日新聞出版)はこちらです。

(書籍詳細から引用開始)
定価:本体1,400円(税別) 判型:四六判 頁数:192頁
日本の私たちも、すでに全面監視下にある!
米国の世界同時監視システムの真実を告発して世界を震撼させたスノーデンに、日本人ジャーナリストが初の長時間インタビューを敢行。スノーデンの日本での工作活動の全貌、民間企業を抱き込んで行う通信傍受の実態、世論操作と市民運動破壊の方法、日米関係の不平等、監視と戦争の危険な関係......現代の恐るべき支配のすべてが明らかになる。
「日本には二〇〇九年ごろに来て、東京都福生市で暮らしました。米空軍横田基地に勤務していました」
「日本で近年成立した特定秘密保護法は、実はアメリカがデザインしたものです」
「最も問われるべきは、地球上すべて人々のコミュニケーションを傍受する仕組みをつくりあげたことです」
「もし、日本の企業が日本の諜報機関に協力していないとしたら驚きですね」
「無差別監視はテロを防げずにいます。なぜなら根拠のある疑いによって的を絞り、被疑者を捜査していくのではなく、私たち全員を潜在的な被疑者として扱っているからです」「こうして秘密が民主主義のプロセスを腐敗させていくのです」
――――エドワード・スノーデン
(引用終わり)
 
 そして、OurPlanet-TV(白石草さん)による50分のインタビュー動画をより良く理解するためには、12月16日のシンポの動画、特に小笠原みどりさんが登壇されたパネルディスカッションの部分(1時間03分~)を併せて視聴することがとても役に立つと思いました。
 
戦争できる法と社会のつくり方(2時間15分)


 この2つの動画を視聴すると、誰もが、いつでも監視されている社会が到来することの真の恐ろしさは、監視されているということを所与の前提として、監視者(権力者)の意に沿わない意見、行動を自ら排除してしまう自己規制にこそあるということがよく分かります。
 はじめはある種「面従腹背」的な自己防衛であっても、やがて「習い性」となり、自己規制をそれと自覚もしなくなるのが「監視社会の完成」ということなのでしょう。
 私たちは、今どの段階にいるのでしょうか?

(参考動画)
 ご紹介したインタビューとシンポの他に、今年の8月28日に横浜開港記念館で行われた「今、スノーデンの告発が私たちに警告する中身とは?~反監視の世界潮流に逆行して進む日本の監視社会~」(主催:ストップ秘密保護法かながわ)と題した小笠原みどりさんの帰国講演会の動画が公開されています。長いものなので、私もまだ見ていませんが、いずれ時間を作って視聴したいと思います。
スノーデン独占インタビュー・小笠原みどりさん帰国講演会(1)講演(1時間42分)

スノーデン独占インタビュー・小笠原みどりさん帰国講演会(2)質疑応答(54分)
 

 また、横浜での講演会前日(8月27日)、秘密保護法」廃止へ!実行委員会、盗聴法廃止ネット、共号いらないネットの3団体共催によるシンポジウム「スノーデンの警告!ここまできている日本の監視社会」でも、小笠原さんは基調講演の講師とパネリストを務めておられます。その動画がUPLANによってアップされていますのでご紹介します。
20160827 UPLAN 初めてスノーデンに単独インタビューした日本のジャーナリスト小笠原みどりさん「スノーデンの警告! ここまできている日本の監視社会」(58分)

20160827 UPLAN シンポジウム「スノーデンの警告! ここまできている日本の監視社会」(1時間58分)