読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

第一報“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016”(和歌山城西の丸広場)今年もやります!

憲法 行事
 今晩(2016年3月21日)配信した「メルマガ金原No.2402」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
第一報“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016”(和歌山城西の丸広場)今年もやります!

 従来、和歌山市では、5月3日の憲法記念日には、「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」が様々な団体に呼びかけて、JR和歌山駅前において、憲法9条の明文改憲に反対する署名活動を行ってきました。
 それが、一昨年、同会と9条ネットわかやまが共催し、そして昨年は、この2団体に「憲法九条を守るわかやま県民の会」と「戦争をさせない和歌山委員会」が加わって実行委員会を結成し、和歌山城西の丸広場において“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama”を開催するようになりました。
 もっとも、JR和歌山駅前における署名活動は、この2年間も別働隊によって実施されてきましたが、私はずっと西の丸広場に詰めていたため、署名活動の状況はよく分かりません。第一、今年は署名、どうするんでしょう。この時期、署名活動をするというのであれば「2000万統一署名」でしょうが、その集約日は4月25日ですしね。統一署名の第2次集約日って、発表されましたっけ?
 
 それはともかく、今年も西の丸広場において、“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016”が開催されることになり、フライヤーも刷り上がってきました。
 もっとも、去年も今年も、細かなテキストの修正はあるものの、基本デザインはずっと一緒ですが、これは何も経費をけちっているからではなく、2年前のフライヤーのデザインがあまりに素晴らしかったからであることは言うまでもありません。
 
 私は、過去2年間の“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama”は十分成果をあげたと思っていますが、はたして3年目を開催できるかどうか、やや心配していました。それは、主には経済的な問題であり、ステージ企画の出演者にはノーギャラで出演してもらったり、一番費用のかかるステージ設営については、同じ会場で2日前に大きな集会を行う団体に多大な協力をしていただくなどしていますが、全体では、どうしても数十万円規模の持ち出しは避けがたく、これ以外にも様々な企画による支出を抱えている実行委員会構成団体がその負担に耐えきれるだろうか?というのが、ある程度内情を知る者としての懸念材料であったのです。
 それが、少なくとも今年は、実行委員会構成団体の1つが、「今やらなくていつやるのか」という心意気で、基金を取り崩してでもやろうと決断したことにより、開催が実現することになったと私は理解しています。
 その「心意気」に応えるだけの成果をあげるため、関係者一同、最大限の努力をしなければと思います。
 
 さて、今年の企画の内容は徐々に固まりつつあるとはいえ、まだまだ流動的ですから、具体的な情報は第2報に譲るとして、今日のところは、簡単なフライヤー記載情報をお伝えし(「九条の会・わかやま」ホームページでテキスト化してくださっているのを使わせてもらいました)、憲法記念日和歌山城西の丸広場で過ごすことを今から予定してください、と訴えるにとどめたいと思います。
 
フライヤーの文字情報から引用開始)
HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016
 
ブース
 焼き鳥、焼きそば、おにぎり、のみもの、雑貨 etc...
ステージ
 津軽三味線、フラダンス、よさこい、コーラス、和太鼓、高校生バンド etc...
餅まき
 お菓子まきもあるよ!
 
内容盛りだくさん。家族み~んなで遊びに来てネ!
司会:植田奈津子
 
日時:2016年5月3日(祝)10:00~15:00
場所:和歌山城西の丸広場(和歌山市役所向かい)
*入場無料 *小雨決行

HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016実行委員会
【お問い合わせ】トライ法律事務所
 〒640-8152 和歌山市十番丁12番地 十番丁ビル4階 電話 073-428-6557
(引用終わり)
 
 一昨年と昨年の内容を伝えた私のメルマガ(ブログ)をお読みいただければ、会場の雰囲気はだいたいつかめていただけるのではないかと思います。
 
 
 昨年は、私が書いた予告記事(5月3日は各地の憲法集会に!~和歌山市は"HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015"/2015年4月4日)が、法学館憲法研究所ホームページの「今週の一言」コーナーに転載されるという栄に浴しましたが、その時に比べても、憲法を取り巻く状況は一層厳しさを増しています。
 全国的には昨年から本格化した憲法を守るための大きな「共同」の一環として和歌山で開催される“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016”。当地における「反転攻勢」のための目に見える結集を実現したいと念願しています。 
 

(付録)
『この島~憲法9条のうた~』 作詞・作曲:からすのまさき 演奏:M&N
“Happy Birthday 憲法 in Wakayama”(2014年5月3日)にて
 

(歌詞)
この島が誇り高く
思うべきことは
小惑星の探査機じゃない
空の中を木登りすることじゃない
 
ハイブリッドのくるまじゃない
細胞研究の成果じゃない
それはわずか数行のことば
じっくり読んでみたことがあるかい
 
この島は 平和を求め
その民に託す
争そうときには 力ずく以外で 解決しなさい
 
「平和」を名乗る定めは
受け継がれるだろうか
いくさから解き放たれた
人類のこれからの手引き
 
この島は 平和を守り
その民へと つなぐ
武器を持つことも 使うことも 認めてはならない
 
ひとよりひどいことをひとにして
ひとよりひどい仕打ちをひとにされ
当然の報いとしての裁きが
いま 恵みとなる
 
一度侵した過ちを
二度と繰り返さぬよう
 
この島は 平和を守り
未来へとつなぐ
争そうときには 力ずく以外で 解決しなさい
 
※この曲は“Happy Birthday 憲法 in Wakayama 2015”でも歌われました。
 

“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2016”フライヤー